松茸の保存方法は冷凍と常温ではどちらが長持ちするの?

おいしく食べたい料理・食品知識





松茸,保存,方法,冷凍,常温

 

秋は涼しい気候へと変わっていくので、夏バテしていた身体も回復していきます。

そして、美味しい食べ物も増えてくるので食欲が湧いてくるようになります。

そんな秋の味覚の中に松茸があります。

松茸は香りを楽しんで食べるものなので、早く食べた方が良いものの1つです。

しかし食事のメニューが決まってしまっているなど様々な理由で、少しでも長持ちさせて他の日に調理をしたいと思う時もあると思います。

そんな時にはどんな保存方法を行うのが良いのか分からなくて困ってしまう場合もあります。

その為、何も分からずに常温で保存をしてしまう人もいます。

しかし常温で保存を行う際には、どのようにしたら良いか分からなくて困ってしまう場合もあると思います。

そこで松茸の保存方法についてまとめました。

冷蔵や冷凍で保存する方法についても書いてあるので、保存方法で悩んだ場合には参考にしてみてください。

そして冷蔵保存と冷凍保存の仕方やメリットなどについてまとめました。

松茸を長持ちさせたい時には参考にしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

松茸の保存方法は?

松茸は秋の味覚として楽しまれるものの1つです。

人工的に栽培するのが難しく、近年では環境悪化が原因で取れにくくなってしまう年もあります。

その為、国産のものは取れる量が少ないので値段も高めとなっています。

しかし、海外で取れたものが輸入されてスーパーなどに並んでいる事もあります。

海外で取れたものは、国産に比べると値段もお手頃となっています。

その為、家庭で松茸を楽しむ事もできるようになりました。

そんな松茸は香りが強いという特徴があります。

松茸を食べる際には香りを楽しむものとなっています。

しかし、すぐに食べられない場合には少しでも香りや状態が良いまま保存したいと思うと思います。

考えられる保存方法は常温、冷蔵、冷凍かと思います。

しかし松茸は常温で保存した場合には、1〜2日程しか持ちません。

その為、冷蔵保存か冷凍保存がおすすめです。

それぞれ保存の仕方が異なるので、調理方法なども考慮して適した保存方法を行うように心掛けましょう。

 

冷蔵での保存方法

松茸を冷蔵庫で保存する場合には、正しい方法を行う事で1週間ほど保存する事が可能です。

 

松茸の正しい保存方法

  • まず根元の石づきを取り除きます。
    根元を全て切り落としてしまう人もいるのですが、食べられない部分だけ削る事をおすすめします。
    鉛筆を削るように行う事で、食べられない部分だけ取り除く事が出来るので試してみてください。

 

  • 松茸についている汚れを落とします。
    香りが強いものなので洗ってしまう事で、匂いが減少してしまいます。
    その為、洗って汚れを落とすのはおすすめできません。
    香りを残しつつ汚れを落とす為には水をつけた指で擦って落としたり、キッチンペーパーなどで擦って落とすなどしましょう。

 

  • 水をつけた指で擦った場合には、松茸に余分な水分が残ってしまっている可能性があります。
    しっかりとキッチンペーパーで拭き取るようにしましょう。
    そのあとは1本ずつキッチンペーパーで包み、さらにラップで包みます。こうする事で水分と香りが逃げてしまうのを防ぎます。

 

冷蔵庫に入れる場合には凍らない程度に温度が低い場所で保存する必要があります。

メーカーや機種にもよるのですが、チルドやパーシャルがおすすめの場所です。

 

【スポンサーリンク】

冷凍での保存方法

次に冷凍庫での保存方法についてです。

冷凍庫では3カ月程保存する事が可能です。

その為、1週間以上の保存を行いたい場合には冷凍保存がおすすめとなっています。

そして冷凍保存を行う場合も、冷蔵庫と同様の方法で石づきや汚れ、余分な水分を取り除いた後にキッチンペーパーとラップで包みます。

しかし冷凍保存を行う場合には、霜が付きやすくなります。

その為、霜が付かないように余分な水分はしっかりと取る事や余分な空気が入らないように包む事、急速に冷凍する事などに注意する必要があります。

そして冷凍保存をした場合には、解凍を行ってから調理をすると思っている人もいます。

しかし解凍をしてしまう事で食感が柔らかくなってしまいます。

調理をしたい場合には、解凍せずに調理を行うようにしましょう。

 

調理方法などに合わせて保存方法を変えましょう!

松茸は香りが強い食べ物となっています。

その為、早めに食べた方が良いものとなっています。

しかし正しい方法を行う事で冷蔵や冷凍で保存を行う事が出来ます。

冷蔵保存は1週間程、冷凍保存は3カ月程です。

もちろん保存期間が長くなるにつれて風味は落ちてきてしまいます。

冷蔵保存を行っていた場合には、焼き松茸がおすすめです。

焼き松茸は鮮度が重要なものなので、1週間以内に調理をして食べるようにしましょう。

そして冷蔵保存を行っていた場合には、土瓶蒸しや松茸ご飯がおすすめです。

冷凍保存を行っていた場合には、美味しく食べる為にも解凍せず調理を行うように注意しましょう。

 

松茸,保存,方法,冷凍,常温

松茸の保存方法のまとめ

松茸は秋の味覚として人気のあるものの1つです。

国産の松茸は、人工的な栽培が難しい事や環境によって取れる量が変わってしまう事などが理由で高めとなっています。

しかし近年では、海外で取れた松茸が輸入される事が増えてきました。

輸入された松茸はお手頃な値段でスーパーで販売されている為、家庭でも楽しむ事ができるようになりました。

そんな松茸は香りを楽しむものとなっています。

その為、早めに調理をして食べる必要があります。

しかし、すぐに調理を行えない場合には冷蔵庫や冷凍庫で保存をする事で長持ちさせる事が出来ます。

冷蔵庫や冷凍庫で保存を行う場合には、石づきを削って取り除いてから、キッチンペーパーなどで汚れや余分な水分を拭き取ります。

そのあとは1本ずつキッチンペーパーで包んでから、ラップでも包みます。

このように保存する事で水分と香りが逃げてしまうのを防ぐ事が出来ます。

冷蔵庫で保存する場合には、チルドやパーシャルで1週間ほど保存する事が出来ます。

冷蔵保存をした場合には、焼き松茸など新鮮さが大事な調理方法がおすすめとなっています。

そして冷凍庫で保存する場合には、3か月ほど保存する事が出来ます。

冷凍保存をしていた場合には、土瓶蒸しや松茸ご飯がおすすめです。

調理する際には食感が変わりやすくなってしまうので、解凍せずに行うようにしましょう。

松茸は正しい保存方法を行う事で冷蔵庫や冷凍庫で保存する事が出来ます。

保存期間や向いている料理を考えた上で、どの保存方法を行うのか決めてみましょう。

上手に保存を行って、美味しい秋の味覚を楽しんでみてください。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。