電子タバコの副流煙の害とは?子供や妊婦に影響はないの?

意外と知らない生活知識





電子タバコ,副流煙,害,子供,妊婦,害,マナー

 

様々な電子タバコが販売されるようになった影響で、タバコを止めて電子タバコを吸っている人が増えてきています。

従来のタバコは副流煙に含まれる成分によって子供や妊婦に悪影響を与えてしまうと言われてきました。

しかし、電子タバコの副流煙による害や影響について詳しく知っている人は少ないかと思います。

実は電子タバコの種類によって、副流煙の害は異なります。

そこで電子タバコの種類や副流煙による害や影響についてまとめました。

電子タバコを吸う場合には、副流煙による害や影響について知っておきましょう。

そして、喫煙マナーを意識しながら過ごしていただけたらと思います。

 

【スポンサーリンク】

電子タバコとは?

電子タバコを吸っている人を見かける事が多くなりました。

しかし電子タバコがどんなものなのか詳しく知らない人も多いかと思います。

そんな電子タバコは、タバコの形に似せたものや専用のスティックを入れて吸うものなどがあります。

どちらも火を使わずに使用できるものとなっています。

仕組みは、加熱を行って水蒸気化したものを吸うように作られています。

タバコ風味やフルーツ風味など様々な風味のものが販売されている為、水蒸気化したものを吸っても満足感が得られやすくなっています。

 

電子タバコには様々な種類があります。

多くの喫煙者が使用し始めた電子タバコには様々な種類が存在します。

例えば、見た目が完全に煙草に近いものや専用のスティックを購入してセットするタイプのものなどがあります。

タバコ風味やミント風味、フルーツ風味など様々な風味のものが販売されています。

その為、タバコの代わりに吸っている人も増えてきています。

しかし実は専用のスティックを購入して吸うタイプのものは、厳密には電子タバコではありません。

これは電子タバコではなく、タバコの葉を電気で加熱して吸う道具なのです。

その為、専用のスティックを購入して吸うタイプの電子タバコの場合には、ニコチンが含まれています。

しかしタールは含まれていない為、喫煙者の身体に対する害が軽減されると言われています。

喫煙者がタバコを止められない主な理由はニコチンに対する依存です。

その為、専用のスティックをセットするタイプのものはニコチンが含まれているのでタバコを吸ったという満足感が感じられるものとなっています。

多くの喫煙者が利用している電子タバコはこのタイプとなっています。

 

【スポンサーリンク】

電子タバコの副流煙に害はあるの?

電子タバコには様々な種類があります。

しかし、どの種類も副流煙は出ません。

その為、副流煙による影響はないと言えます。

ところが電子タバコは水蒸気化したものを吸って、吐き出します。

つまり喫煙している人の呼気に害が含まれている可能性がある為、子供や妊婦がいる場合には害はないのかと不安になってしまうかと思います。

電子タバコが与える害や影響について考えてみましょう。

まず完全にニコチンが含まれていない電子タバコの場合には、水蒸気の中にはニコチンが含まれていません。

その為、害はないと言えます。

しかし吸っている電子タバコの種類によりますが不快な匂いを発してしまうものもある為、注意が必要です。

次に専用のスティックをセットするタイプについてです。

専用のスティックを購入するタイプのものは、タールは含まれていないけどニコチンは含まれています。

その為、喫煙者の呼気にはニコチンの成分が含まれていると言えます。

つまり副流煙による害はなくても、喫煙者の呼気によって害を与えてしまう可能性があるのです。

匂いに関してはタバコの葉を燃やしているわけではないので、従来のタバコよりも少なくはなっています。

しかしタバコの葉を加熱しているので独特な匂いを感じるかと思います。

この独特な匂いは人によっては不快感を感じるものとなっています。

その為、吸う場合には周囲の人に不快な思いをさせないように注意が必要です。

電子タバコ,副流煙,害,子供,妊婦,影響,マナー

 

電子タバコを使用する際の注意点

電子タバコは過熱して水蒸気化したものを吸います。

タバコ風味のものもありますがミント風味やフルーツ風味のものもある為、従来のタバコのような匂いはありません。

そして副流煙が出ないので、周囲の人へ迷惑が掛かりにくくなっています。

しかし、見た目はタバコなので周囲の人からはタバコを吸っていると思われやすいです。

その為、禁煙場所では吸わないように気を付ける必要があります。

本当のタバコではなくても、周囲の人に不快な思いをさせてしまうので吸う場所には注意しましょう。

そして専用のスティックをセットして吸うタイプのものは、タバコの葉を熱で加熱して吸っています。

従来のタバコのような匂いはなくなりました。

しかし、タバコの葉を加熱しているので独特な匂いが感じられます。

その為、喫煙をしない人には不快な思いをさせてしまう可能性があります。吸う場所には注意しましょう。

そして、このタイプのタバコの場合にはタールは含まれていませんがニコチンは含まれています。

その為、喫煙者の呼気に含まれているニコチンによって子供や妊婦に害を与えてしまう可能性があります。

子供や妊婦に害を与えないように気をつけましょう。

電子タバコだから大丈夫と思いがちなのですが、従来のタバコ同様に周囲の人に迷惑を掛けないように注意する気持ちは忘れないようにしましょう。

 

 電子タバコの副流煙は子供や妊婦に影響はあるののまとめ

電子タバコは水蒸気化したものを吸うタイプや専用のスティックをセットして吸うタイプのものなど様々な種類があります。

水蒸気化して吸うタイプのものはニコチンが含まれておらず、タバコ風味やミント風味、フルーツ風味など様々な風味のものが販売されています。

水蒸気化して吸うものなので副流煙が出ない為、周囲の人に害を与えてしまう事はないです。

しかし専用のスティックをセットして吸うタイプのものは、専用のスティックにニコチンが含まれています。

つまり、このタイプのものは厳密に言うと電子タバコではないのです。

こちらのタイプも副流煙は出ません。

しかし、喫煙者の呼気にはニコチンが含まれています。

その為、吸った後の呼気に含まれているニコチンによって子供や妊婦に害を与えてしまう可能性があるのです。

吸う場合には、子供や妊婦に害を与えないように配慮するように心掛けましょう。

そして、どちらのタイプも従来のタバコのような匂いはありません。

特にタバコ風味やミント風味などを水蒸気化して吸うものに関しては、ほとんど匂いがありません。

しかし匂いの好みは人それぞれなので、苦手な人には不快な思いをさせてしまう可能性があります。

吸う際には、周囲の人に迷惑を掛けないように注意しましょう。

そして専用のスティックをセットするタイプのものは、熱でタバコの葉を加熱して吸っています。

その為、従来のタバコのような匂いはありませんが独特な匂いが感じられます。

タバコが苦手な人は特に苦手な匂いとなっているので、吸う際には場所などを考えて吸いましょう。

そしてどちらも見た目がタバコのようだったり、水蒸気を吸って出すので本物のタバコを吸っているように見えます。

その為、周囲の人に本物のタバコを吸っていると勘違いされてしまう可能性があります。

吸う際には、喫煙所を利用するなど周囲の人へ迷惑を掛けないように心掛けましょう。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。