寝不足で手足のしびれは脳の疲労?





寝不足,しびれ,手,足,脳,疲労

 

海外のスポーツ中継は時差の関係で真夜中に放送されることがしばしばありますよね。

でも、録画や朝のニュースで結果を知るよりも、リアルタイムで応援したい人も多いはず。

しかし、そのために睡眠不足で出社してしまい。日中、ぼーっとしてしまうことがあります。

私も深夜のテレビを見始めると遅くまで応援してしまい、仮眠状態で出勤しています。

眠たい体に鞭打って働いていますが、先日、手足にしびれを異常に感じることがありました。

「これは危ない病気なんじゃないかな?」って言う事で寝不足からくる手足のしびれについて調べてみました。

間違いなく脳が疲労しているのだろうと思って調べてみると、寝不足が続くと非常に危険なことがわかりました。

 

【スポンサーリンク】

寝不足により引き起こされる症状とは

  • 記憶力・思考力の低下

なぜ、人間には睡眠が必要なのか。

それは、脳を休ませるため。

では、脳が休んでいる間に起こることとは、記憶を整理している状態なんです。

脳を休ませないと、疲労物質が蓄積され記憶の整理が行われません。

また、日中の脳の働きが鈍くなります。

会話の内容が把握できなくなったり、頼まれた仕事を忘れがちになったりと日常生活の弊害がとても多くなります。

  • 頭痛・めまい・しびれを引き起こす

寝不足は低血圧を引き起こします。

寝不足になると血液と酸素が脳に行き渡らなくなり、起立性低血圧という状態になります。

そうなると、寝ている間に脳や体を修復するために使われる酸素が、起きている生活の中で体を守る酸素として使われるようになります。

しかし、血流自体が少なくなるため、めまいやしびれを引き起こす原因となっているようです。

また、十分な睡眠が取れないと首や肩のこりにつながり、血液の循環を妨げることにもなり、酸素不足から起立性低血圧の状態を引き起こしやすくなるのです。

 

  • 情緒不安定になる

睡眠は精神の安定を促す効果があります。その睡眠時間が削がれてしまうと、ストレスを感じやすくなってしまいます。

特に、午後の時間帯は脳の疲労が最大になり、急に不安に感じたり、人に対して厳しく接してしまうことがあります。

そのような状況が長期的に続くと「鬱」の状態に陥り、いわゆる鬱病を発症してしまうことも少なくないようです。

 

  • 肥満になりやすくなる

寝不足が続くと満腹中枢に刺激を及ぼし、食欲が減退しません。睡眠は食欲を司るホルモンのコントロールも行っているのです。

ホルモンバランスが崩れることで、コントロールが利かなくなってしまい、食欲の増進につながってしまうのです。

いろいろとダイエット方法が発表されていますが、基本的に睡眠時間が確保されていないとうまくいかないということではないでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

今日から睡眠不足の解消を

では、睡眠不足の解消を考えていく中で、どのようなことが効果的なのかをまとめてみました。

  • 寝る前にスマホ、パソコンを見ない

ブルーライトという言葉をご存知でしょうか?

このブルーライトが長時間目に当たると、人間の体内時計の役割を果たしているメラトニンという物質を抑制してしまうことがわかってきました。

若い人ほどその影響を受けやすく睡眠のリズムを壊してしまうと言われています。

 

  • 起床時間を同じ時間にする

夜寝る時間を一緒にすることは難しくても、起床時間を一緒にすることはできますよね。

だって、遅刻したら困りますから。

なぜ、起床時間を毎日一緒にすること良いかというと、起床から14~16時間後にメラトニンという物質が分泌されることがわかっています。

このタイミングに寝ることができると、継続して睡眠時間を確保した生活が送れるようになるということです。

 

  • 時間があれば昼寝も効果的

昼寝と言っても15分程度のものです。この短い睡眠時間をマイクロスリープと言い、昼食後の時間がより効果的のようです。

仮眠をとることで、脳を効果的に休ませることができます。その時の注意点として、横になって寝ないということです。

横になってしまうと深い眠りに入ってしまし、仮眠の時間が長くなってしまいがちです。逆に疲労感が増してしまうようです。

 

寝不足の悪影響についてのまとめ

スポーツ観戦での寝不足は期間限定なので、睡眠不足は限定的なのですが、慢性的に睡眠不足になると様々な悪影響を体や脳に及ぼすことがわかりました。

一生の1/4は睡眠時間と言われていますが、そうしないと正常な人間の生活ができないということだということです。

現代人に足りないと言われている睡眠時間。

今一度、見直してみると良いかもしれません。

睡眠に関する記事は、こちらにも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。