餃子がくっつかない焼き方のコツは?ホットプレートとフライパンで気をつけることが違うの?

おいしく食べたい料理・食品知識





餃子,焼き方,コツ,くっつかない,ホットプレート,フライパン

 

餃子は冷凍のものも販売されているので、手軽に食べられる料理の1つとなっています。

もちろん家庭で手作りをするのも楽しいので、餃子を作るのが好きな人も多いかと思います。

しかし、餃子は焼くのが難しくて失敗してしまう場合もあります。

そんな焼き方を失敗しやすい餃子には、くっつかないコツがあります。

そのコツはホットプレートとフライパンによって気を付ける点が異なります。

そこで餃子の焼き方やくっつかないコツについてまとめました。

ホットプレートとフライパン別にまとめたので、餃子を焼く時の参考にしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

目指すはお店のような餃子!

餃子は家庭でも作れる料理です。

特に子どもがいる家庭では、楽しみながら一緒に料理する事ができます。

そしてお肉を使った料理なので、子どもも好きな料理の1つです。

そんな餃子は焼き方によって、美味しさが変わってしまいます。

家庭では焦がしてしまったり、くっついてしまう場合が多いです。

餃子が焦げてしまったり、くっついてしまうと1個ずつにする時に皮が破れてしまう事があります。

餃子の皮が破れてしまう事で中に詰まっていた肉汁が出てしまいます。

肉汁は旨味がたっぷり入っているので、旨味が減ってしまう事になります。

肉汁がなくても美味しいのですが、肉汁が入っている事でより美味しく食べる事ができます。

お店で食べる餃子は、外側がパリッとしていて中には肉汁が詰まっています。

その為、お店で食べる餃子は家庭で作った餃子よりも美味しく感じるようになっています。

つまり家庭で餃子を作る際には、お店のような餃子を目標にする事が多いかと思います。

家庭でも焼き方のコツを掴む事で、お店のような外側がパリッとしていて中に肉汁が詰まった餃子を作る事ができます。

是非、美味しい餃子を家庭で作ってみてください。

 

作る時にも気を付ける点があります!

餃子を美味しく焼くには、作っている時にも気を付ける点があります。

その気を付ける点とは水分です。

餃子はお肉以外にもニラやキャベツ、白菜などの野菜を入れます。

これらの野菜は切った後に水分を絞るようにしているかと思います。

しかし、それでは十分に水分が絞れていない場合があります。

水分がしっかりと絞れていないと、餃子の皮が水分を吸って柔らかくなってしまいます。

餃子の皮が柔らかくなってしまう事でお店のような餃子を焼けなくなってしまいます。

お店のような餃子を焼くためにも、中に入れる野菜は塩で軽く揉んでから水分を絞るようにしてみましょう。

そして、しっかりと水分を絞ってからお肉と混ぜてみましょう。

お肉と混ぜる時はお肉が白っぽくなるまで混ぜましょう。

十分に混ざった後には、冷蔵庫で寝かせます。

冷蔵庫で寝かせる事でお肉が固まりやすくなるので、皮に詰めやすくなります。

美味しく焼きあげる為にも、ひと手間加えながら作るようにしてみましょう。

餃子,焼き方,コツ,くっつかない,ホットプレート,フライパン

 

ホットプレートで焼く場合

餃子を自宅で作った場合には、フライパンで焼く事が多いかと思います。

しかし友達同士で集まった時や餃子パーティーを行った際には、人数が多いのでホットプレートで焼く事もあるかと思います。

そのような時には、みんなで楽しく焼きながら美味しい餃子を完成させたいと思うと思います。

ホットプレートでもコツを掴む事で美味しく焼き上げる事ができます。

 

ホットプレートで焼く時のポイント

  • ホットプレートを十分に熱する
  • 餃子同士を離して並べる
  • 設定温度を最高温度に戻し全体に行きわたる程度の熱湯を注ぐ
  • 蓋を閉めて蒸し焼きにする

 

