葛根湯の効果は喉の痛みや肩こりに効くけど下痢や眠気に気をつけて





葛根湯,効果,頭痛,副作用,下痢,眠気

 

風邪の引き始めには葛根湯と聞いた事がある人も多いかと思います。

葛根湯は漢方薬なので身体に良さそうなイメージのある薬となっています。

そして、そんな葛根湯は引き始めの風邪や肩こりに効果があるとされています。

その為、喉痛の症状がある引き始めの風邪により効果があるとされています。

また、肩こりにも症状の改善が期待できると言われています。

しかし安全なイメージのある漢方薬でも副作用があります。

そして葛根湯の副作用には下痢や眠気などがあります。

そこで葛根湯の効果や副作用についてまとめました。

服用する際には、下痢や眠気などの副作用がある事も理解して服用するようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

風邪の引き初めには葛根湯!

実は市販の風邪薬が苦手だと感じている人は多く居ます。

そして市販の風邪薬が苦手だと感じている人の場合には、体調不良になった時には漢方薬を飲んでいる場合が多いです。

漢方薬は生薬を組み合わせて作られた薬です。

その為、身体に良さそうなイメージが強いです。

風邪を引いた時には葛根湯という漢方薬を飲む場合が多いです。

葛根湯はドラッグストアでも販売されているので、簡単に購入する事が可能となっています。

そして葛根湯は、風邪の引き始めに効果があるとされています。

風邪を引いたかも?と思った場合には、葛根湯を飲んでみましょう。

 

葛根湯の効果

葛根湯は、主薬の“葛根”をはじめ、下記の7種類の生薬からなる漢方薬です。

  • 葛根(カッコン)
  • 麻黄(マオウ)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 大棗(タイソウ)
  • 生姜(ショウキョウ)

風邪の引き始めに効果があるとされています。

では、その葛根湯にはどんな効果があるのでしょうか。

まずは葛根湯を飲む事で風邪の症状が緩和される理由について考えてみましょう。

西洋医学では、風邪を引いた時や発熱してしまった場合には解熱剤を使用して症状を緩和するという考え方があります。

その為、風邪で病院を受診した場合に解熱剤を処方された経験がある人も多いかと思います。

しかし漢方では真逆の考え方をします。

漢方では、体温を上げて身体に悪いものを排出させるという考え方をします。

その為、葛根湯を飲む事で血流が良くなって汗をかきます。

そして身体にとって悪いものを外に出すので、風邪の初期症状を治す事ができるのです。

しかし葛根湯の効果は風邪の引き始めには強い効果を発揮するのですが、こじらせてしまった風邪には効果を発揮する事ができません。

風邪を引いたかも?と感じる頃に服用しないと効果を感じられない可能性があります。

葛根湯で風邪を治したい場合には、風邪の引き初めから飲むように心掛けましょう。

そして葛根湯は風邪の初期症状の中でも特に頭痛に効果があります

頭痛があって風邪を引いたかもしれないと思った場合には、葛根湯は特におすすめです。

葛根湯,効果,頭痛,副作用,下痢,眠気

副作用もあります

漢方薬は生薬を組み合わせられて作られたものです。

その為、安全や身体に良さそうといったイメージがあります。

しかし生薬でも薬には変わりありません。

風邪の初期症状を感じて服用した際に副作用が出てしまう可能性もあるので、しっかりと理解しておく必要があります。

葛根湯の副作用には、下痢や眠気といった副作用があります。

これらの副作用は必ず起きるものではありません。

しかし副作用が起きた場合には、ひどくなる前に対処をする必要があります。

もし病院を受診して葛根湯をもらった場合には、受診した病院に連絡をして起きている副作用などを伝えて相談しましょう。

そしてドラッグストアなどで購入した場合には、ドラッグストアにいる薬剤師に相談をする事をおすすめします。

漢方薬だから安全などと勝手に判断せずに、副作用が悪化する前に相談をして正しい対処を行うようにしましょう。

そして最近は、24時間薬の副作用の相談を受け付けているドラッグストアも増えてきています。

副作用の心配がある場合には24時間相談を受け付けているドラッグストアで購入するようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

葛根湯の正しい飲み方

葛根湯を購入した場合や処方してもらった場合には説明を受けているかと思います。

しかし、正しい飲み方をしないと効果が落ちてしまう可能性もあるのでもう一度正しい飲み方について知っておきましょう。

まず葛根湯を飲むタイミングについてです。

葛根湯を飲むタイミングは食前や食間となっています。

これは胃の中に何も入っていない方が成分を吸収しやすいので、ちゃんと効果を得られるからという理由からです。

なるべく食前や食間に飲むように心掛けましょう。

そして、葛根湯を飲む際はぬるめのお湯で飲む事をおすすめします。

これは葛根湯の効果に関係しています。

葛根湯は身体の血流を良くする効果があります。

水で飲んでしまった場合には身体を冷やしてしまう為、しっかりと効果を得られなくなってしまう可能性があります。

身体を冷やさない為にも、ぬるめのお湯で飲むようにしましょう。

葛根湯を飲んだ際には、注意点があります。

それは葛根湯を服用した後に牛乳やジュースなどを飲まない事です。

これらのものを飲んでしまう事で、葛根湯の吸収を邪魔してしまう可能性があります。

しっかりと吸収されないと効果を得られないので、服用後はこれらのものを飲まないように気をつけましょう。

 

葛根湯の効果のまとめ

漢方薬は生薬を組み合わせて作られた薬なので、身体に良さそうといったイメージを持っている人が多いです。

そんなイメージから、体調を崩した時には漢方薬を服用する人が増えてきました。

葛根湯は血流を良くする事で、身体の中から悪いものを排出して風邪を治すという効果があります。

その為、引き始めの風邪により効果があります。

そんな葛根湯は食前や食間に服用します

そして服用する際には、しっかりと効果を得る為にぬるめのお湯で飲む事をおすすめします。

正しく飲んで効果をしっかりと得られるようにしましょう。

しかし風邪の引き始めに効果のある葛根湯にも副作用があります。

葛根湯の副作用には下痢や眠気などがあります。

もちろん、これらの副作用は必ず出るわけではありません。

しかし副作用が出て放っておくと悪化してしまう可能性もあります。

もし副作用が出てしまった場合には、悪化する前に医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

そして葛根湯を服用する際には、副作用が起きる可能性があるという事も理解した上で服用するようにしましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。