なすを長持ちさせる保存方法とは?冷凍?冷蔵?ラップ?どうしたらいいの?





茄子,保存方法,長持ち,コツ,冷凍,冷蔵,ラップ

 

これから茄子が旬の季節がやってきます。

しかし茄子は冷蔵庫で保存していると、しぼんで柔らかくなってしまいます。

しぼんでしまうと食感が変わってきてしまうので、美味しく感じられなくなってしまいます。

美味しく食べる為に買ってきた当日に調理して食べるように心掛けている人も多いかと思います。

しかし、しぼんでしまいやすい茄子も正しい保存方法を行う事で保存期間を延ばす事が可能です。

そんなしぼんでしまいやすい茄子の保存方法で、ラップを使用する方法や冷凍する方法などを聞いた事がある人もいると思います。

そこで茄子を長持ちさせる保存方法やコツ、ラップを使用した保存方法についてまとめました。

何を作るかによって保存方法も変わってきます。

冷蔵保存と冷凍保存についてまとめたので参考にしてみてください。

正しい保存方法で茄子を長持ちさせて、美味しく食べてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

茄子がしぼんでしまう!?

茄子は買ってきてから冷蔵庫に入れて保存しているかと思います。

しかし、すぐにしぼんでしまったり、色が変わってしまったりします。

その結果、美味しく食べようと思っていたのに美味しく食べられなくなってしまった事があるかと思います。

そして茄子を食べたい場合には、買ったその日に調理をするように心掛けている人も多いかと思います。

実は茄子は保存方法を変えるだけで美味しさを維持する事ができます。

美味しく食べる為にも、保存方法を変えてみましょう。

そして茄子の保存方法をいくつか試して調理を楽に行えるようにしてみましょう。

 

調理方法によって保存方法が違う!

茄子の保存方法はいくつかあります。

どの保存方法も美味しく食べる事ができるのですが、調理方法によって保存の方法を変える必要があります。

例えば、お漬物を作ったり、焼きナスのように茄子を丸ごとのまま調理する場合には冷蔵保存がおすすめです。

そして茄子を炒めたり、煮るなどして調理する場合には冷凍保存がおすすめです。

茄子をどのように調理して食べるか考えてから保存方法を変えてみましょう。

もし調理方法が思い浮かばない場合には、冷凍保存の方が長持ちするので冷凍保存を行いましょう。

そして冷凍保存を行った場合には、調理が簡単に行えるようになります。

手抜きをしたい日や疲れている日などに冷凍した茄子を使っておかずを作ってみてください。

 

茄子を冷蔵庫で美味しく保存する方法

まず茄子がしぼんでしまうのには理由があります。

そのしぼんでしまう理由を理解した上で、茄子の保存方法を変える必要があります。

茄子がしぼむ理由の多くは、水分の蒸発です。

茄子は水分が多くて、蒸発しやすい野菜です。

その為、冷蔵庫で保存している間に水分が蒸発してしまいしぼんでしまうのです。

そして、その他にも茄子は保存している温度が低すぎると身が縮んでしまう事があります。

つまり、蒸発を予防しつつ、温度が低すぎない場所で保存する必要があります。

まず茄子の蒸発を防ぐ為には、ラップを活用します。

ラップを使用した保存方法は簡単で、茄子をラップで包みます。

この時、開いている場所がないように丸ごと包むようにしましょう。

こうする事で水分の蒸発を防ぐことができます。

そして茄子の身が縮んでしまわないように温度が低すぎない野菜室で保存するようにしましょう。

もし冷蔵庫に野菜室がない場合には、常温で保存する事をおすすめします。

この方法で保存する事で、1週間程度保存する事が可能です。

特売日などに買った場合には、ラップで包んで保存するようにしてみましょう。

しかし美味しく食べる為にも、早めに食べる事をおすすめします。

3〜4日ほどで食べきると美味しく食べられると思います。

 

【スポンサーリンク】

冷凍保存も可能です!

茄子は冷凍庫で保存する事も可能です。

茄子を冷凍庫で保存する場合には、密閉容器を用意します。

密閉できる保存袋でも可能です。

 

まず、茄子を洗います。

そして乱切りや輪切りにします。

茄子は切ると変色してしまいます。

変色の予防とあく抜きの為にも切った後には5分ほど水にさらすようにしましょう。

水にさらした後にはキッチンペーパーを使用して、水気を取ります。

そして密閉容器や密閉袋に入れた茄子を冷凍庫に入れます。

これで完成です。

 

茄子を冷凍庫で保存した場合には、1カ月ほど保存する事が可能です。

1カ月を目安に使い切るようにしましょう。

茄子を冷凍保存した場合にはカット済みなので、簡単に調理を行う事ができます。

疲れている日などに、簡単におかずを作る事ができるので冷凍保存もおすすめです。

そして冷凍保存をした茄子は水分が多いのでしんなりします。

その為、炒めたり、煮る調理法が向いています。

冷凍保存をする事で味がしみ込みやすくなっています。

さらに味や食感もほとんど変わらないので、美味しく食べる事ができます。

 

茄子の保存方法まとめ

茄子が旬の時期になると、スーパーで多く出回るので特売で売られる事が多くなります。

しかし茄子は冷蔵庫で保存を行っていると、水分が蒸発してしまう事でしぼんでしまいやすくなります。

さらに冷蔵庫の温度が低すぎると身が縮んでしまいます。

そんな茄子は保存方法を変える事で、少しでも長持ちさせる事ができます。

まず茄子をお漬物や丸ごと調理する場合には冷蔵庫での保存がおすすめです。

冷蔵庫で保存をする場合に蒸発を防ぐために、ラップで茄子を包みます。

この時、茄子が出ている部分がないようにラップで包むようにしましょう。

そして、ラップで包んだ茄子は温度が低すぎない野菜室で保存を行います。

もし冷蔵庫に野菜室がない場合には、常温で保存する事をおすすめします。

この方法で1週間ほど保存する事が可能です。

しかし、美味しい状態で食べる為にも3〜4日で食べきるようにしましょう。

それ以上保存を行いたい場合には、洗って輪切りや乱切りにします。

そして変色の予防やあく抜きの為に、5分ほど水にさらします。

その後にキッチンペーパーで水気をふき取ってから、密閉容器や密閉袋に入れて冷凍を行います。

この方法を行う事で1カ月ほど保存する事が可能です。

少ししんなりするので焼いたり、煮て調理する料理に向いています。

冷凍保存を行う時にカット済みなので簡単に調理を行う事ができます。

その為、手抜きをしたい日や疲れている日などにおすすめです。

簡単におかずを1品作れるようにしておきたい日の為に、冷凍保存をしておくのも良いかと思います。

茄子の保存方法には冷蔵と冷凍があります。

それぞれ保存期間や調理方法の向き、不向きがあります。

旬の野菜を美味しく食べる為にも、調理方法に合った保存方法を行ってみましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。