糖尿病の判断基準値「ヘモグロビンa1c」を下げるには?運動や食事で効果的に数値を下げよう





ヘモグロビンa1c,下げる,糖尿病,リスク,効果,数値

 

みなさんはヘモグロビンa1cという言葉をご存じですか?

高血糖状態が長期間続くと、血管内の余分なブドウ糖は体内の蛋白と結合します。

この際、赤血球の蛋白であるヘモグロビン(Hb)とブドウ糖が結合したものがグリコヘモグロビンです。

このグリコヘモグロビンには何種類かあり、糖尿病と密接な関係を有するものが、HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)です。

ヘモグロビンa1c ・・・

なにやら、難しいように感じますが、要は糖尿病を予防する上で気を付けたい数値であり、数値を下げるべきものだということなんです。

生活習慣病のひとつである糖尿病。

糖尿病予備軍と言われる人を含め、日本には多くの糖尿病患者がいます。

不摂生などが主な原因と言われている糖尿病ですが、糖尿病のリスクを下げるために生活習慣を見直すことで糖尿病を予防できることも以前から言われていますよね。

また、糖尿病をきっかけに合併症として起きる病気も多くあります。

「風邪は万病のもと」という言葉があるように、糖尿病もその他の病気を併発する病気なのです。

そこで、今日は糖尿病のリスクを下げるために効果的な方法や、ヘモグロビンa1cなどについてお話したいと思います。

【スポンサーリンク】

糖尿病とは?

糖尿病とは血糖値が高くなる病気で、簡単にいうと、上手くブドウ糖を取り入れられない病気です。

糖尿病になると、ブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなり、血液の中にあふれてしまいます。

どうしてそのようになるのかといえば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが足りなくなったり、うまく細胞に作用しなくなるからです。

インスリンは、体の中で唯一血糖を下げるホルモンで、食後に血糖が上がらないように調節する働きがあります。

また、血液中のブドウ糖を体の細胞に送り込んで、エネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンに変えて、エネルギーとして蓄えておくようにする働きがあります。

ブドウ糖をコントロールしているインスリンが不足したりうまく作用しないと、ブドウ糖が細胞に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖が使えなくなってしまいます。

そのため、血糖値が上がってしまい、そして、筋肉や内臓にエネルギーが運ばれないため、全身のエネルギーが足りなくなってしまいます。

つまり、インスリンがすい臓から分泌されない、またはその量が不足している、分泌されているのに十分に作用しないなど様々な原因で慢性的に高血糖になるのが糖尿病です。

糖尿病は4つのタイプに分けられます

  • 1型糖尿病
    膵臓がインスリンをほとんど、あるいは全く作らないために体の中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる糖尿病です。
  • 2型糖尿病
    インスリンの量が不十分で起こる糖尿病と、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなるために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こる糖尿病があります。
    食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多いです。
    日本の糖尿病者の95%がこのタイプ。
  • 境界型糖尿病
    境界型糖尿病とは、血糖値が糖尿病と正常の間にある、いわゆる糖尿病予備軍とよばれるものです。遺伝子の異常やほかの病気が原因となる糖尿病。
    遺伝子の異常や肝臓・すい臓の病気、感染症、免疫の異常などの他の病気が原因となって引き起こされる糖尿病があります。また、薬品が原因となる場合もあります。
  • 妊娠糖尿病
    妊娠時に現れる糖尿病。新生児に合併症が出ることもあります。
    大きく糖尿病とくくられていますが、症状などにより4つに分けられるんですね。

糖尿病の原因とは

・1型糖尿病の原因は、遺伝や環境が原因とも言われていますが、はっきりとはわかっていないというのが現実です。

・2型糖尿病の主な原因は、内臓脂肪の増加や運動不足による肥満であるといわれています。肥満以外にも遺伝や環境、ストレス、加齢、食べすぎ、味覚障害なども原因といわれています。

 

【スポンサーリンク】

ヘモグロビンa1cとは

ヘモグロビンは赤血球の中に大量に存在する蛋白で、身体の隅々まで酸素を運搬する役割を担っております。

赤血球の寿命はおよそ120日(4ヶ月)といわれています。

赤血球はこの間ずっと体内を巡って、血管内のブドウ糖と少しずつ結びつきます。

高血糖すなわち余っている糖が多ければ多いほど結びつきが増えグリコヘモグロビン(HbA1c)も多くなるわけです。

したがって血液中のHbA1c値は、赤血球の寿命の半分くらいにあたる時期の血糖値の平均を反映します。

すなわち外来で血液検査をすると、その日から1~2ヶ月前の血糖の状態を推定できることになります。

正常値は、4.3~5.8%で、6.5%以上であればほぼ糖尿病型と判断して良いことになっています。

 

糖尿病による合併症

糖尿病の大きな問題なのが合併症です。

糖尿病による腎臓障害で人工透析を始める人も多く、また糖尿病が原因の視覚障害や糖尿病神経障害(手足のしびれ・壊疽など)が発生することもあります。

糖尿病になると、糖尿病網膜症、緑内障、白内障などの目の病気になりやすいそうです。

また、糖尿病の人は、高血圧になる可能性が高いともいわれます。それは、糖尿病と高血圧の危険因子が同じだからだと考えられています。

その他にも、高脂血症・脂質異常症ともリスク要因が重なる部分が多いため、注意が必要です。

そして、ヘモグロビンa1cが高いと動脈硬化が進み、心筋梗塞などの危険を高めると考えられます。

また、厚生労働省では、歯周病は三大合併症といわれる腎症・網膜症・神経症に次いで第6番目の糖尿病合併症であるとしています。

 

糖尿病の診断基準・数値

・空腹時血糖126(mg/dl)以上

・75グラムのブドウ糖を飲み2時間後の血糖200以上

・随時血糖200以上

・ヘモグロビンA1c6.5%以上

 

ヘモグロビンa1cの数値を下げるためには

  • 血糖値、ヘモグロビンa1cを下げるには、食生活を見直すのが一番効果が早くでるのでおすすめの方法です。

基本的にはバランスの良い食生活ということになります。

※おすすめの食材はブロッコリー、納豆、ネギ、ほうれんそう、ごぼう、鶏のささみ、青魚、海藻などです。

 

  • まずは歩くことからはじめましょう。

適度な運動は体にいいだけでなく、脳の活性化にもつながり、活力の源にもなります。

ダイエットが成功はいいこと尽くめです。

歩くこともですが、スクワットもおススメの運動ですよ(^^)

  • 数値が気になる人へのサプリメントもあります。 サプリメントは簡単手軽に摂取できるので、手軽に毎日ケアできますよね。

 

ヘモグロビンa1cを下げる方法のまとめ

いかがでしたか。

知れば知るほど糖尿病がいかに危険な病気であるかが分かりましたね。

しかし、日頃の生活を改善することや、運動をすることなどでそのリスクを下げることができるのですから、自分で予防できる病気であると言えるのではないでしょうか。

また、意識的に生活を見直したりすることも大切ですが、きちんと検診を受ける「ことも大切です!

みなさん、お身体をご自愛くださいませ☆☆

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。