はちみつ梅干しの作り方は、ジップロックで簡単に





はちみつ梅干し,作り方,簡単,ジップロック

 

緑も深まった今日この頃。

そろそろスーパーの売り場に青梅が並ぶ季節になりましたね。

青梅を買って、ご家庭で梅干しを作っておられる人もおられると思います。

ひとくちに梅干しと言っても漬け方、食べ方はさまざま。

すっぱい梅が好きな人、かつおぶしとの旨味を吸ったかつお梅が好きな人、はちみつの風味が箸休めにはピッタリのはちみつ梅が好きな人…。

みなさんはどんな梅の食べ方が好きですか?

さて、今日ははちみつ梅の作り方についてお話していきたいと思います。

と、その前に…まずは基本的なすっぱい梅の簡単な作り方をご紹介しますね☆

 

【スポンサーリンク】

ジップロックを使った梅干しの作り方

材料
• 南高梅(完熟して黄色くなったもの)…1㎏
• 粗塩…梅の18%で180g
• 焼酎…35度で大さじ2杯(ホワイトリカーでもよい)
• 赤紫蘇…葉のみ使用で200g
• 赤紫蘇用粗塩…36~40gくらい
• ジップロック…2枚
• 重石…雑誌など 2㎏くらい

 

1. 梅を良く洗って、乾かす。梅に水分が残っているとカビやすいので、じっくり乾かしましょう。その後、楊枝の先でヘタを1つずつ丁寧に取りましょう。

2. ジップロックに梅を入れ塩、焼酎を入れる。空気を抜きながら密封し、ジップロック2重にしてしっかり閉じる。全体を平らにして、寝かせて冷暗所へ保管。上から重石をのせる。

3. 1日数回袋の上下を入れ替えて、塩と梅がなじむようにする。

4. 赤紫蘇を入れたいなら、塩漬けから10日くらい過ぎてから。赤紫蘇は葉を手で摘んだ後良く洗い、良く乾かす。紫蘇用の塩を2回に分けて入れ、良くもみこむ。大体3週間くらいで、梅がきれいに色づきます。

5. いよいよ土用干しです。梅を一粒ずつそっと、ざるに載せてください。紫蘇も良く梅酢を切って広げましょう。ざるがない場合は、段ボールなどにクッキングペーパーを敷いて干すこともできます。3日3晩と言いますが、しっとりした梅が好きなら2日、良く干したのが好きであれば3日干しましょう。表面が乾けば出来上がりです。

6. 完成したら、焼酎で消毒したビン、保存容器にしまいましょう。紫蘇は少しなら梅と一緒に入れてもOK。(紫蘇を入れ過ぎると梅干しが黒ずみます)土用干しの後、すぐにでも梅干しを食べられますが、2,3か月置くとより美味しくいただけますよ。

 

気を付ける梅干し作りのポイント

  • 梅は洗った後良く乾かしましょう。扇風機を使う方もいるようです。
  • ジップロックは2重で!1重だと水漏れしてくることがあります。(経験より)
  • この塩分量ですとカビは出にくいですが、土用干しまではカビチェックしましょう。
  • 重石は均一に重さがかかるよう、袋を寝かせて雑誌、電話帳などのせましょう。

 

いかがですか?便利なジップロックを使って梅干しができるなら、やってみたくなりませんか(^^)

では、次にはちみつ梅の簡単な作り方をご紹介します☆

【スポンサーリンク】

 

はちみつ梅の簡単な作り方

材料

・白干梅(塩に漬けただけの梅) 1kg
・砂糖            200g
・みりん           200cc
・はちみつ          200cc

 

① みりん200cc、砂糖200g、はちみつ200ccを混ぜます。(煮立たせなくてOKです。)

② 塩抜きした梅干し(白干梅500gを水3リットルの中に入れ、塩小さじ1杯を加え、12時間置く。水を捨て、その工程をもう一度行ったもの。) を①に漬け込みます。

※一週間漬け込んだら完成です♪完成した後は、冷蔵庫で保存してください。

※はちみつの殺菌効果で、梅干しを作る際にカビが発生することもありません!

※梅干し特有の酸っぱさが抑えられ、やわらかくて甘い果肉がとっても食べやすいですよ♪

 

では、このはちみつ梅を使った簡単なアレンジレシピをご紹介します!

おいしくはちみつ梅が漬けあがったらぜひ試してみてくださいね。

もちろん、市販のはちみつ梅でも作れますので、オールシーズン食べたいときに作ってみてくださいね。

 

きゃべつの梅はちみつ和え

材料

キャベツ 1/4個

豚薄切り肉 150g

お酒 大さじ1

生姜(薄切り) 2~3枚

◎たれ

はちみつ甘梅 2個

醤油 小さじ1

ごま油 少々

 

● 作り方

1.鍋に湯を沸かし、塩少々(分量外)を入れて、ざく切りしたキャベツをさっとゆでる。

2.(1)からキャベツを取り出し、酒、生姜を入れる。その湯に豚肉を入れ、沸騰しない温度で火を通す。

3.はちみつ甘梅の種を取り、包丁で細かくたたいて、醤油、ごま油と合わせる。

4.(3)に茹でたキャベツと豚肉を入れて和えれば完成です。

青梅には血液さらさら効果があり、キャベツには食物繊維たっぷり。

食べればきっと翌朝はお腹すっきりです。

 

 

今回ははちみつ甘梅を使いましたが、なければ、梅干にはちみつを少し混ぜてみてください。

お使いの梅干によって、塩加減が異なりますので、その時ははちみつで調節してみてください

美味しい梅干しで食卓がさらに豊かになりますように☆

しかし…

梅干しを考えるだけで口がキューンとすっぱくなりますね!(>_<)

この記事を書きながら私も何度も口がすっぱくなりました(笑)

最後まで読んでくださったみなさんのお口はいかがでしたか?☆(^^)

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。