カジノ法案の可決でギャンブル依存症対策は大丈夫?





カジノ,法案,ギャンブル,依存症

 

近年の不況から脱却すべく、ひとつの法案が昨年可決されました。

ニュースでも大きく取り上げられ、物議をかもしたので、多くの人がご存じだと思います。

そうです、カジノ法案の可決です。

カジノと言えばラスベガスやマカオなど、海外を真っ先に思い浮かべる人が多いと思います。

カジノ=旅行に行った時にだけできるギャンブル と言った印象ですよね。

私自身はギャンブルをしないので、カジノに行ってみたいと思うことはこれまでありませんでしたが、カジノ法案が可決され、日本にもカジノができることになれば、もしかしたらこの先カジノに行く機会があるかもしれません。。。

しかし、このカジノにはたくさんの問題があり、今の日本にカジノがもたらす影響は必ずしも良いものばかりではありません。

ギャンブル依存症。

まさに「読んで字の如く」で、ギャンブルに依存してしまい、日常生活に支障をきたしてしまうことをギャンブル依存症と言います。

カジノが日本に出現することで、「ギャンブルで一攫千金してやる!」なんて夢を追って、このカジノに足を踏み入れる人が多く現れたり、パチンコや競馬や競艇などでは物足りずカジノにハマってしまう人など、危惧することが山積みのカジノなのです。

もちろん、一攫千金という大きな夢があるのも事実です!

そこで、今日は『カジノ法案可決にともない、ギャンブル依存症対策など、今の日本の現状を見つめ、今後どのような対策をしなければいけないか』を考えていこうと思います。

 

【スポンサーリンク】

カジノ法案とは?

カジノ法案」と呼ばれていますが、正式には「特定複合観光施設区域の整備の推奨に関する法律案要綱」と言います。

正式名称の長さも気になりますが(笑)、名前の長さよりも注目するのはカジノ」ではなく「複合観光施設となっているところです。

政府としては、カジノ=ギャンブルではなく、外国から観光客を呼び寄せるための「複合観光施設」という位置付けにしたいという思惑がひしひしと伝わる名称と鳴っています…。

カジノはあくまでも、観光施設の中の一部という事にして、決してギャンブルによる収益を目的にしている訳ではない事を、やんわり主張していますよね。

また、カジノの安全性をアピールするためにこのようなことも定義されています。

 

カジノの安全性をアピールする定義

  • カジノで使うチップはお金ではなく、物にする事
  • カジノで働く従業員や、利用する客の中に反社会的な人物がいた場合は排除する事
  • 監視カメラや、警備員などを常駐させ、防犯面でも安全が確保できるようにする事
  • カジノの広告や宣伝などの規制

 

いかがですか?

安全面を強調する事で、従来のカジノのブラックなイメージをなくして、「みんなが楽しめる施設ですよ!」というのがコンセプトのようですね。

 

ギャンブル依存症とは

カジノ法案可決にともない、最近よく耳にするギャンブル依存症ですが、詳しくはどのような症状なのでしょうか。

ギャンブル依存症の診断名は「病的(びょうてき)賭博(とばく)」と言います。

経済的・社会的・精神的な不都合(問題)が生ずるにもかかわらず、ギャンブル(パチンコ・スロット・競馬・競輪・競艇など)を止めることができない状態を言います。

ギャンブルというプロセスにはまり、自分ではコントロールできない状態に陥り、消費者金融、サラ金、ヤミ金などからの借金、失職、家族不和、うつなどの弊害を伴うことが多くあります。

皆さんは日本人のギャンブル依存症と思われる人数をご存じですか?

パチンコや競馬などギャンブル依存の人が成人人口の4.8%に当たる536万人に上るとの推計が発表されています。

暇つぶしや、ちょっとした息抜きでは済まず、生活に支障をきたしてもギャンブルから離れられなくなるなんて…。

まして、依存症になり得る可能性がある人々がこんなにいるなんて想像しただけでも言葉になりません。

 

【スポンサーリンク】

ギャンブル依存症にならないための対策は?

 

ギャンブル依存症にならないための対策

      • ギャンブル専用の財布を持つこと!
      • ギャンブルは儲からないと知ること!

 

  • ギャンブル専用の財布を持つこと!

キャッシュカードやクレジットカードなどは絶対に入れず、毎月のギャンブルに費やせる金額を入れ、ギャンブルに行くときはこの財布しか持っていかないようにするのです。

こうすることで、自分の手持ち金額をしっかりと把握し、無茶なギャンブルを回避できるというのです。

 

 

  • ギャンブルは儲からないと知ること!!!!!!!!!!

これが何よりも大事です!

ギャンブルにハマる人は、1度はとても大きな当たりを経験していることが多いようです。

そのためギャンブルは儲からないものだと自分が分かるように遊ぶことが大切です。

ギャンブルに使ったものをノートに細かくチェックしておくこともおすすめです。

ダイエットにも食べたものを書き留めるレコーディングダイエットというものがありますよね。

たくさん食べては駄目だと思ってもついつい食べてしまう人が、食べたものをすべて細かくメモするだけで、だんだん減ってくるというものです。

メモをすることで自分がどれだけ摂取し過ぎているか、見える化にすると無意識に自覚していきます。

これと同じように使った金額を面倒でもしっかりメモして損失と儲けを見える化にすると、無意識のうちに馬鹿馬鹿しくなっていくというものです。

 

 

カジノとギャンブル依存症についてのまとめ

いかがでしたか?

カジノが導入されることでギャンブル依存症の人が増えるわけではないかもしれません。

しかし、現時点の日本で約536万人もギャンブル依存症と疑われる人々がいる現状を受け止めて、ひとりひとりがカジノやギャンブルについてしっかり考えなくてはならないと思います。

また、政府にはカジノのもたらす良い効果や影響ばかりでなく、デメリットの部分をどのように軽減し、心身の安全と健康を守ることができるかを具体的に示してもらいたいです。

みなさんはいかがお考えになられますか?

 

 

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。