① ホットプレートで焼く場合には、ホットプレートを十分に熱する必要があります。

ホットプレートを最高温度に設定して、しっかりと温めるようにしましょう。

ホットプレートが温まったら、全体にサラダ油やごま油を敷きます。

この時、ホットプレートを保温状態に設定して一度温度を均等にするようにしましょう。

 

② 作った餃子を並べていきます。

くっつかないように作りたい場合には、餃子同士を離して並べるようにしましょう。

餃子を並べ終わったら、設定温度を最高温度に戻します。

 

③ 全体に行きわたる程度の熱湯を注ぎます。

熱湯を注ぐ事でホットプレートの温度を下げる事なく餃子を焼く事ができます。

その為、餃子を綺麗に焼き上げる事ができるようになります。

 

④ 熱湯を注いだ後はホットプレートの蓋を閉めて蒸し焼きにします。

熱湯がぐつぐつとしている音がしなくなったら、蓋を開けてみましょう。

餃子の皮が半透明になっていたら焼き上がりのサインです。

お湯が残っている場合には、蓋を開けたままにして水分を飛ばしましょう。

 

そして、最後に餃子にパリッとした焼き目をつけます。

全体的にサラダ油やごま油を回し入れて様子を見ながら加熱しましょう。

美味しそうな焼き目がついたら完成です。

 

【スポンサーリンク】

フライパンで焼く場合

フライパンで焼く場合にも、ホットプレートと同様に十分に熱してから焼く必要があります。

そして、フライパンはホットプレートよりもくっつきやすくなります。

 

フライパンで焼く時のポイント

  • 油の量は少し多めに入れる
  • 中火で焼き目を作る
  • 熱湯を注ぎ、弱火で蒸し焼きにする
  • 最後に、強火で水分を飛ばす

 

① くっつきにくくする為にも油の量は少し多めに入れるようにしてみましょう。

油を敷いたら、餃子を並べていきます。

 

② 中火で軽く焼き目をつけます。

焼き目がついたら、全体に行きわたる程度の熱湯を注いで蓋をします。

 

③ 弱火にして蒸し焼きにします。

熱湯のぐつぐつという音が聞こえなくなってきたら、蓋を開けてみましょう。

 

④ 餃子の皮が半透明になっていたら、強火にして残っている水分を飛ばします。

水分が飛んだら、サラダ油かごま油を回し入れてパリッとした焼き目をつけます。

 

これで完成です。

 

餃子の焼き方のまとめ

餃子は冷凍のものも販売されているのですが、楽しく作る事が出来るので家庭でも作る事があると思います。

特に子どもがいる家庭では、子どもと一緒にお手伝いをして楽しむ事ができるので人気のある料理の1つです。

しかし、家庭で餃子を作った場合には焼く時に失敗してしまう事が多いです。

そんな焼き方が難しい餃子も、コツを掴む事で上手に焼き上げる事ができるようになります。

まず餃子を家庭で上手に焼くには、作っている時から気を付ける点があります。

それは水分をしっかりと絞る事です。

餃子に使用する野菜はニラやキャベツ、白菜などの野菜です。

これらの野菜は水分が多いので、お肉と混ぜた後にも水っぽくなってしまう可能性があります。

水っぽくなってしまうと上手に焼き上げられなくなってしまうので、水分をしっかりと絞ってからお肉と混ぜるようにしましょう。

そして餃子を焼く際には、ホットプレートやフライパンを使用します。

どちらで焼く場合も、しっかりと温める事が重要なポイントとなっています。

十分に温めてから焼くようにしましょう。

そして、蒸し焼きを行う際には熱湯を入れる事でホットプレートやフライパンの温度を下げる事なく行えるようになります。

餃子を焼く前に熱湯を準備するようにしましょう。

蒸し焼きが行えた後は、皮をパリッと焼き上げる為にサラダ油やごま油を回し入れて仕上げに焼く事をおすすめします。

家庭で作った餃子もコツを掴む事でお店で出てくるような餃子へと仕上げる事ができます。

是非、お店のような餃子を作ってみてください。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。