乾電池が液漏れ!正しい処理で安全に廃棄しましょう





乾電池,電池,液漏れ,処理,安全,廃棄

 

テレビのリモコンの蓋を開けると乾電池から白い粉が出ていることはありませんか?

それは乾電池の液漏れです。

液漏れした乾電池の処理はどうしたらいいのでしょうか。

また、液漏れしてしまった乾電池を安全に廃棄するにはどうしたらいいのでしょうか。

乾電池から吹き出した白い粉は安全なものなのか、廃棄はどうすればいいのかなど、乾電池の液漏れへの正しくて安全な処理、廃棄方法をお伝えします。

 

【スポンサーリンク】

乾電池の液漏れとは?

乾電池の液漏れとは、文字通り乾電池から液体が漏れ出ることです。

乾電池の液漏れは、乾電池に傷が入ったり、変形すること、気温が高いことによる膨張などにより起こります。

わずかにできた隙間から内部液が漏れ出てしまうのです。

これは、落下の衝撃や、錆のような腐食によるものです。

それ以外には、内部での化学反応により異常に発生した気体である水素を、容器の外に逃がす際に内部液も一緒に出てしまうことが原因です。

水素が異常に発生する原因として、新しい電池と古い電池を混ぜて使用すること、異なる種類や異なる製品を混ぜて使用すること、電池としての能力を失った後も長期間使用し続けること、電池の正負の向きを逆にして使用すること、端子でない金属と電池を接触すること、充電可能な乾電池の場合に充電完了後も充電を続けることなどが挙げられます。

 

液漏れした乾電池の処理

実際に、乾電池が液漏れしてしまったらどのように処理すればよいのでしょうか。

乾電池の内部液の成分は、アルカリ乾電池なら水酸化カリウム、マンガン乾電池なら塩化亜鉛です。水酸化カリウムは、非常に強いアルカリ性です。

皮膚に付着すると、皮膚が溶けてしまい、特に目に入ると失明に至る可能性もあります。

塩化亜鉛は弱酸性で、水酸化カリウムほど危険ではありませんが、塩化物であるため毒性があります。

皮膚に付いたり目に入ると有害です。

万一、皮膚に付着した場合や目に入ってしまったときには、こすらずに大量の水で洗い流し、医師の診察を受けて下さい。

テレビのリモコンなど、液漏れが起こり、内部液が付着した部分は、水で濡らしたティッシュなどで何度か拭き取ります。

このとき、手に付着しないようにゴム手袋などをしましょう。

 

【スポンサーリンク】

液漏れした乾電池の安全な廃棄方法

液漏れした乾電池の廃棄はどうすればよいのでしょうか。

液漏れした乾電池は、袋に入れて密封し、自治体が指定している分別方法でごみとして回収してもらいましょう。

袋に入れるときにも、皮膚に触れないようにゴム手袋などを装着しましょう。

 

乾電池の液漏れのまとめ

液漏れは、乾電池を長い期間入れっ放しにしているリモコンなどに起こりやすいです。

リモコンの効きが悪くなったと感じたら、電池を入れ替えましょう。

頑丈そうに見える乾電池ですが、落下などの衝撃により、液漏れする可能性があります。

衝撃をできるだけ与えないように注意しましょう。

残念ながら液漏れになってしまった場合には、皮膚に触れないよう、目に入らないように、しっかりと拭き取れば問題ありません。

目に入ってしまった場合は、水で洗い流すだけではなく、必ず病院で診察を受けて下さいね。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。