ドローンに免許や資格は必要なの?〜操縦士が知っておきたい規制とは〜

意外と知らない生活知識





ドローン,免許,資格,操縦士,規制

 

最近、ドローンの規制について、操縦の安全性から話題になっています。

ドローンは普及が早く望まれていますが、私たちが免許や資格なしに、気軽にドローンを操縦できるのでしょうか。

ドローン操縦に免許や資格が必要であれば、早めに情報を知っておいた方がいいですよね。

これからドローンが普及していくと思われるので、以下に規制内容や操縦に免許、資格が必要なのかをまとめました。

是非、参考にして下さいね。

 

【スポンサーリンク】

ドローンの規制で操縦にはやはり制限がある

ドローンの規制内容から見ていきましょう。

ドローン操縦の規制は、国から発行されています。

国土交通省航空局発行です。

「無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン」に簡潔にまとめられています。

そこに記されている内容は、大まかに以下のとおりです。

 

ドローンの飛行禁止空域とは

ドローンが飛行してはいけない禁止空域が次のように定められています。

  1. 150 m以上の高さ
  2. 空港周辺の空域
  3. 人工集中地区の上空は、ドローンの飛行が禁止されています。

 

空港周辺は、空港により範囲が異なるようですが、空港から24 km以上離れていれば、どの空港でも範囲から外れるようです。

国土交通省航空局のHPから、該当範囲が確認できます。

人工集中地区に該当するか否かも、国土交通省航空局のHPから確認する必要があります。

よって、飛行したい場所が禁止空域に該当していないかを、国土交通省航空局のHPでチェックする必要があります。

また、どうしても禁止空域でドローンを飛行したい場合は、国土交通大臣に申請して、承認されれば飛行が可能になります。

申請様式も国土交通省航空局のHPから入手が可能です。

また、学校や病院などの不特定多数の人が集まる場所の上空や、高速道路、鉄道などの上空も、操縦ミスや機体トラブルを想定して、飛行することは禁止されています。

 

他にはどのような時間や場所がダメなの?

  • 夜間飛行禁止
    日中に飛行させる。日中とは、日出から日没までの間のことです。
  • 目視外飛行の禁止
    目視範囲内でドローンとその周囲を常時監視して飛行させなければいけません。
  • 30 m未満の飛行の禁止
    人や建物、車両などとの距離を30 m以上保持して飛行させる。万が一、操縦ミスがあっても安全を確保するための最低限の距離です。
  • イベント上空飛行の禁止
    祭りなどの催事場所の上空は飛行させない。
    万が一、操縦ミスや機体トラブルがあった場合、重大な事故につながる恐れがあるためです。
  • 危険物輸送の禁止
    危険物の輸送をしない。
  • 物件投下の禁止
    物を投下してはいけません。もちろん人もですよ、、。
  • 飲酒操縦の禁止
    酒気を帯びた状態での操縦は、正常な判断が困難なため、禁止されています。
【スポンサーリンク】

 

ドローンの規制内容から操縦免許と操縦資格は必要か?

さて、ドローンの操縦は、上記の項目によって規制されていることがわかりました。

免許や資格の項目はありましたか?

ないですよね。

そうなんです。

ドローンの操縦には、免許や資格は必要ないのです

 

無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン」には、以下のように努めてほしいとの要望がいくつか記されていましたので、ご紹介します。

  • 操縦技能の向上
    突風などの不測の事態に対処できるように、常日頃から操縦訓練をすること。
  • ドローンの定期的な点検、整備
    メーカーの取扱い説明書に従った点検および整備を定期的に行うこと。
  • 任意保険への加入
    万が一の事故に備えた対人、対物の保険へ加入することを推奨しています。

 

以上がドローン操縦のための、大まかな規制内容、ルールです。

 

ドローン運転までの準備と手順

ドローン運転までの準備とドローン運転の手順を簡単にまとめますと、次のようになります。

 

ドローン運転までの準備と手順

  • 国土交通省航空局のHPを開く。
  • HPで、ドローンを操縦したい場所が飛行禁止区域に入っていないか、病院や高速道路、鉄道の上空を通過しないか、および祭りなどのイベントが行われていないかを確認する。
  • 日出から日没までの間に、人や物との間隔を30 mは空けて運転する。

 

という感じになります。

なんてことない内容ですよね。

ただし、今後ドローン普及に伴って、規制が変更される可能性もありますので、飛行する前には必ず国土交通省航空局のHPを確認して下さいね。

 

ドローン操縦規制の内容や免許、資格がいらないことがわかったけど、規制に違反したらどうなるの?

もし、ドローン操縦の規制内容に記されている禁止行為を行った場合、罰則が適用されます。

罰則は50万円以下の罰金となっています。

規制は守って安全に、ドローンを操縦しましょうね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。