温泉卵の賞味期限はいつまで?ゆで卵の賞味期限と違うの?

おいしく食べたい料理・食品知識





温泉卵,ゆで卵,賞味期限,いつまで

 

温泉卵は中身が半熟でトロッとしているので、美味しいです。

そんな温泉卵は冷めたらすぐに食べると思います。

しかし、たくさん作ってしまった時には残ってしまう場合もあります。

残ってしまった場合には冷蔵庫で保管していると思うのですが、いつまでが賞味期限なのか分からない為悩んでしまうと思います。

温泉卵はゆで卵と似ているので賞味期限が同じと思っている人もいるかと思います。

そこで温泉卵の賞味期限についてまとめました。

温泉卵とゆで卵の違いや賞味期限について知っておきましょう。

そして、いつまでに食べたら良いのか覚えておくようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

温泉卵とゆで卵の違い

温泉卵とゆで卵の違いを聞かれた時に、何が違うか悩んでしまうと思います。

実は温泉卵はゆで卵の一種です。

ゆで卵は固めにゆでられている為、白身も黄身も固まった状態です。

それに対して温泉卵は柔らかめにゆでられており、白身も黄身も半熟の状態でトロッとしています。

卵には白身と黄身があるのですが、白身と黄身が固くなる温度は異なります。

この性質を利用して作ったゆで卵こそが温泉卵なのです。

そして温泉卵とゆで卵の違いは固さなのですが、じつはそれ以外にも違いがあります。

その違いとは作り方です。

ゆで卵は沸騰させたお湯で作ります。

その為、卵の白身も黄身もしっかりと固まるのです。

それに対して温泉卵は沸騰したお湯ではなく、白身が固まらないような温度で作ります。

白身が固まらない温度こそが温泉卵のトロッとした食管を作り出すのです。

 

温泉卵の作り方

温泉卵を作るには白身が固まらない温度で作る必要があります。

しかし、この白身が固まらない温度を作るのが難しいのです。

その為、チャレンジしてみても固くなってしまったり、柔らかすぎたりして失敗をしてしまう人も多いです。

そこで誰でも簡単に作れる温泉卵の作り方をご紹介します。

まず、お鍋にお湯を適量沸かします。

そして沸騰したら火を止めます。

そこに卵を入れます。

蓋をしたら12分〜15分ほど待つだけです。

室温によって固さが変わってきてしまう為、卵を入れた後に待つ時間は様子を見ながら決めましょう。

そして待った後は熱いので、お水を張ったボウルなどで粗熱を取るようにしましょう。

誰でも簡単に作れるので是非チャレンジしてみてください。

 

温泉卵,ゆで卵,賞味期限,いつまで

 

温泉卵を使ったアレンジ料理

温泉卵はコツを掴むと簡単に作る事ができます。

そんな温泉卵はアレンジして料理に取り入れる事で、いつもの料理をもっと美味しいものへと変える事ができます。

見た目もオシャレなものになるので、おもてなし料理としてもおすすめです。

例えばサラダに乗せると、野菜嫌いな人でも美味しく食べられる事もあります。

見た目も美味しそうなので子どもも喜んでくれると思います。

そして温泉卵を乗せるもので1番のおすすめは丼ものです。

丼ものは簡単に作れる料理なので人気があります。

しかし簡単に出来るものだからこそ手抜き料理に見られてしまいがちです。

そんな丼ものに温泉卵をトッピングする事で、いつもとは違った丼ものにする事ができます。

他にもパスタやうどんなどの麺類にも合うのでおすすめです。

温泉卵は割りながら食べるので、楽しく食事をする事ができます。

子どもも喜んでくれると思うので、ぜひアレンジ料理を作ってみてください。

 

【スポンサーリンク】

温泉卵の賞味期限は?

生卵の賞味期限は2週間ほどとなっています。

そんな生卵を温泉卵にすると、少し火が入っているので賞味期限は変わってきます。

卵は加熱する事で菌から守る成分が無くなってしまいます。

その為、生卵よりも賞味期限が短くなってしまいます。

さらに、トロッとした半熟を作る事でサルモネラ菌が死滅していない場合もあります。

サルモネラ菌が死滅していない状態で置いておくと、サルモネラ菌が繁殖してしまい食中毒になってしまう可能性もあります。

自宅で温泉卵を作った場合には2日ほどで食べきるようにしましょう。

もし殻にヒビが入ってしまっている場合には、しっかりと保護されていない状態なのですぐに食べるようにしましょう。

そして半熟なので冷蔵庫で保管をしましょう。

ゆで卵の場合は、温泉卵よりも加熱をしているので日持ちしそうなイメージがあります。

しかしゆで卵も過熱をしている為、菌から守る成分がなくなってしまいます。

その為、ゆで卵も温泉卵と同様に2日ほどで食べきるようにしましょう。

さらに、ゆで卵の賞味期限には注意が必要です。

この2日ほどというのは殻付きの状態で冷蔵庫保管をした場合です。

ゆで卵は料理に使用する事が多いので、作った後にすぐに殻を剥いてしまうと思います。

この場合には、殻がないので保護されていない状態になります。

つまり殻を剥いてしまったゆで卵の場合には、賞味期限はもっと短くなります。

安全に食べる為にも、殻を剥いてしまった場合には24時間以内に食べきる事をおすすめします。

 

温泉卵の賞味期限についてまとめ

温泉卵は白身が固まらない温度で作るのでトロッとしています。

そのトロッとした半熟は美味しいので人気があります。

しかし半熟を作る温度が難しいので、自宅で作った場合には失敗してしまう場合もあります。

誰でも簡単に作れる方法でコツを掴んで自宅で作ってみてください。

そして温泉卵はアレンジ料理にも活用できます。

アレンジ料理に活用する事で、いつもよりも美味しい料理へと変える事ができます。

見た目もオシャレなものになるので、ぜひ作ってみてください。

温泉卵もゆで卵も、加熱してしまう事で卵を守る成分がなくなってしまいます。

その為、生卵よりも賞味期限が短くなってしまいます。

自宅で作った際には2日ほどで食べきるように心掛けましょう。

そして殻にヒビが入ってしまった場合には、中身が保護されていない状態なのですぐに食べるようにしましょう。

ゆで卵の場合には調理の関係で殻を剥いてしまうと思います。

殻を剥いてしまった場合には24時間以内に食べきる事をおすすめします。

そして温泉卵もゆで卵も保管する場合には冷蔵庫で保管するようにしましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。