かかとの角質ケアは原因を知ってガサガサを解消しよう





かかと,角質,ケア,原因,ガサガサ

 

冬は乾燥の季節です。

手をはじめ、かかともガサガサになりやすいです。

ケアをしなければ角質がどんどん厚くなっていきガサガサになり皮膚にひび割れが起こり痛い思いをしてしまいます。

そうなってしまう前にかかとの角質ケアをすることが望ましいです。

ただし、かかとの角質ケアは正しく行わなければ皮膚トラブルの原因になります。

かかとの角質とは何故出来るの?角質はどのようにケアしたら良いの?上手にケアをしてかかとのガサガサを防止しましょう!

 

【スポンサーリンク】

角質は何故出来るの?角質の役割とは?

かかとのガサガサを正しくケアする為には角質の役割を知っておかなければなりません。

かかとの角質が厚くなるとガサガサしたり痛いひび割れの原因にもなりますが、この角質は皮膚の内側(細胞)の保護と水分保持の役割を担っています。

その為、かかとの角質を必要以上に取り除いてしまうと却って乾燥して皮膚トラブルの原因になってしまいます。

だからといって、そのままにしておくと角質がどんどん厚くなり「角化症」という症状を引き起こしカサカサ・ガサガサになってしまいます。

この角質を厚くする原因は、合わない靴を履く・姿勢が悪い・立ち仕事をしている・冷え症で血流が悪い等の理由が挙げられます。

これらの原因から守るために角質がどんどん厚くなっていくという悪循環が生まれてしまいます。

 

かかとの角質ケア!正しい方法は?

すでに厚くなってしまったカサカサ状態のかかとはどんなケアをすれば良いのかご説明します。

 

手順1 まずは角質を除去しましょう!

角質除去の頻度は、角質の状態にもよりますが1ヶ月に1度が丁度良いでしょう。

あまり頻度に除去してしまうと雑菌が入りやすくなりイボなど皮膚トラブルになります。

  1. 市販品のかかと専用やすりを用意します
  2. 入浴後かかとをタオルで拭いたらかかと専用やすりで優しく一定方向に動かしながら除去します

 

手順2 かかとをケアしましょう!

  1. 化粧水・ハンドクリーム・サランラップ・テープを用意します
  2. 角質の除去が終わったら化粧水、ハンドクリーム、そしてその上からサランラップを巻いて保湿パックします。
  3. サランラップをテープで留めズレないようにして就寝し、翌朝外すとかかとがツルツルです!

 

【スポンサーリンク】

かかとの角質ケア!ポイントまとめ

  • かかと専用やすりは使用後、清潔に保って下さい。雑菌が付着した状態で使用すると今度はイボに悩まされるハメになります。
  • 化粧水は出来るだけノンアルコールのものを、ハンドクリームは尿素配合のものを使うと保湿効果が高くなります。
  • かかとの角質の除去しすぎに注意しましょう!
  • 角質を除去してもカサカサが改善されない場合は、保湿が足りていない可能性があるので保湿パックに力を入れてみてください。
  • 一番のケア方法は原因となることを改善することがツルツルかかとへの近道です。

 

正しいケアをして、カサカサかかとをツルツルにしましょう!

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。