義理チョコの相場や渡し方を知って、上司や同僚への気疲れを軽減しよう

意外と知らない生活知識





義理チョコ,相場,渡し方,上司,同僚

 

バレンタインデー時期になると、本命チョコの他に義理チョコについても考えなくてはいけません。

普段、お世話になっている上司や同僚に感謝の意味を込めて渡したいと思う人が居ます。

しかし義理チョコの相場を知らないと、いくらぐらいのものを渡したら良いのか悩んでしまうと思います。

さらに上司や同僚にはどんな渡し方をすれば良いのかという事も悩んでしまうと思います。

そこで『上司や同僚に渡す義理チョコの相場や渡し方』についてまとめました。

参考にしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

義理チョコの相場

義理チョコとはいえ、上司や同僚に渡すので値段を気にすると思います。

あまり安すぎても失礼になりそうですが、高価なチョコをたくさん買うのは負担が大きいので避けたいものです。

実は、もらう側の気持ちとしては高価なチョコは避けて欲しいものだったりします。

高価なチョコは美味しいので嬉しいのですが、ホワイトデーのお返しが大変なので困ってしまう人が多いです。

ホワイトデーのお返しは既婚者男性の場合は奥さんが購入する場合が多いので、奥さんが嫌な気持ちになってしまう場合もあります。

さらに高価なチョコは義理チョコではない気がしてしまい、勘違いしてしまう人もいます。

勘違いされてしまう事で、個人的に誘われたりして困った事態になってしまう可能性もあります。

その為、総合的に考えると高価なチョコは避けた方が良さそうです。

上司や同僚に義理チョコを渡している人の平均金額を調べてみると500〜1000円のものを渡している人が多いです。

平均金額ぐらいの義理チョコを渡すのが良いかと思います。

 

義理チョコの渡し方

義理チョコを渡す際は、どのように渡そうか悩んでしまうと思います。

1人1人に空いている時間に渡す人がいるのですが、この方法だと渡し忘れてしまう場合もあります。

さらに周りに人がいない状態で渡すと、好意があるから自分にだけくれたのでは?と勘違いしてしまう人もいます。

勘違いされない為にも昼休みが始まった頃や終わる頃など、全員が集まっている時に渡すのが良いです。

そして渡し忘れがないようにする為に、上司から順に渡していくと良いと思います。

大人数に渡す場合には渡す人のリストを作成しておいて、渡した人にはチェックしていくなど工夫をするのも良いかと思います。

他の女性社員も渡す場合には、一緒のタイミングで渡すように計画するのも1つの策です。

周囲の人と相談しながら、どのように渡すのが1番良いのか考えて渡すようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

上司や同僚に義理チョコを渡す際のポイント

上司や同僚に義理チョコを渡すのは、いつもお世話になっている感謝の気持ちを伝える為です。

しかし感謝の気持ちを伝える為に渡すのですが、もらった人の中にはチョコをもらった事で勘違いしてしまう人がいます。

勘違いをされないように工夫をしてチョコを渡す必要があります。

渡すチョコは買う際に見本を見て、ハートの形ではないか確認しましょう。

そして、特別感のないラッピングがされているものが良いです。

ラッピングもしっかりと見て決めましょう。

渡すチョコを購入した後は、簡単なメッセージをメモに書いてみましょう。

メッセージは好意があると受け取られないように、いつもお世話になっているという事と感謝の気持ちを書くようにしてください。

少しでも好意があると受け取れる言葉があると良い方に捉えてしまう人がいるので、注意しましょう。

 

義理チョコの渡し方や相場のまとめ

上司や同僚に義理チョコを渡す際は、普段の感謝の気持ちを伝える為です。

義理チョコの値段は、平均金額程度のものを購入して渡すようにしましょう。

そして勘違いされてしまうと困った事態に発展してしまう可能性があるので、渡し方には注意しましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。