ひな祭りの由来を簡単に子どもへ説明できますか?

意外と知らない生活知識





ひな祭り,由来,簡単,子ども向け

 

ひな祭りは女の子の節句として3月3日に行われるものです。

しかし、どんな由来や起源があるのか分からない人も多いです。

その為、由来や起源を知らないままお祝いしてきた人もいるかもしれません。

今年はひな祭りの由来起源を知った上でお祝いしてみましょう。

そしてひな祭りのお祝い料理についても知って、子どもに教えてあげましょう。

【スポンサーリンク】

 

 

ひな祭りの由来は?

平安時代に紙を人型にしておままごとのようにして遊んだ記録があります。

そして、この頃は人型に切った紙などに災いの身代わりをしてもらっていました。

身代わりをしてもらう為に、人型に切った人形に触れて、川などに流すものでした。

この身代わりになってもらうというものこそが、現在のひな祭りに繋がっています。

現在のひな祭りは、女の子の初節句にはひな人形を用意してお祝いをします。

そしてお祝いをする女の子の健康や幸せを願います。

その幸せの為に、雛人形に災いの身代わりをしてもらう意味があります。

ひな人形を飾って、健康や幸せを願ってみましょう。

そしてひな人形は、ひな祭りが終わったらすぐに片付けなければ「お嫁に行き遅れてしまう」と言われています。

その為、子どもがお嫁に行き遅れないように早く片付けると思います。

しかし、ひな人形は湿気に弱いです。

片付ける際は湿気の多い雨の日などは避けましょう。

そして、これからも大事に飾っていくものなので、湿気の少ない場所で保管するようにしましょう。

保管する際はひな人形と一緒に防カビ剤が配合された防虫剤を入れておく事をオススメします。

 

ひな祭りの起源は?

ひな祭りの起源は様々な説があります。

その為、どの説が正しいのか詳しい事は知られていません。

一説では、平安時代に「ひいな遊び」という遊びが行われていたと記録されています。

この「ひいな遊び」は、紙などを人型に切っておままごとのようにする遊びとして行われていました。

この遊びこそが、ひな祭りの原型と言われています。

そして、このひな祭りの原型の遊びは、江戸時代になると遊ぶためのものではなく観賞用として変化していきました。

観賞用としてひな人形を楽しむようになると、少し豪華なひな人形が作られるようになりました。

こうして観賞用のひな人形が徐々に豪華になりながら、現在のひな人形としてひな祭りの文化が残っています。

 

【スポンサーリンク】

子どもの為にひな祭りにできる事

ひな祭りは女の子にとって楽しいイベントの1つです。

可愛いひな人形を飾って、カラフルで可愛いひなあられやハマグリのお吸い物を食べます。

このひな祭りに食べるお祝いの料理には、それぞれ意味が込められた大事なものです。

ひな祭りの代表的な料理の1つにハマグリのお吸い物があります。

ハマグリの貝は、ピッタリと合う形のもので対になっています。

このピッタリと合う形は、仲の良い夫婦として見立ててあります。

子どもが将来、1人の人と添い遂げられるようにとの願いが込められています。

そしてひな祭りと言ったら、ひなあられです。

ひなあられは、ピンク、緑、黄色、白の4色で作られています。

この4色は四季を表しています。

どんな季節の時期も幸せで居られますようにとの願いが込められているお菓子です

そして菱餅も、ひなあられ同様にカラフルのものです。

そんな菱餅は、緑に長寿や健康、白に清浄、ピンクに魔除けの意味が込められています。

女の子の健康や幸せを願うものとなっています。

この他のお祝い料理も女の子の健康や幸せを願ったものとなっています。

子どもにお祝い料理に込められた願いを教えてあげながら、食べ物でお祝いをしながら子どもの健康や幸せを願いましょう。

そして昔からあるひな祭りの文化を子どもに教えて大切にしていきましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。