豆板醤の代用としてラー油・コチュジャン・甜麺醤のどれを使いますか?

おいしく食べたい料理・食品知識





豆板醤,代用,ラー油,コチュジャン,甜麺醤,違い

 

料理を作る前には材料が揃っているか確認をしているかと思います。

しかし作る直前や下準備を行っている段階で調味料が足りなくて困ってしまった経験をしてしまった人もいるかと思います。

特に中華料理を作る際には、辛みを加える豆板醤が足りなくて困ってしまったという経験をする人が多いです。

豆板醤がなくて困った時にラー油やコチュジャン、甜麺醤を代用できないのか考えた事がる人もいるのではないでしょうか。

そこで豆板醤の代用として思いつきやすいラー油やコチュジャン、甜麺醤と豆板醤の違いについてまとめました。

辛みの特徴や材料についての違いについてまとめたので参考にしてみてください。

そして辛みの特徴や材料を考えた上で、豆板醤の代用には何が向いているのかについてもまとめました。

豆板醤がなくて他のもので代用したいと思った時には試してみてください。

 

【スポンサーリンク】

豆板醤とは?

豆板醤は一般的に中華料理に使用されている調味料です。

独特の辛さが特徴と言えます。

そんな豆板醤は、中国の四川省が発祥の地となっています。

四川省は辛い料理が多い地域となっています。

そんな四川省で活躍している調味料だからこそ、豆板醤は独特の辛さがある調味料なのです。

豆板醤はそら豆と唐辛子が主成分となっています。

そして主成分の唐辛子は多めに入っています。

その為、辛みが強い調味料となっているのです。

料理中に辛みの強い豆板醤がなくて困ってしまった経験をした事がある人もいるのではないでしょうか。

そんな時には、何か他の調味料で代用できないか考えるかと思います。

豆板醤の代用として思いつくのは、ラー油、コチュジャン、甜麺醤があります。

そこで、豆板醤とラー油、コチュジャン、甜麺醤の違いについて知っておきましょう。

 

豆板醤とラー油・コチュジャン・甜麺醤の違いは?

豆板醤の代用として思いつきやすいものがラー油コチュジャン甜麺醤があります。

そこでそれぞれの調味料の違いについて知っておきましょう。

  • ラー油

ラー油は唐辛子などの香辛料を植物油と混ぜて加熱し、植物油に辛みを移した調味料の事です。

ラー油は、豆板醤と同様に四川料理に使用されています。

その為、辛みが強いという特徴があります。

ラー油を使った料理として有名なのが、麻婆豆腐や担々麺です。

 

  • コチュジャン

コチュジャンは唐辛子や味噌を混ぜて作った調味料の事です。

唐辛子を使っている点は一緒なのですが、韓国料理で使われている調味料です。

そして、使用されている唐辛子の量は豆板醤よりも少ないです。

そして味噌と混ぜている事で、マイルドな辛さとなっています。

 

  • 甜麺醤

甜麺醤は赤味噌や砂糖、香辛料などを混ぜ合わせた調味料です。

香辛料も使用されているので少し辛みもあるのですが、砂糖が使用されているので甘みが強い調味料となっています。

甜麺醤は中華料理の麻婆茄子や担々麺に使用されている事が多いです。

このように、それぞれの調味料には特徴があります。

豆板醤と似ている特徴もあるのですが、似ていないものもあります。

 

【スポンサーリンク】

☆豆板醤がない!代用できるものは?

豆板醤がなくて困った時には、他のもので代用したいと思うと思います。

しかし、どんな調味料で代用したら美味しく完成するのか分からなくて困ってしまうかと思います。

そこで豆板醤がなくて困っている時に代用できる調味料について考えてみましょう。

 

豆板醤の代用で思い付くのはラー油、コチュジャン、甜麺醤です。

これらの特徴を見ると唐辛子などの香辛料を使用している為、豆板醤に近い味のする調味料だという事が分かります。

豆板醤に近い風味を出すのでおすすめなのが、コチュジャンです。

韓国料理に使用されている調味料なので、代用できるのか不安に思う人もいるかと思います。

確かにコチュジャンは、豆板醤よりも唐辛子の量が少ないです。

その為、豆板醤と比べると辛さが弱く感じるかと思います。

しかし、風味としては1番近い調味料となっているので、代用する際にはコチュジャンがおすすめと言えます。

 

その次におすすめなのがラー油です。

ラー油も豆板醤に比べると辛さは弱いです。

しかし、調べてみると豆板醤の代用でラー油を使用した料理のレシピはたくさんあります。

上手に味付けをする事で、ラー油でも代用する事が可能となっています。

 

豆板醤の代用で甜麺醤が思いつく人もいるのですが、甜麺醤には砂糖が使用されています。

その為、辛さが弱い調味料となっています。

甘みも感じる調味料なので、豆板醤の代用には向いていないと言えます。

豆板醤がなくて他のもので代用したい場合には、コチュジャンやラー油を使用してみましょう。

豆板醤,代用,ラー油,コチュジャン,甜麺醤,違い

 

豆板醤の代用は何を使う?のまとめ

豆板醤は中国の四川省で作られて使用されてきた調味料の事です。

四川省は辛い料理が多い事で有名で、使用されている豆板醤も辛みが強い調味料となっています。

そんな辛みが強い豆板醤は、そらまめや唐辛子を使用して作られています。

使用されている唐辛子の量が多いので、辛さが強いです。

そんな辛さが強い豆板醤を使用した料理はたくさんあります。

しかし、料理をしている途中で豆板醤がなくて困ってしまう場合もあります。

そんな時には、家庭にある他の調味料で代用したいと考えると思います。

豆板醤の代用で思い浮かぶ調味料はラー油やコチュジャン、甜麺醤があります。

ラー油は、唐辛子などの香辛料を植物油に入れて加熱をし、植物油に辛みを移した調味料です。

そしてコチュジャンは、唐辛子や味噌を使用した調味料です。

甜麺醤は、赤味噌や砂糖、香辛料を混ぜ合わせた調味料です。

これらの調味料は豆板醤と同様に唐辛子や香辛料が使用されています。

その為、代用できそうな感じがします。

豆板醤の代用で1番おすすめなのがコチュジャンです。

豆板醤よりも辛さは弱いのですが、似た風味を出せます。

そして次におすすめなのがラー油です。

ラー油も豆板醤と同じで中国の四川省で作られました。

その為、四川料理に使用されている事が多いです。

豆板醤の代用としてラー油を使用したレシピもたくさんあるので、代用しやすいかと思います。

しかし、甜麺醤は豆板醤の代用として向いていません。

甜麺醤には砂糖が使用されています。

その為、辛さよりも甘みが強く感じられるからです。

豆板醤がなくて困ってしまった時には、コチュジャンやラー油で代用して美味しい料理を作ってみてください。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。