飛行機の離陸・着陸で耳が痛くなった時の治し方とは?





離陸,着陸,耳が痛い,飛行機,治し方

 

先日、飛行機に家族で乗るきっかけがあったのですが中々避けられないのは離陸(上昇中)・着陸(下降中)に耳が痛くなる症状ですね。

大人でも泣いてしまいそうなくらい耳に激痛が走ったりするので子供には尚の事…。

今回は飛行機の離陸・着陸時に耳が痛くなった時の治し方をご紹介いたします。

私の子供も、北海道の某空港からもうそろそろ羽田空港に着くなぁという着陸前に「耳が痛い痛い!」と大号泣してましたが、羽田からの帰りの飛行機で治し方を試してみると「あ、なんか痛くなくなった」とケロッとしてました。

もっと早く知っておくべきでしたorz

というわけで、飛行機に乗る予定のある方は耳が痛いときの治し方を前以って知っておくと便利です!

 

【スポンサーリンク】

耳が痛くなるのは何故?

飛行機は基より、車で峠あたりを走行している時も耳が痛くなることがありますよね。

何故このような症状がでるのかというと気圧の変化が原因です。

耳は鼓膜から中耳に繋がりそこから更に鼻へと繫がっていますが、中耳から鼻まで「耳管」という管で繫がっています。

その管こと「耳管」が気圧の変化により一時的に狭くなります。

この時に耳が痛くなったりキーンと音がしたり、耳が詰まったような不快な症状が起こりえます。

症状の重さは人それぞれですが、大人でも「降ろしてほしい!スチュワーデスさんどうにかしてー!」「耳が痛くなるのが怖くて飛行機が不安」という方も多いようです。

気圧の変化といえど侮れません。

その気圧の変化を受けやすいのは離陸してシートベルトサインが消えるまでの間と着陸態勢に入りシートベルトサインの点灯後に起こりやすいです。

また、鼻風邪を引いているとき、体調が良くないとき、疲れが溜まっているときも起こりやすいので、旅行の帰りに飛行機に乗った時も要注意です。

 

耳が痛い!予防と治し方は?

耳が痛くなった時の治し方は様々な方法があります。

 

  • 鼻風邪・アレルギー性鼻炎などの症状がある時は

飛行機搭乗前に症状を緩和する薬を服用することをオススメします。

また、ミント味のガムや飴をなめると鼻水を止めることは難しいですが鼻詰まりの症状が少々緩和されます。

 

  • 耳の痛みを防ぐ予防方法

飴をなめておくこと、特に酔い止めドロップがオススメです。

大人はもちろん子供に使用できるものがたくさんあります。

無ければ離陸する前にスチュワーデスさんに飴の希望をしましょう。

機内にに備えてあるはずです。

 

  • 耳に違和感が出始めたら

飲み物を飲む、唾を飲み込む。

口を大きく開けてあくびをするような口と呼吸の動きを繰り返す。

ひたすら飴をなめるなどが効果的です。

 

【スポンサーリンク】

バルサルバ法(耳抜き)について

耳抜きについては賛否両論あるようです。

予防方法を試した上で行いましょう。

  1. 鼻をかむ
  2. 息を軽く吸い込んで鼻をつまみます
  3. その状態で口を閉じで吸い込んだ息を耳の方へ送り込むようにし、唾液を飲み込む

 

1〜3を優しく行うようにしてくださいね。

 

耳が痛くなる前にまずは予防を!

人によって違いますが、下降中の方が耳が痛くなる傾向の人が多いようです。

まずは予防方法を試してそれでも駄目なら耳抜き方法(バルサルバ法)を試してみてください!

搭乗前に是非是非ご確認することをオススメいたします!

鼻風邪の症状を緩和させる・飴・あくび・バルサルバがポイントです。

こちらはダイビングスクールでの耳抜き方法ですが、飛行機にも応用できますよ。

 

離陸着陸に耳が痛くなった時の治し方のまとめ

飛行機に頻繁に乗ることがない人にとって、耳が痛くなる=飛行機は辛い乗り物と記憶に残ってしまいます。

せっかくの楽しい旅行が吹き飛んでしまいます。

そのようなことを防ぐため、飛行機に乗る前からの準備が重要です。

まず第一に、睡眠をしっかりとって体調を整えておきましょう。

疲れや鼻風邪があるだけでも、辛い耳の痛さに襲われることもあるからです。

そして、飴やガムを事前に準備しておきましょう。

繰り返し、唾液を飲み込むことで、気圧の変化に対応できることがからです。

このように、事前の準備を怠らなければ久しぶりの飛行機も怖くありませんね。

楽しい空の旅になりますように★

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。