苔の育て方知ってますか。初心者向けのオススメの苔玉は?





苔,育て方,初心者,苔玉

 

最近、苔を育てて楽しんでいる人が増えてきています。

そのため、苔を育てることにチャレンジしてみようと考えている人もいます。

しかし苔は、正しい育て方をしないと上手に育てることはできません。

そのためチャレンジしてもカビが生えてしまったり、茶色く変色して失敗してしまう初心者もいます。

そこで、『初心者でもできる苔の上手な育て方について』まとめました。

苔が好む環境についてもまとめたので、苔の栽培にチャレンジしたい人は参考にしてみてください。

そして苔の栽培にチャレンジする人の中には、苔玉を作ってみたいと考える人もいます。

苔玉は可愛い見た目をしているので、インテリアとしても楽しむことができます。

初心者でもできる苔玉の作り方についてもまとめたので、チャレンジしてみてください。

そして自分で作った苔玉を飾って、部屋を可愛くしてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

苔とは?

森の中などに行くと、木や石に緑色のものが生えているのを見かけます。

この緑色のものこそが 「」です。

苔は、盆栽や日本庭園で使われることが多い植物となっています。

可愛らしい見た目をしているので、苔を育てて苔テラリウムを作る人も多いです。

つまり苔は、育てる楽しさと見る楽しさを感じることができる植物となっています。

苔のかわいらしさに魅力を感じた場合には、苔を育ててみましょう。

 

苔を育てることにチャレンジする人が増えています

苔は愛情をかけて育てると上手に育ちます。

そして見た目もかわいらしいので、苔を育てて楽しんでいる人が増えています。

そんな苔には、数百種類あると言われています。

どれも苔に変わりないのですが、特徴や育て方が異なります。

そのため苔を育てたい場合には、どんな特徴があるのか、どんな育て方を する必要があるのか調べる必要があります。

育てる前に、どんな苔なのか調べるようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

苔の上手な育て方

苔は数百種類あるため、特徴や育て方も異なります。

しかし、ほとんどの苔は似たような性質を持っているので、性質について理解しましょう。

まず苔を育てる初心者の多くは、根から水分や養分を吸収していると思っています。

しかし苔は、根っこから水や養分を吸収しません。

そして実は、苔は葉や茎から水分と養分を吸収しています。

しかし、表面にだけ水やりを行っていた場合には、中が乾燥してしまう事で上手に育たなくなってしまう可能性もあります。

特に苔玉の場合には、乾燥しすぎてしまう事で水が浸透しなくなってしまいます。

しっかりとお水をあげるように心掛けましょう。

そして次に、必要なものはです。

多くの苔は光を好むのですが、直射日光が当たる場所では上手に育ちません。

そのため、適度な日差しが当たる場所で育てる必要があります。

育てる場所を考えておくようにしましょう。

さらに、苔は風通しが悪い場所が苦手です。

そのため風通しが悪い場所で育てた場合には、蒸れてしまいカビが生えてしまったり、茶色く変色して腐敗することがあります。

注意しましょう。

つまり苔を上手に育てるためには、適度な水や日光、風通しが必要です。

苔を育てる際には、どこの場所が苔にとって過ごしやすいのか考えてみましょう。

 

苔玉の作り方

苔玉は、丸い形をしているので可愛い見た目となっています。

そのため特に女性から人気があります。

苔を上手に育てられた場合には、苔玉作りにもチャレンジしてみましょう。

まず準備するものは、苔とシダ系の小さな観葉植物、苔玉用の土、綿の糸です。

苔玉を作る際にはハイゴケという種類の苔が扱いやすいので、初心者には特にオススメとなっています。

そして苔玉用の土は、ホームセンターなどで簡単に購入することができます。

探してみましょう。

まずは苔玉用の土に少しずつ水を加えて練っていきます。

まとまるようになったら、好きな大きさのお団子を作りましょう。

そして次に苔玉に植える小さな観葉植物についている土を軽く落とします。

強く扱うと根が切れて枯れやすくなってしまうので、優しく扱いましょう。

そして最初に作ったお団子の真ん中に穴をあけて、土を落とした観葉植物を植えます。

観葉植物を植えたあとは、お団子の形を整えるようにしましょう。

次に、貼り付ける苔の準備を行います。

苔を貼り付けるためには水分が必要となっています。

しっかりと水で湿らせていきましょう。

そして、この時に付着しているゴミや茶色く変色している部分は取り除くようにしましょう。

苔を綺麗に準備できたら、観葉植物を植えたお団子に貼り付けていきます。

このとき、土が見えなくなるように上手く張り付けることで綺麗な苔玉に仕上がります。

綺麗に苔を貼れたら、剥がれないように綿の糸を巻いていきます。

しっかりと巻き付けた後は結んでおきましょう。

そして完成した苔玉を約5分間水に浸けて水を吸収させて、水を切ったら完成です。

完成した苔玉は、苔と同様の環境を好みます。

苔にとって過ごしやすい場所を探して、飾ってみましょう。

 

苔の育て方についてのまとめ

苔は可愛らしい見た目をしているので、自宅で育てて苔テラリウムを作って楽しんでいる人もいます。

そして苔は比較的育てやすい植物なので、育ててみたいとチャレンジする人も増えてきています。

苔は種類が豊富で、数百種類あると言われています。

しかし、その苔の多くは湿度が高く、直射日光が当たらない場所を好みます。

そのため苔を育てる場合には、このような環境で育てていく必要があります。

苔が過ごしやすい場所を探して、上手に育ててみましょう。

しかし苔の種類によっては、これ以外の環境を好む場合もあります。

まずは苔の特徴や好む環境を調べてみましょう。

そして育てたい苔にあった環境を作って、育てていくようにしましょう。

苔を育てている人の中には、苔玉作りにチャレンジしたくなる人もいます。

苔玉は丸くて可愛い形をしているので人気があります。

そんな苔玉は、意外に簡単に作れるものとなっています。

貼り付ける苔や苔玉に植える小さな観葉植物を準備して作ってみましょう。

そして上手に苔玉を作ってインテリアとして楽しんでみましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。