ゴールデンエイジの期間に子供させたいスポーツやトレーニングとは?





子供を持つ人の多くは、子供に健康で元気に成長して欲しいと願っています。

そのため子供にスポーツやトレーニングを積極的にさせている人が増えてきています。

そして実は、子供には運動神経が著しく発達する時期が存在します。

その時期を「ゴールデンエイジ」と言います。

このゴールデンエイジの時期に、スポーツやトレーニングをさせることで子供の運動神経をさらに発達させることができます。

そこでゴールデンエイジにおすすめのスポーツやトレーニングについてまとめました。

子供の運動神経を発達させたいと考えている人は参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

ゴールデンエイジとは?

子供はあっという間に成長します。

特に産まれてから約1年の間は、1人で座ることすらできなかった赤ちゃんが歩くまでに成長します。

そのため子供を持つ人の多くは子供の成長は早いと感じるものです。

子供は好奇心が旺盛なため、気になったものや気になったことに興味を持ちチャレンジします。

このチャレンジする姿勢は、大人にはあまりないものなので見ていて心配になったり、心配のし過ぎでチャレンジさせないようにする人もいます。

しかし好奇心から色々なことにチャレンジすることで、身体面や精神面で大きく成長していきます。

特に子供の運動神経が著しく発達する時期はゴールデンエイジと呼ばれていて、この期間にスポーツやトレーニングをさせてさらに運動神経を発達させたいと考えている人もいます。

実はゴールデンエイジの期間にスポーツやトレーニングをした子供の多くは、運動に対する応用力が身についています。

そのため、大人になっても運動神経が良くて活発な場合は多いです。

つまり子供の頃に発達した運動神経は、大人になっても役立つのです。

ゴールデンエイジという大事な期間には積極的にスポーツや運動をさせて、運動に対する応用力を磨いてあげるようにしましょう。

そして子供が健康で元気に成長していけるようにサポートしましょう。

 

ゴールデンエイジの期間はいつ?

ゴールデンエイジの期間は一般的に3〜14歳と言われています。

そのため3〜14歳の期間に、運動神経がより一層発達するようにサポートしていく必要があるのです。

しかし、最近では持ち運び型のゲーム機やスマートフォンを利用してゲームを頻繁にしている子供が増えています。

身体を動かして運動神経や運動に対する応用力を身につける大事な時期に、ゲームをしていて身体を動かさないと発達することができなくなってしまいます。

つまり持ち運び型ゲーム機やスマートフォンの普及が増えてきてから運動が苦手という子供が増えているのです。

そして、子供のゴールデンエイジを大事にするためにゲーム機やスマートフォンを絶対に買い与えないと決めている人も増えています。

しかし子供の世界にも社会は存在しています。

そのため絶対にゲームを買い与えないなどの決まり事を作ってしまった場合には、子供が周囲の子と一緒に遊べなくなってしまったり、馴染めなくなってしまったりします。

子供同士のコミュニケーションを取らすためにゲーム機やスマートフォンを買い与える場合には注意しましょう。

そしてゲーム機やスマートフォンを買い与えた場合には、身体を動かすこともさせながらメリハリのある生活を送らせるように心掛けましょう。

 

【スポンサーリンク】

どんなスポーツやトレーニングがおすすめ?

ゴールデンエイジは子供の運動神経が発達しやすい時期です。

そのため、他の子供よりも運動神経を発達させたいと考えている人は子供に特別なスポーツやトレーニングをさせようと考えます。

しかし、実はゴールデンエイジに特別なスポーツやトレーニングは必要ないのです。

というのも、子供には吸収力や好奇心があります。

そのため、身体を動かす様々な遊びをさせることで自然と運動神経を発達させることができるからです。

つまりゴールデンエイジの時期に運動神経を著しく発達させたい場合には、積極的に身体を動かす遊びをさせる必要があるのです。

もちろん、他の子よりも運動神経を発達させたい場合には工夫が必要です。

例えばバランス感覚を養いたい場合には、少し不安定な足場を用意します。

そしてその上を歩かせたり、片足立ちをしてもらいます。

不安定な足場で体勢を維持するには身体の筋肉やバランス感覚を使うので、自然とバランス感覚が養われます。

他にも鬼ごっこやだるまさんが転んだなどの遊びは走る能力だけでなく、動作を止める能力、判断力などが養われます。

そのため俊敏さも身に着けることができるのです。

他にも、木登りはバランスを保ちながら手足を動かして上っていくので、腕や足の筋力を発達させることができます。

そして掴まる位置や足を乗せる位置を考える必要があるので、身体だけではなく頭も使います。

考えながら身体を動かす練習になるのでチャレンジさせてみましょう。

他にも身体を動かす遊びをさせることで運動神経を発達させることはできます。

積極的に身体を動かす習慣をつけさせてあげましょう。

 

子供の運動神経を発達させる際の注意点

子供の運動神経を発達させたいからとゴールデンエイジのときに積極的にスポーツやトレーニングをさせている人が増えています。

もちろんスポーツやトレーニングも子供の運動神経を発達させることができるので良いことです。

しかし、この時期に注意しなければいけないこともあります。

 

まず1つ目の注意点は、子供の積極性を認めてあげることです。

子供は好奇心が旺盛なので、自分もチャレンジしたいという意欲があります。

そのため周囲の子がやっていることを真似して、できるようになろうと練習することがあります。

もちろん中には危険なことにチャレンジしてしまう子もいます。

しかし危険なことを全て禁止してしまった場合には、積極的にチャレンジしなくなってしまう可能性があります。

全てを禁止にするのではなく、見守りつつ安全にチャレンジできるような環境作りをしてあげるようにしましょう。

 

そして2つ目の注意点は、強制をしないということです。

子供は自由に遊ぶことを好みます。

そのため遊びの内容を決められてしまうと、楽しむことができません。

身体を動かす際に子供が楽しめないと上手に運動神経を発達させることができません。

身体を動かすことを強制するのではなく、楽しみながら身体を動かせるような工夫をするようにしましょう。

 

そして3つ目の注意点は怪我についてです。

子供の性格にもよるのですが、怪我をしてしまった場合には恐怖心が芽生えてしまうことがあります。

恐怖心が芽生えてしまった場合には、スポーツやトレーニング、身体を動かす遊びをしたがらなくなってしまう可能性があります。

子供が大きな怪我をしないように見守るようにしましょう。

そして、もし大きな怪我をしてしまった場合には安心感を与えるように心掛けましょう。

 

ゴールデンエイジにおすすめなスポーツについてのまとめ

ゴールデンエイジとは、子供の運動神経が著しく発達する時期を言います。

そして、そのゴールデンエイジは一般的に3〜14歳頃と言われています。

この時期には運動神経が発達しやすいので、積極的に身体を動かす必要があります。

しかし身体を動かす必要があるからと言って、特別なスポーツやトレーニングをさせる必要はありません。

子供には吸収力や好奇心があるので、身体を動かす遊びから自然と運動神経を養っていきます。

積極的に身体を動かす遊びをさせるようにしましょう。

そして身体を動かして遊ばせる場合には、子供が楽しんで行う必要があります。

子供が楽しめるような工夫をしたり、遊ぶ内容を強制しないなど楽しんで身体を動かせるような環境を作るように心掛けましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください