節分に「いわし」や「ヒイラギ」を飾る由来とは

意外と知らない生活知識





節分,イワシ,ヒイラギ,由来

 

2月3日は節分ですね。

豆まきをしたり、いわし・ヒイラギを飾る家も多いのではないでしょうか。

節分とは各季節の始まりの日の前日を指すので2月3日は立春の前日、ということになります。

節分には立春・立夏・立秋・立冬がありますが冬から春になる節目の立春は4つのせの中でも特に大切にされています。

今回はその理由と節分の由来をはじめ、いわしやヒイラギを飾る由来をご説明いたします。

ゲンを担ぎたい方や、厄年の方は必見です。

いわしとヒイラギを飾って災厄を乗り越えましょう。

 

【スポンサーリンク】

立春の節分が大切にされる理由とは?

各季節の節分の中でも立春の前日である2月3日は豆まきをしたりいわしやヒイラギを飾る家が多いです。

何故2月3日のみ、このような儀式を行うかというと、冬を乗り越えたあと春を迎える時期が1年の始まりとされる一種の信仰があるので4つの節分の中でも特に厄除けするタイミングが良いとされているためです。

因みに、豆を撒くのは鬼の「魔の目」に豆をぶつける事により災厄を避けるとされているためです。

 

いやし・ヒイラギを飾る由来や理由とは?

豆まきの他にいわしとヒイラギを飾る家もあります。

いわしは漢字で魚偏に弱と書きますが、いわしは陸に揚げるとすぐに弱くなってしまうことからこのような漢字で表されています。

何故いわしを飾るのかというと、昔から弱いいわしを食べると陰の気を消す』と信仰されています。

「陰の気」とは風水や気学の用語で、陰の気が満ちていると家運が良くないとされています。

また、鬼はいわしの焼いたにおいが嫌いだという言い伝えがあるため、焼いたいわしの頭を飾る風習が出来たのです。

一方ヒイラギは尖った葉が鬼の目を刺し、災厄を退けると信じられています。

【スポンサーリンク】

いわしとヒイラギの飾り方は?

ヒイラギの枝をいわしの頭に刺して玄関の外に立て掛けたり、テープなどで固定しても良いですよ。

外に見える場所だと一目が気になる…、という方は家の中の玄関に飾っても大丈夫ですよ。

飾る期間は地域によって違いますが、暖かい地域ですとどうしても傷みが出てくるので節分当日だけでも効果があります。

処分の方法は、縁起物ですので天然塩で清めて半紙で包み燃えるゴミに出すか神社でお焚き上げをしてもらいます。

 

節分は大晦日並に大切ですよ!!

2月3日の節分は、四柱推命でいう空亡・算命学でいう天中殺・そして厄年などが始まる時期で、運勢が著しく下がる時期に備えて是非しっかりと豆まきやいわしやヒイラギを飾った方が良いでしょう。

私は今年、厄年と天中殺のダブル期間に入るので、災厄を避けるようしっかり備えたいと思います!

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。