恵方巻きの由来を子どもに説明できますか?





 

今回はタイトルのごとく恵方巻きを食べる由来を子どもに説明できますか?』です。

恵方巻きといえば毎年節分にその年の吉方位を向いて太巻きを食べるという一種のゲン担ぎですね。

ちなみに2018年の吉方位は南南東です。

しかし、恵方巻きの由来というのは中々子どもには説明しがたい歴史だったりするわけです。

「何で恵方巻きを食べるの?何で縁起が良いの?」と聞かれたらあなたなら何と説明しますか?

「ん〜…1年を良い歳になりますようにって願うおまじないみたいなものだよ」と説明する方がほとんどだと思います。

…というか子どもにはそうとしか恵方巻きの由来について説明できないと思います。

では逆に、何故軽く触れる程度でしか説明できないのか、恵方巻きの由来とその時代背景についてご説明していこうと思います。

 

【スポンサーリンク】

恵方巻きについての基礎知識

2月3日は節分ですね。

節分には豆をまいて厄を払うことは皆さんご存知かと思いますが何故2月3日なのかというと、立春のこの日は1月1日の元旦とは別に1年の初まりとして尊いものとされていました。

2月3日を境に厄の終わりと厄の初まりとする風習もあります(四柱推命や算命学など)。

そのため豆をまいたりヒイラギを飾ったり恵方巻きを食べたりするわけです。

恵方巻きは関西が一番歴史が古く、その風習を知ったコンビニエンスストア業界が全国的に広めました。

私は関西に住んでいないので、どうしても恵方巻きの歴史はつい最近だと感じてしまいますが、よく利用するコンビニエンスストアで大々的に宣伝していて、自然と刷り込まれてしまったようです笑。

このように関西圏外に住む人にも爆発的なブームとなり現在では節分の日にコンビニやお寿司屋さんで当たり前のように販売されるようになりました。

 

恵方巻きの食べ方について

恵方巻きは大人でも大きく口を開けないと食べられない太巻きです。

それを、その年の吉方位を向きながら無言でひたすら食べるというゲン担ぎです。

地域によって多少の違いはありますが、食べている間は一言も発してはいけない・願い事を考えながら食べる・一息に食べなければならないなど制約があります。

正直言って恵方巻きのゲン担ぎには統一性がないので、豆まきやイワシやヒイラギを飾る歴史を比べるとまだまだ周知されていない気もします。

一言も発しない制約は簡単にクリアできそうですが、一息に食べる制約はキツイものがあると思います。

【スポンサーリンク】

恵方巻きの由来について

前置きが長くなりましたがタイトルどおり恵方巻きの由来についてご説明していきます。

恵方巻きは掻い摘んでいうと江戸時代の遊女が男根に見立てて食べるという遊び食べが由来です。

そうすることで、金持ちの男性が喜び遊女の収入が潤ったらしいです。

しかし、現代には遊郭もなければ花魁や遊女も存在しませんね。

そのため、そういった黒い歴史を封印するかのように当時は和気藹々で食べていたものを一言も発さない・長々と頬張らないよう一息で食べるなど遊郭の逆で現代では真面目な雰囲気を取って付けたのではないかと考えられています。

 

遊女とは?花魁とは?

さて、少し話は逸れますが遊女や花魁について少し触れます。

遊女は親が子ども(女児)を遊郭に売り、遊女になったという悲しい境遇の方が多いです。

売れっ子になると花魁という遊女の中でも高い身分にはなれますが、元々は親に売られたという方も多いため、文化としては肯定も否定も出来ません。

観光地などでは花魁の衣装やメイクをする催しもあるようですが、歴史的背景を考えると賛否両論あります。

花魁含め遊女として売られた女性で幸せになれたのは、ほんの一握りではないでしょうか。

 

子どもにはどう説明しますか?

まとめに入ってしまいますが、恵方巻きを食べる由来は悲しき遊女の背景がチラついてしまい、我が家では豆まきが限度です。

正直、子どもに「何で恵方巻きを食べるの?」と聞かれても「縁起が良いからだよ」と答えたいところですが、花魁ですら幸せを掴んだのは一握り、性感染症や梅毒に冒される者も少なくなかったため遊女の背景を知ってしまうとどうしても、ゲン担ぎ・縁起が良いとは思えないのですが、あなたはどう思われますか?

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。