ハワイに移住したい!費用やメリット・デメリットについて考えてみよう。

意外と知らない生活知識





 

お正月になると有名芸能人がこぞって訪れるハワイ。

日本人が行く観光地の第1位にいつも輝いているハワイにずっと住みたいと思っている方も多いと思います。

しかし、遊びに行ったことがあるけど、実際住むとなるとどんな生活になるのか不安に感じる人も多いと思います。

そこで、今回は『ハワイに移住するために知っておきたい費用やメリット・デメリットについて』調べてみました。

移住を考えている方は参考にしてみてくださいね。

 

【スポンサーリンク】

ハワイへの移住ってどうなの?

最近、外国へ移住する日本人が増えており、ハワイへ移住したいという人もいることでしょう。

しかし、ハワイへ移住するとなると、費用がどのくらいかかるのか、気になりますよね。

また、ハワイを移住先として選ぶメリットはどんなものがあるのでしょうか。

日本人が観光などで頻繁に足を運ぶことから、ハワイなら日本語が通じると聞くこともあります。

このようなことを聞くと、ハワイへの移住なら、言語の不安が少ないというメリットが思い浮かぶでしょう。

このようなメリットも考えられますが、反対にデメリットにはどんなものがあるでしょうか。

気になることは山積みです。

 

ハワイへの移住にかかる基本的な費用

まず、ハワイへ移住した場合にも、日本での生活と同様に生活費がかかりますが、日本とハワイとでは、物価や需給のバランスが異なるためにかかってくる費用も大きく変わります。

では、各項目ごとの大体の相場を見ていきましょう。

家賃について

家賃はいくらぐらいでしょうか。

ハワイでは、1Rで7万~12万円ほどの費用がかかります。

2DKになると、なんと20万円以上になります。

これは、高級マンションだからではありません。

むしろ、クオリティは低いものでもこの価格帯となっています。

 

食費と日用品について

ハワイは日本よりも物価が高いため、食費は日本の2~3倍ほどかかります。

日用品も1.5~2倍ほど日本よりも高くなっています。

物価の高さは、アメリカ国内でも高い方になります。

ハワイは島ですので、物資の輸送費がかかります。

ですので、ハワイでは、ほとんどの物が日本よりも高くなってしまうのです。

一方、安くなるものもあります。

それは、です。

肉は日本でもアメリカ産だと安いです。

現地であるハワイだと、さらに安くなるので、肉主体の食事になりがちです。

光熱費については、電気、水道、ガス、さらにはインターネットまで、家賃に含まれていることが多いです。

このあたりについては安心ですね。

生活費についてまとめると、ハワイへ移住した場合のトータルの生活費は、単純に日本での生活費の2~2.5倍に膨れることがわかります。

家賃も食費、日用品までもが高く、節約の余地が少ないことが予想されます。

 

【スポンサーリンク】

ハワイへ移住するメリット

さて、既にハワイへ移住する過酷さが伝わってきたと思いますが、もちろんハワイへ移住するメリットもあります。

ハワイへ移住するメリットの1つは、地震などの災害が少ないことです。

日本には無数の活断層があり、地震には常に警戒する必要があります。

一方、ハワイでは地震が起こることは、日本に比べると格段に少ないので、その点は安心です。

もうひとつのハワイへ移住するメリットは、1年を通して温暖な気候かつ湿度が低いため、快適に過ごせることです。

晴れている日は、いつも気持ち良さを感じることができます。

1年の内、晴れの日は何日もあります。

その日数分、日本にいるよりも心地よく過ごせることを考えると、とても魅力的ではないでしょうか。

 

ハワイへ移住するデメリット

ハワイへ移住するデメリットは、生活費が高くつくことでしたね。

日本での生活に比べて2~3倍です。

それ以外にもデメリットはあります。

それは、保険や医療に関わる部分です。

つまり、保険制度が日本人にとって、十分でないのです。

アメリカで市民権を獲得すれば、問題ありませんが、そうでない場合は、しっかりと老後に備えて蓄えることが必要です。

 

ハワイに移住したいについてのまとめ

ハワイでの移住生活は、とにかくお金がかかります。

老後の心配もあります。

しかし、お金の問題を除けば、日本では味わえない快適さが待っています。

ハワイへの移住に憧れているなら、それを目標に仕事も頑張れますね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。