美味しいぶどうの見分け方と美味しく食べるための保存方法とは?





ぶどう,美味しい,見分け方,保存方法

 

 

みなさんはブドウが好きですか?最近では、ぶどうも年間を通してスーパーで見ることができるようになりました。

ぶどうが旬の季節には、ほとんどが国産のぶどうが売り場に並びますが、旬でない時期には外国産のぶどうが並びます。

しかし、日本には四季があり、ブドウにも旬と言われる時期があります。

本当に美味しいと思える時期に食べたいと思うのは日本人ならではではないでしょうか。

また、美味しいぶどうは種類も豊富で、家庭の食卓にデザートやおやつとして登場するとパッと豪華になりますよね☆

そんなぶどうを子ども達も大好きです!

お弁当のデザートに入れると喜んでくれます(^^)

ぶどうには巨峰、マスカット、デラウェア、種無しぶどう・・・などなど 色々と種類がありますが、みなさんはぶどうを買う際にどうやって選んでいますか?

色がキレイ、ツヤがある、実が大きいなど、選び方もいろいろだと思います。

そこで、今回は美味しいぶどうの見分け方と美味しく保存する保存方法についてお話していきたいと思います。

【スポンサーリンク】

ぶどうの旬っていつ?

ぶどうの品種はとても多く、国産のぶどうの品種だけでも約50種類ほどあります。

品種によって旬な時期がさまざまですが、今日はその中でも有名な品種の美味しい旬の時期についてご紹介します♪

 

・マスカット 9月~10月中旬  ・巨峰 8月~10月初旬

・デラウェア 7月~8月  ・ベリーA 8月下旬~10月上旬

・ピオーネ 8月~10月上旬  ・シャインマスカット 8月~9月

 

品種によって時期は異なりますが、多くのぶどうが初夏から旬を迎えるようですね☆(^^)

 

美味しいぶどうの見分け方とは?

美味しいぶどうを選ぶポイントは・・・

色が濃く、表面に張りがありブルームと呼ばれる白く粉をふいたような物が付いているものを選んでください。

房の色が緑で、切り口が新しい物を選んでください。

ぶどうの実が房からぽろぽろと取れている物があれば、それは鮮度が落ちているという事なので、買うときにはチャックしてみてください。

また、実がびっしりと隙間なく付いているものを選んでください。隙間が沢山あるものは避けたほうがいいです(>_<;)

【スポンサーリンク】

ぶどうを美味しく保存する保存方法とは?

房のままの場合は、なるべく実に負担がかからないよう一房ずつ乾燥しないよう袋などに入れ、野菜庫に入れます。

水に浸けると傷みが早くなるので、洗うのは食べる直前にしてくださいね!

房のままでなくても良いなら、実を一粒一粒バラバラに切り離しジップロックなど密封袋に入れて野菜庫に入れてください。

切り離す時に、枝から引きちぎると、実の枝が付いていた部分に穴があき、果汁がにじみ出て傷みを早めてしまいますので、実を傷つけないようハサミで枝を2~3ミリ程実側に残して切り落としてください。

こちらも同様に、洗うのは食べる直前にします!

 

ぶどうは冷凍保存もできる?!

実はぶどうは冷凍保存することもできるんです(^^)

冷凍する場合は、実を一粒一粒バラバラにして保存方法するやり方と同じで、その密封袋に入れたまま冷凍するだけです。

食べる時は食べる分だけ取り出し、さっと水洗いをすれば表面だけ溶け、皮が剥きやすくなり、シャルシャリしたシャーベットのように食べられます。

また、解凍しきっても、枝の付け根がちゃんと蓋をしてくれているので果汁の流失も最小限に抑えられますよ。

 

ぶどうの耳より情報♪

普通に食べるだけでも美味しいぶどうですが、実はすごいパワーを持っているんです!

ぶどうの主成分の糖質は、ぶどう糖と果糖で、その他多量の酒石酸やクエン酸を含んでいます。

ビタミンは、A,B1,B2,Cなどが含まれており、カリウム、リン、カルシム、鉄分などのミネラルも豊富に含まれています。

ぶどうは、疲労回復や病中病後の栄養補給にもってこいの果物なんです!

主成分であるぶどう糖は、体内に入ってすぐにエネルギー源となります。

その昔、ヨーロッパでは「畑のミルク」といわれていたほどです。

育ち盛りの子供や妊婦にも、ぶどうの生食やぶどうジュースはおススメです☆

干しぶどうは糖分が多く、栄養価が高い食品ですので、子供のおやつには最適ですよ。

同時に鉄分も多く含むので、毎日適量を食べると、貧血の改善に効果があります。

つまり、老若男女のみなさんの健康にとって優れた食べ物ってことですよね!

 

 

いかがでしたか?

ぶどうはフレッシュなままでも、干したレーズンでも健康に良い食べ物です(^^)

ぶどうの美味しい選び方や美味しく保存する保存方法で、今までよりももっと美味しく召し上がってみてくださいね☆

 

 

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。