足の小指の骨折は症状が悪化する前に早く治療しよう!





足の小指,骨折,治療,放置,歩ける

 

歩いている時に足の小指をぶつけて痛い思いをした事があるかと思います。

足の小指もぶつける事で赤くなってしまったり、腫れてしまう場合があります。

実は足の小指は骨折をしてしまう可能性が高い部位でもあります。

しかし痛みがあっても骨折をしたと気付かずに放置してしまう人もいます。

骨折を放置してしまうと、症状として元通りに骨がくっつかない場合もあります。

元通りに骨がくっつかない事で、様々な症状に悪化してしまう可能性もあります。

骨折をしてしまった場合には、早く治す為にも病院で診察を受ける必要があります。

そこで病院を受診する目安についてまとめました。

早く治す為にも病院を受診して、しっかりと治療しましょう。

 

【スポンサーリンク】

足の小指は骨折しやすい!?

足の小指は、外側にあるので歩いている時にぶつけやすい部位です。

生活し慣れている自宅の中でも、疲れている時などにはぶつけてしまい痛い思いをした経験があるかと思います。

足の小指をぶつけた時にはとても痛いのですが、打撲だけでなく骨折をしてしまう人もいます。

ぶつけやすい部位なので、骨折をする人が多い部位でもあります。

足の小指はぶつけた時には赤く色が変わってしまったり、腫れてしまう事があります。

赤さや腫れが落ち着けば問題はないのですが、赤紫色に変色して打撲の状態になってしまったり、いつまでも腫れが引かず痛みを伴ってしまう場合もあります。

この場合には苦痛も伴うのですが、大丈夫だと思って放置してしまう人もいます。

足の小指の骨は小さいので骨折しないと思っている人が多いからです。

しかし骨が小さくても骨折はします。

その為、ぶつけてしまった場合や物を落として腫れてしまった場合には骨折の可能性があるので注意が必要です。

 

骨折したか分からない場合

足の小指をぶつけってしまったり、落とした物が当たってしまった場合には赤みや腫れを感じる場合があります。

しかし、赤みや腫れ、痛みがあっても歩ける場合には骨折していないと自己判断してしまうと思います。

そこで骨折したか判断する基準についてまとめました。

骨折をした場合には、打撲と同じように色が変わってしまったり、痛みが続きます。

その為、打撲だと思って放置してしまう人が多いです。

しかし打撲は1週間ほどすれば赤みや腫れなど落ち着いてきます。

もし1週間ほど経っても赤みや腫れ、痛みが落ち着かない場合には骨折の可能性が高いです。

骨折の可能性がある場合にはすぐに整形外科を受診しましょう。

そして、もし骨折の可能性がある場合には応急処置を行うと少し楽になります。

骨折をしてしまった時に応急処置が行えるように、覚えておく事をオススメします。

まず骨折をしてしまった場合には、痛みや腫れなどがあります。

その痛みや腫れは冷やす事で緩和する事が可能です。

保冷剤や氷などを使用して冷やしてみましょう。

そして可能であればテーピングなどを行って固定するのも良いです。

テーピングなどで固定する場合には、あまり強く固定しすぎないように注意しましょう。

痛みや腫れがあっても歩けるので、普段通りに生活する人もいます。

しかし小指に負担をかけない為にも安静にして過ごすようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

骨折を放置した場合

骨折をしたか分からない場合には放置してしまう人もいます。

しかし足の小指の骨折を放置してしまった場合には、元通りにくっつかない場合もあります。

元通りにくっつかない事で痛みが残ってしまったり、変な形でくっついてしまう可能性もあります。

痛みが残ってしまった場合には、この先も痛みが続いてしまう場合もあります。

そして足の小指が変な形でくっついてしまった場合には靴を履くと痛みを感じてしまったり、歩く時に痛みを感じてしまう事もあります。

それだけでなく痛みがある場合には、歩く時に足をかばう癖がついてしまう事もあります。

歩き方に癖がついてしまうと、その癖を治すのにも苦労します。

足の小指を骨折した場合には、痛みが続いてしまう可能性もあるので早く整形外科を受診することをオススメします。

 

病院で治療して早く治そう

骨折をしている可能性がある場合には整形外科を受診する必要があります。

医師が腫れなどを確認したあとにレントゲンを撮って骨折を確認します。

骨折の確認ができた場合には、医師が固定をしてくれます。

しっかりと固定してもらう事で、少し楽になると思います。

骨折の状態にもよるのですが、2〜3週間ほどで治る場合が多いです。

痛みがあるので苦痛がありますが治るまでは安静に過ごしたり、小指に負担がかからないように過ごすように心掛けましょう。

足の小指,骨折,早く治す,放置,歩ける

 

足の小指の骨折を早く治すためのまとめ

足の小指は歩いている時にぶつけてしまったり、物を落としてしまったりすることで痛みや腫れを感じる事があります。

打撲の場合には1週間ほどで落ち着くのですが、1週間以上経っても痛みや腫れが落ち着かない場合には骨折の可能性があります。

骨折の可能性がある場合には、応急処置を行う事で痛みや腫れを緩和する事が可能です。

足の小指をぶつけたりして痛みや腫れがある場合には、冷やしたり、固定したりして安静に過ごすように心掛けましょう。

そして足の小指は骨が小さいので骨折しないと思っている人もいるのですが、骨が小さくても骨折はします。

その為、骨折を放置してしまうと後々大変な事になってしまいます。

その大変な事とは痛みが続いてしまったり、骨が元通りにくっつかない事で靴を履くと痛みを感じるようになってしまう場合もあります。

一度、骨が違う状態でくっついてしまうと、これから先もそのままになってしまいます。

その為、長期間で痛みが続く可能性もあります。

痛みを感じない為にも、骨折の疑いがある場合には整形外科を受診するようにしましょう。

整形外科では、医師が腫れなどを確認してくれます。

そして確認をした後にレントゲンなどで骨折の状態を確認します。

そのあとに、しっかりと固定をしてもらえます。

しっかると固定してもらう事で少し楽になります。

骨折の状態にもよるのですが、2〜3週間ほどで治る場合が多いです。

治るまでは小指に負担を掛けないように気をつけながら安静に過ごすようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。