革靴の傷を修復しよう。おすすめお手入れ方法とは?





革靴,傷,修復,お手入れ,おすすめ

 

革靴に傷がつくと目立ちます。

せっかくの高級感のある革靴も、傷によって台無しになってしまいます。

実は、革靴の傷を簡単にお手入れする方法があります。

革靴の手入れと聞くと、難しそうに聞こえますが、簡単な方法で手入れできるので、おすすめです。

また、お手入れは普段からすることをおすすめします。

革靴についた傷のおすすめのお手入れ方法と、普段からのお手入れについても紹介します。

 

【スポンサーリンク】

革靴に使われている革の種類

まず、革靴に使われている革の種類を紹介します。

一般的なものとしては、牛革馬革が多くみられます。

その他にも豚革、鹿革、山羊革、羊革、象革、ワニ革、蛇革、鮫革などなど、こんなにも種類があるのです。

お手入れ用品などは、これらの革に適しているかを確認の上、購入します。

 

革靴につく傷について

革靴は、履いている以上、傷は必ずついてしまうものです。

こすったり、ぶつけた時にできる傷がほとんどですが、こする場合を考えてみても、日常でもかなりの場面があります。

例えば、階段を上っているときに、次の段の側面にこすってしまったり、段差の上り下りや、砂などによっても、小さな傷が簡単についてしまいます。

小さな傷でも、革靴であれば光沢があることにより、傷がより目立ってしまいます。

傷は小さなものでも、こまめにお手入れをしたいものです。

 

革靴のお手入れの方法

革靴は、傷が付いたときだけではなく、普段からのお手入れが重要です。

革靴の普段からのお手入れ方法を簡単に紹介します。

革靴を履いた後は、ブラシを使ってブラッシングをします。

ブラッシングは、革靴に付いたホコリなどを落とすために行います。

ブラッシング後に、革靴の汚れを布で拭き取ります。

ブラッシング前に布で拭くと、傷がつく原因となるので、ブラッシングを最初に行います。

ブラッシングと布拭きができたら、通気性のよい場所に置いておきます。

通気性が悪いところでの保管は、カビやにおいの原因となります。

 

【スポンサーリンク】

おすすめのお手入れ方法

革靴に付いてしまった傷のおすすめのお手入れ方法を紹介します。

はじめに、ブラッシングを行い、ホコリや砂を取り除きます。

次に、シュークリームを塗ります。

シュークリームは靴と同系色で、少し薄い色を選んで、目立たない部分で試し塗りをします。

また、クリームにはいくつか種類があります。

それぞれに特性があるので、好みに合わせて選びましょう。

特性としては、撥水性、ツヤ出しなどがあります。

シュークリームは、ウエスなどの柔らかい布で塗布します。

最後に革用クリームで仕上げます。

クリームが乾いたら、革用クリームを傷に塗布します。

これも、ウエスなどの柔らかい布で塗ります。

これでも傷が目立つ場合には、シュークリームは傷補修クリームを使います。

大抵の傷は目立たなくなります。

 

革靴の傷を修復しようのまとめ

革靴のお手入れも簡単でしたよね。

革靴は、普段からのお手入れが重要で、見た目だけでなく、長く使える方法でもあります。

革靴は高価なものです。

傷がついたらショックですが、簡単なお手入れで補修できるのです。

お手入れをしっかりすれば、革靴はかなり長く履けるのです。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。