加湿器の掃除はクエン酸と重曹を使ってカビの繁殖を防ぎましょう

意外と知らない生活知識





加湿器,掃除,クエン酸,重曹,カビ,繁殖,防ぐ

 

寒い時期になると、自然と空気が乾燥するようになります。

そして暖房器具も使用するようになるので、更に空気が乾燥しやすくなります。

空気の乾燥は喉が痛くなったり、風邪を引きやすくしてしまうので加湿器を使用して乾燥予防を行っている人が多いです。

しかし加湿器は水を使用しているのでカビが繁殖しやすくなっています。

その為、カビを防ぐ為にこまめに掃除を行うようにしている人が多いです。

そんなカビが繁殖しやすい加湿器を掃除する際には、クエン酸と重曹を使用する事がおすすめとなっています。

そこでクエン酸と重曹を使用した加湿器の掃除方法についてまとめました。

こまめに掃除を行ってカビの繁殖を防ぐように心掛けましょう。

 

【スポンサーリンク】

加湿器はカビの繁殖が起きやすい!

秋や冬など寒い時期になると空気の乾燥が起きやすくなります。

そして暖房器具を使用する頻度も増えていくので、更に空気の乾燥が起きやすくなります。

そんな空気の乾燥は加湿器を使用する事で防ぐ事が出来ます。

しかし、加湿器は水を使用しているのでカビの繁殖が起きやすいです。

更に、水を使用しているので水垢も付きやすいです。

その為、気が付いた時には加湿器のフィルターや中にカビや水垢などが付着してしまっている場合もあります。

 

こまめに掃除をする事が必要です

加湿器のタンクに水を入れる時に、フィルターや内部を見た事がある人も多いかと思います。

加湿器は水を使用しているのでカビや水垢が付着しやすいです。

カビや水垢が付着したままにしておくと、加湿器が故障してしまう可能性もあります。

そして故障してしまうだけでなく、身体に異常が起きてしまう可能性もあるのです。

これは加湿器を使用している時に、内部に繁殖してしまったカビが一緒に出されてしまう事で起きます。

特に呼吸器系が弱い人や小さいお子さんは、咳やくしゃみが出てしまうなどの症状が起きる場合もあります。

その為、加湿器を使用する際にはこまめに掃除を行う必要があるのです。

こまめに掃除を行う事でカビや水垢の繁殖を防ぐ事が可能となっています。

しっかりと掃除を行って、様々なトラブルが起きないように注意しましょう。

 

加湿器,掃除,クエン酸,重曹,カビ,繁殖,防ぐ

 

掃除にはクエン酸と重曹がおすすめ!

加湿器を掃除する場合には、内部に付着してしまったカビや水垢を綺麗にしましょう。

カビや水垢は頑固な汚れなので、水で内部を洗うだけでは落ちません。

そこでカビや水垢を落とす為におすすめなのが、クエン酸重曹です。

クエン酸と重曹は身体に優しいものなので、安心して掃除道具として使用する事が出来ます。

さらにクエン酸や重曹はホームセンターや薬局などで簡単に購入する事が出来ます。

クエン酸と重曹の準備が出来たら、さっそく掃除を行ってみましょう。

まず加湿器の内部の掃除を行う場合には、重曹がおすすめとなっています。

重曹は研磨剤のような役割を果たしてくれます。

その為、加湿器の内部に付着してしまったカビや水垢をゴシゴシと擦って落とす事が出来ます。

さらに重曹は消臭効果も期待できます。

その為、加湿器を使用した際に嫌な臭いがしてしまうのを防ぐ事が出来ます。

綺麗にしながら消臭効果も期待できるので、一石二鳥かと思います。

そして加湿器のフィルターを掃除する際には、クエン酸がおすすめとなっています。

フィルターは水道水に含まれているカルシウム成分が付着しやすくなっています。

このカルシウム成分を落としたいからとゴシゴシ擦ってしまう人もいるのですが、フィルターが傷んでしまいます。

しかしクエン酸は弱酸性なので、フィルターに付着してしまったカルシウム成分を中和して落とす事が可能となっています。

中和して落とす事が出来るので擦らずに落とせます。

つまりフィルターを痛めにくいのです。

そして加湿器の掃除を行った後は、必ずクエン酸と重曹の成分が残らないように洗い流すようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

漂白剤はだめ?

加湿器の中にカビや水垢が付着してしまう事で綺麗にしたいと思う人は多いです。

そして掃除をするからには、真っ白にしたいと思う人もいます。

その為、加湿器の掃除に漂白剤を使用してしまう人がいます。

もちろん漂白剤は、カビや水垢などを落として新品のようにする力があります。

使用した後には綺麗になっているので気持ちが良いかと思います。

しかし加湿器の掃除に漂白剤の使用はおすすめできません。

その理由は、しっかりと洗い流さなないと身体に害があるからです。

カビや水垢は加湿器の内部にまで付着しています。

その内部の汚れを落とす為に漂白剤を使用する人が多いのですが、しっかりとすすぎきれない可能性があります。

もし、すすぎが十分に行われていない場合には加湿器を使用した際に漂白剤の成分が気化して出てきます。

つまり、部屋に漂白剤の成分をまき散らしてしまう可能性があるのです。

気化してしまった漂白剤の成分を吸い込んでしまった場合には、体調を崩してしまう可能性もあります。

身体に害がある為、加湿器の掃除に漂白剤は使用しないように注意しましょう。

 

加湿器の掃除でカビの繁殖を防ごうのまとめ

寒い時期になると空気が乾燥するようになります。

そして暖房器具を使用する事で、さらに空気が乾燥するようになります。

空気の乾燥は喉を痛めてしまったり、風邪を引きやすくしてしまうので注意が必要です。

そんな空気の乾燥は、加湿器を使用する事で改善する事ができます。

しかし加湿器は水を使用しているので、カビが繁殖しやすいです。

そして水垢も付着しやすくなっています。

加湿器の内部やフィルターにカビや水垢が付着してしまった場合には、故障や体調不良の原因となる可能性もあります。

その為、加湿器を使用する際にはこまめに掃除を行う必要があるのです。

そんな加湿器の掃除を行う際には、クエン酸や重曹がおすすめとなっています。

ホームセンターなどで簡単に購入する事が出来るので準備してみましょう。

まず加湿器の内部を掃除する場合には、研磨剤の効果のある重曹の使用がおすすめです。

研磨剤の役割を果たしてくれるので、内部の汚れをゴシゴシと擦って落とす事が出来ます。

そしてフィルターの掃除をする際には、クエン酸がおすすめとなっています。

フィルターは水に含まれるカルシウム成分が付着しやすいので、そのカルシウム成分を中和してくれる効果のあるクエン酸がおすすめなのです。

しかし中には、カビや水垢を真っ白に落としたいからと漂白剤を使用して掃除してしまう人がいます。

漂白剤は身体に害があるものとなっています。

その為しっかりとすすげていなかった場合には、気化した漂白剤の成分を部屋にまき散らしてしまい体調を崩してしまう可能性があります。

身体に害を与えない為にも、加湿器の掃除を行う際には、クエン酸や重曹を使用するようにしましょう。

そして、こまめ掃除を行って清潔を保つように心掛けましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。