海水浴はクラゲやサメなどの危険生物に気をつけて!

意外と知らない生活知識





海水浴,クラゲ,サメ,危険,生物

 

暑い時期の海水浴は気持ちが良いですよね!

ですが、海水浴を楽しむ前に海には危険な生物が潜んでいることも念頭に置きたいですね。

特に、遭遇しやすいクラゲ・襲われると大ピンチのサメ・命の危険性があるオコゼには要注意です。

…要注意といわれても、どのように注意したら良いのか解りにくいですよね。

まずは危険な生物であるサメ・クラゲ・オコゼの生態について知っておきましょう。

また万一、刺されたり遭遇した時に攻撃を防いだり対処すべき方法をご説明いたします。

 

【スポンサーリンク】

遭遇しやすいクラゲ!対処法は?

一口にクラゲといっても何種類もいます。

海水浴場で遭遇しやすいクラゲや刺されたら命の危険があるクラゲについて焦点をあててご紹介いたします。

 

  • アンドンクラゲ

刺されると物凄く痛く激痛が走り、ミミズ腫れのような跡が残ります。

命の危険度は低いですが遭遇しやすいので気をつけましょう!

 

  • カギノテクラゲ

浅瀬で岩場の海藻が茂る場所に多く生息しているのでなるべく近付かないようにしましょう。

刺された場合、激痛が走る他1〜2時間後にカギノテクラゲの神経毒が全身に回る可能性があるのですぐに病院へ!

 

  • その他・カツオノエボシ・ハブクラゲ

アンドンクラゲやカギノテクラゲの他にカツオノエボシクラゲ・ハブクラゲが生息しています。

ハブクラゲは沖縄に生息していますが、今回ご紹介したクラゲは温暖化や異常気象の影響を受け、どこの海岸にも出没すると考えたほうが良いでしょう。

クラゲにさされないようにするためには、全身を覆う水着を着る他、クラゲ除けネットのある海岸を泳ぐようにしましょう。

万一刺された場合は、刺さったクラゲの触手を軍手やタオル越しに引き抜き『海水で』洗いましょう。

真水で洗うと、毒の回りが早くなるので避けてください。

そしてすぐに皮膚科へ向かうか、救急車をよんでください!

 

【スポンサーリンク】

襲われたら危険!サメについて

サメは近年、日本海での遭遇率が増えています。

特に凶暴なサメはアオザメ・イタチザメ・ホオジロザメです。

対サメとの事故要因は、人間をアシカなどと勘違いして噛み付くということが多いです。

サメは物凄く嗅覚が敏感で特に、血の匂いに対しては恐ろしいほど嗅ぎ分けることができます。

サメに遭遇し、アシカなどと間違えられて襲ってきた場合はサメの鼻を思いっきり蹴るとサメが混乱するので、その隙に逃げましょう!

遭遇したときに慌ててバシャバシャと泳ぐとますますアシカと誤解されやすくなるので気を付けてください!

 

岩のような見た目!オコゼについて

オコゼは、岩のような見た目をしている上にヒレの先に毒のある棘を持っています。

この棘に刺されると激痛が走り血が噴き出します。

浅瀬の海岸にも出没しているので岩には触らないほうが無難です。

万一オコゼに刺された場合、オコゼの毒は蛋白質で出来ているので45度以上のお湯で消毒すると毒の回りが緩やかになります。

ただし、お湯を沸かせる環境下でない場合はすぐに病院へ!

 

危険といわれる海の生物も生きるのに必死

サメはともかく、外敵から見を守るために必死な海の生物は他にもたくさん生息しています。

前以って知識をつけておくことで、安全に海水浴ができます。

海には地上と違って、気になる生物がたくさんいますが、時として身を守るための攻撃をしてくることがあるので充分気をつけましょう!

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。