IOTで白物家電の未来がますます便利にスマートに





IOT,白物家電,未来,スマート

 

6月に入りましたね。

沖縄や九州の地方では梅雨入りしたようで、これから次々に各地で梅雨入りになるのでしょうね。

日本には四季があり、それぞれの季節の楽しみ方があります。

しかし、ぞれぞれの季節にも悩ましい問題はありますよね。

さわやかな春には花粉の心配が…。暑い日が続く夏には熱中症などの心配が…。

食が豊かになる秋には体重増加の心配が…(←これは私だけ?!笑)

寒さが厳しくなる冬にはインフルエンザなどの心配が…。

そんな毎日を快適に過ごすために、みなさんも家電を便利に使っておられると思いまうす。

そんな最近の家電事情で、よく「IOT」という言葉を耳にしませんか?

私も初めて聞いた時には「なんの略?(^^;)」と、全く意味が分かりませんでした。

しかし、よく調べてみるととっても便利なことが分かりました。

また、IOT家電の中でも白物家電というのが、本当に画期的&便利!!!

実際にはどのような家電製品にIOTが利用されているのでしょうか。

調べてみました!!

これらのIOT家電、白色家電を便利に&スマートに使って、もっと快適に過ごしてみませんか☆

 

【スポンサーリンク】

IOTの意味は?(※読み方はアイオーティーです)

IOT(Internet of Things)モノのインターネット

日本語に訳すとするならば、「モノのインターネット」というところでしょうか。

簡単に言うと世の中のものをインターネットでつなげちゃおうということ!

従来は主にパソコンやサーバー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットにそれ以外の様々な”モノ”を接続することを意味します。

テレビやデジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、デジタルオーディオプレーヤー、HDDプレーヤー、DVDプレーヤー等のデジタル情報家電をインターネットに接続する流れは既に始まっています。

更にデジタル化された映像、音楽、音声、写真、文字情報をインターネットを介して伝達されるシーンがますます増えています。

現在ではスマートフォンやタブレット端末もインターネットに接続されるのは当たり前で便利に利用されています。

 

IOT×白物家電はスゴイ!?

白物家電とは、冷蔵庫や洗濯機、掃除機など、家事の労力を減らす電化製品を総称するものです。

家電量販店などでも大体同じ売場に置いてありますね。生活家電や家事家電と呼ばれることもあります。

そんな生活に密着した白物家電が、インターネットに繋がるとどうなるのか?見てみましょう!

① 冷蔵庫×インターネット

インテリアと同化して、リビングに設置される前提で開発された冷蔵庫は、デザイン性が抜群。

また、白物家電でも黒物家電でもない、扉に液晶ディスプレイを備えた冷蔵庫シリーズを開発の中核と位置づけました。

Wifiによる通信機能を備えて、マイクなども使い、ジェスチャーによる操作を可能にします。

また、トマトとにんじんなどを画像から認識し、カロリーを教えてくれたり、移動式の冷蔵庫なども充実。食品を冷やさずに鮮度を保つ食品保存庫なども発売しています。

冷蔵庫のきせかえなども可能にし、家電を所有することへのワクワク感を再び思い起こさせてくれるようなハイアールの試みに、注目が集まっています。

 

② 洗濯機×インターネット

インターネットを通じて、洗濯機にもイベノーションを起こそうとしています。

最初はスケルトンの洗濯機から始まって、通信機能やマイクを使い、室外や屋外からでも操作、指示できるような洗濯機を開発していく計画もあるそうです。

 

【スポンサーリンク】

白物家電の世界にもIOTが!

家電メーカーが次々と赤字に陥る中で、従来と同じものを作っていてはいけないという危機感もそこにはあるのでしょう。

昭和30年代に、三種の神器と呼ばれた冷蔵庫、洗濯機、掃除機ですが、人々の生活を大きく変えてくれました。

ですが、そこで留まっていたのが現在の家電メーカーの苦境を表しています。

IOTを使ってどこまで進化できるかはわかりませんが、世界と戦っていく上で、ひとつ上の付加価値を生み出さないことには生き残れないのは明確です。

冷蔵庫、洗濯機などへのインターネット通信機能の設置は、これまでの生活スタイルを一変するイノベーションになるかもしれません。

技術の進歩により、我々の暮らしが便利になっていくのは、楽しみですね。

便利に慣れすぎるのはいかがなものでしょうか。

もちろん、便利はありがたいことです!忙しい現代人にとっては便利な家電は不可欠かもしれません。

しかし、その中でも忘れてはいけない大切な部分があるように思うんです。

昔の洗濯機や掃除機などの音や、母親がそれを使って家事をしていた姿などを思い出してしみじみしてしまうのは私だけでしょうか。。。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。