マタニティダイエットは自宅でできるヨガやウォーキングがおすすめです〜でも胎児の栄養も考えて〜

いつもニコニコ健康知識





マタニティ,ヨガ,自宅,ダイエット,ウォーキング,胎児,栄養

 

マタニティ中は少しずつ体型が変わってくる為、戸惑ってしまう女性が多いです。

そして女性は美しい体形を維持したいという願望があるからこそ、ダイエットをしたいと思ってしまう人もいます。

しかしマタニティ中のダイエットは、胎児への栄養の事を考えると危険です。

マタニティ中に体型が変わるのには、しっかりとした理由があります。

その理由と過度なマタニティダイエットの危険性を理解しましょう。

そして、ダイエットを行う際は、胎児への栄養を考えて行うようにしましょう。

そこで、今回はマタニティダイエットについて書いてみました。

 

【スポンサーリンク】

妊娠中は体型が変わるものです。

妊娠はとても嬉しいものです。

その為、妊娠が分かった時には幸せな気持ちになります。

妊娠発覚してから悪阻が起きる人が多いのですが、悪阻は人によって様々な症状が起きます。

多くの人が体験する悪阻は、嘔吐をしてしまうものです。

何も食べ物を受け付けないぐらいの吐き気が続く人もいます。

そして中には食べ物を食べていないと吐き気がしてしまう人もいます。

もちろん、悪阻が起きずにマタニティライフを送る人もいます。

そして悪阻が落ち着いてくると食欲が出てくるようになります。

その為、自然と食べてしまうので体型が変わりやすいのです。

女性としては悲しくなってしまうかと思います。

しかし、妊娠中に体型が変わるのは胎児の為に必要な事なのです。

 

体型が変わる理由!

妊娠中はお腹周りや腰回りの体型が変わりやすいです。

その為、つい気になってしまうかと思います。

しかし、お腹周りが大きくなるのは胎児も成長しているからなのです。

そしてお腹には胎児だけが入っているわけではありません。

胎児はお腹の中で羊水に守られて過ごしています。

そして羊水の他にも胎盤などもあります。

つまり、お腹に胎児や羊水、胎盤が入っているので体型が変わって当然なのです。

さらに妊娠中は身体を冷やしてはいけません。

身体を冷やしてしまうと血流が悪くなってしまう為、胎児への栄養が十分に送れなくなってしまいます。

胎児への栄養が十分に送れなくなってしまうと、低体重児が産まれてしまう可能性があるので注意が必要です。

妊娠中に身体を冷やさない為にも、腰回りの体型が変わりやすくなっています。

体型が変わってしまう事でショックを受けてしまうかもしれませんが、胎児が成長していくには必要な事なのです。

 

胎児への栄養を考えましょう!

妊娠中は母体が摂った栄養が胎盤を通して胎児へと送られます。

その為、母体は栄養を十分に摂る必要があります。

しかし体型が変わってしまう事でダイエットをしたいと考える人も多いです。

ダイエットを行う際に食事量を減らしてしまったり、食事内容を質素なものにしてしまう人がいます。

ところが食事量や食事内容を変えてしまう事で、胎児が栄養を十分に摂れなくなってしまう可能性があります。

胎児が栄養を摂れなくなってしまう事で低体重児が産まれてしまったり、早産や流産を起こしてしまう可能性もあります。

妊娠中にダイエットを行う際は、胎児への栄養も考えて行うようにしましょう。

そして痩せたいと思うかもしれませんが、過度なダイエットは危険なのでやめましょう。

 

【スポンサーリンク】

おすすめのマタニティダイエット

妊娠中に体型が変わってしまう事でダイエットをしたくなると思います。

しかし妊娠中のダイエットは胎児への栄養も考えて行わなければいけません。

つまり、食事制限等のダイエットはオススメできません。

栄養をしっかりと摂って、運動を行う事がマタニティダイエットを成功させる秘訣です。

しかし妊娠中は動きすぎてしまうと胎児へ負担が掛かってしまいます。

その為、過度な運動もしないように注意が必要なのです。

そこでオススメなのがマタニティ用の運動教室です。

ジムや産婦人科などでマタニティ用のエクササイズ教室が開催されています。

マタニティ用のメニューになっているので胎児に負担を掛ける事なく、運動をする事が可能です。

そして特にオススメなのがマタニティヨガマタニティビクスです。

有酸素運動なので気持ちをリフレッシュする事も可能です。

参加している人は全員、妊婦さんなので一緒に楽しむ事ができます。

ママ友も作る事ができるので楽しく行えると思います。

しかし、このような教室に通うのは苦手という人もいるかと思います。

そんな人にオススメなのはウォーキングです。

1人で気軽に行う事ができるので、マイペースに行えます。

胎児へ負担を掛けない為にも、ウォーキングのし過ぎには注意しましょう。

そして何か異常を感じた時には、すぐに病院へ行くようにしましょう。

マタニティ,ヨガ,自宅,ダイエット,ウォーキング,胎児,栄養

 

マタニティダイエットについてのまとめ

妊娠中は胎児をお腹で育てているので栄養が必要となってきます。

そして胎児へ栄養を送ったり、胎児を守る為に体型が変わりやすいです。

しかし、女性としては体型が変わってしまう事で悲しい気持ちになってしまうと思います。

悲しい気持ちになった時にダイエットをする人が多いのですが、妊娠中のダイエットは胎児への栄養も考えて行う必要があります。

食事量を減らしたり、食事内容を質素なものに変えてしまう事で胎児が十分に栄養を取れなくなってしまう可能性もあります。

胎児が栄養を十分に摂れないと低体重児が産まれてしまったり、早産や流産を起こしてしまう可能性があります。

つまり食事制限などでダイエットをするのはオススメできません。

そこでオススメなのがマタニティ用のエクササイズ教室です。

マタニティ用のエクササイズ教室では、胎児へ負担を掛けないような運動メニューが作成されているので安全に運動を行う事ができます。

ジムや産婦人科などでマタニティヨガやマタニティビクスなど開催されている事もあるのでチェックしてみましょう。

そして教室に通うのが苦手な人には、ウォーキングがオススメです。

ウォーキングはマイペースに行う事ができます。

無理をしない程度に行うようにしましょう。

そして運動を行っている最中や運動後にお腹に異変を感じた場合には、すぐに病院へ行くようにしましょう。

妊娠中のダイエットは胎児への影響も考えて行うように注意しましょう。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。