ヘンプシードの効果と危険性を理解して上手な食べ方でダイエット





ヘンプシード,効果,危険性,副作用,ダイエット,食べ方

 

近年スーパーフードが定着しつつありますが最近また新たにヘンプシードという流行が注目されつつあります。

ヘンプシードもスーパーフードの仲間で栄養価が高く健康補助食品として、じわじわブームになってきています。

ところでヘンプシードってそもそも何?栄養価が高いのにダイエット効果ってどうなのだろう?かえって太ったりしないかな?という疑問や安全性や危険性、副作用は大丈夫?と気になる方も多いですよね。

ヘンプシードは栄養補助食品としては評価されていますが、今回は栄養効果・ダイエット効果・安全性や危険性・またその食べ方についてご説明いたします!

 

【スポンサーリンク】

ヘンプシードとは?安全性・副作用について

ヘンプシードとは掻い摘んでいうと「麻の実」のことをいいます。

麻の実とは大麻に関するものですが安心してください。

幻覚作用を引き起こすのは麻の葉と穂であり実にはそのような作用はありませんし、違法ではありません。

そもそも違法でしたら日本国内で推進されません。

法律上でも栄養補助食品でも安全性は高いので心配はありませんよ。

 

ヘンプシードの効果とは?

さて、そんなヘンプシードですが具体的にどのような栄養分と効果があるのかご説明していきましょう。

 

  • 食物繊維が豊富

食物繊維が豊富なので便秘解消を手助けしてくれます。

※しかし、不溶性の食物繊維なので便秘と下痢を繰り返す痙攣性便秘タイプの方は地獄を見ることになる可能性があるため控えたほうが良いです…。

 

  • アミノ酸が豊富

アミノ酸は体内では作られない物質なので食べ物・飲み物から摂取することで摂り入れなければなりません。

アミノ酸には肌のアンチエイジング、肝機能の向上、免疫力アップ、新陳代謝を促進する効果があります。

 

  • 必須脂肪酸の割合が絶妙

必須脂肪酸であるリノール酸とa-リノレン酸が絶妙な割合で含まれています。

理想の配合率は4:1ですがヘンプシードにはそれに近い3:1の割合で含まれているため心臓と血管の病気を予防する効果があります。

a-リノレン酸にはDHAが変換し認知症の予防、頭の回転を早く促す、他にもアトピー性皮膚炎の改善も期待できます。

 

  • ミネラルが豊富

ヘンプシードには鉄・亜鉛・マグネシウムが豊富に含まれているため毎日元気溌剌に過ごすために必要なミネラルが豊富です。

 

【スポンサーリンク】

ヘンプシードでダイエット効果はあるの?

ヘンプシードに含まれる必須脂肪酸は脂肪の燃焼効果を高めることに長けています。

また良タンパク質も豊富なので筋肉の源になります。

この2つの点からダイエット効果も期待できます。

しかし、食べるだけで痩せる、ではなく有酸素運動やバランスの良い食事に気を配ることが大切です。

 

ヘンプシードの食べ方について

ヘンプシードはくるみやナッツのような味なのでお料理に混ぜて美味しくいただくことが出来ます。

サラダに入れたり、ヨーグルトのトッピング、手作りクッキーやパウンドケーキ、お酒のおつまみにも良いですよ!

ただし、食物繊維が豊富なため却ってお腹が痛くなることもあるので分量は守ってくださいね。

適量はスプーン一杯分です。

 

ヘンプシードは栄養価高し、ダイエットには……

ヘンプシードは栄養価が高く、効果もお肌に良い・肝機能に良し・便秘解消・免疫力を上げて風邪をひきにくくする・頭の回転を促進する・心臓や血管の病気予防などマルチに効果が期待できます。

気になるダイエット効果については、痩せる可能性はあるものの特段に痩せるというほどではなさそうです。

脂肪の燃焼を促進させる効果が期待できますがヘンプシードを食べてダイエットするには長期戦になってしまうかもしれません。

また、分量を適量以上摂取するとお腹が痛くなる可能性も否めないためあくまでも、健康向上目的で食べることをオススメいたします!

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。