柏餅の葉っぱを代用する場合は何を使うの?

意外と知らない生活知識





柏餅,葉,代用,何

 

柏餅といえば5月5日・子どもの日に食べる縁起物の和菓子ですね。

柏餅の葉は桜餅の葉っぱと違って餅にあまりくっつかないので食べやすいのも特徴の一つだったりするようです。

柏餅の葉っぱは柏の葉と思われがちですが実は、柏の葉はほとんど使用されず他の葉っぱで代用されていることが多いようです。

また、柏餅の葉っぱは「食べられる説」と「食べられない説」がありますが結局のところどうなのでしょうか。

もちろん柏の葉も使用できますが代用する際は何を使用すれば良いかご説明していきます。

 

【スポンサーリンク】

柏餅の葉っぱについて

まず柏餅の葉っぱについてご説明していきます。

柏餅を巻いてる葉は柏餅なだけに柏の葉が使用されていると思われがちですが、柏の葉を使用しているお菓子屋さんは少ないです。

もちろん、柏の葉を使用している和菓子屋さんもありますが、少数派なんですね。

その理由は3つあります。

 

  • 舌触りや口当たりがあまり良くない

柏の葉には葉毛(桃の皮を想像してみてくださいね)が生えているので刺激がある

  • そもそも不味い…

青臭さと食感が良くないという方が多い

  • その他

インターネットで柏の葉は購入できますが、外国産(中国など)も多いうえに舌触りや食感の問題、国産ではない…などで市販品としても人気ではなくあまり出回っていない

 

いやー知りませんでした。

柏餅の葉は=柏の葉だと思っていましたが、店舗に出回っている柏餅の葉っぱは、ほぼ代用品だそうです。

ちなみに、柏の葉は「柏の木の葉」と思われがちですが実は槲(かしわ)の木の葉です。

どちらにせよ針葉樹なので舌触りや口当たりはあまり良くなく食用には不向きなようです…。

 

柏餅の葉…その正体である代用の葉は?

柏の葉はあまり使用されないと判明したところで代用は、何の葉が使われているのかご説明いたします。

  • サルトリイバラの葉

柏餅の葉っぱを思い浮かべると、ツルツルしていて餅にくっつきにくいですね。

それこそがサルトリイバラの葉っぱです。

しかし国産のものは少なくほぼ、中国産です。

 

  • ビニールの葉

生の植物ではなく葉に見立てた飾り…ですね。

こちらは食べられませんので、柏餅を購入した際は必ず確認をしてくださいね!

 

【スポンサーリンク】

柏餅の葉っぱ…食べられる?食べられない?

本物の柏の葉や槲の木の葉は食べにくく、サルトリイバラの葉っぱで代用したものは、ほぼ中国産…。

ビニールの葉っぱは食用ではない…。

結論をいうと 、柏の葉・槲の木の葉っぱ・サルトリイバラの葉は食べられないことはあはりません。

ただ、食べにくいことと、産地が心配な方は食べない方が心が楽になるかもしれません。

子供が健やかに育つように祈願する伝統行事なのに、健康が心配になってしまったら元も子もありませんからね。

また、縁起物という観点からも葉を食べる際に噛み千切るのは良くないという説もあるので葉っぱは残して食べなくても影響は無いようですよ。

また、代用品であるサルトリイバラの葉っぱは、餅と剥がれやすいので食べるときもきれいに剥がれて千切れにくいので、代用としてオススメです。

というわけで、食べられるか・食べられないか…、ビニール製の葉っぱを除き食べられないことはないですが、食べなくても縁起物という観点でも問題はないです。

 

柏餅の葉っぱは元々代用品のものが多い

柏餅の葉っぱは、柏の葉ではなく、サルトリイバラの葉っぱやビニール製の葉っぱが代用品として使われています。

その理由は、柏の葉の舌触りや口当たり、青臭さなどが関係していると考えられます。

また、代用品のサルトリイバラの葉っぱも食べられないことはないですが、食べなくても縁起物として成り立つので剥がしながら食べて葉を残してもオッケーだそうです。

私も調べるまで柏の葉だと思ってましたが、世に出回っているものは代用品ときいてびっくりです!

どちらにせよ餅は美味しくいただきましょう☆

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。