赤ちゃんの胸がへこむ漏斗胸の症状と原因とは?

いつもニコニコ健康知識





赤ちゃん,胸,へこみ,漏斗胸,原因,症状

 

赤ちゃんがいる家庭では、赤ちゃんの様子をしっかりと観察していると思います。

そして、観察をしていると小さな変化や違和感が気になってしまうものです。

赤ちゃんはまだ喋る事ができないので小さな変化が心配になると思います。

そんな気になる小さな変化や違和感の中には、赤ちゃんの胸のへこみがあります。

赤ちゃんの胸がへこむ場合には何か病気なのでは?と考えて悩んでしまうと思います。

そんな赤ちゃんの胸のへこみには原因がある場合があります。

そして胸がへこんでいる以外にも症状がある場合には、さらに心配になってしまったり不安になってしまうと思います。

そこで赤ちゃんの胸がへこむ原因についてまとめました。

心配して悩んでいる人は参考にしてみてください。

そして気になる症状がある場合には、かかりつけの病院で相談してみるようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

胸がへこんでいる!?

赤ちゃんは泣くしかできないので、小さな変化は起きていないか観察していると思います。

その観察は赤ちゃんの身体に湿疹などができていないか、身体に何か変化は起きていないかなど細かく見ている人もいるかと思います。

そんな観察を毎日している場合には、小さな変化にも気が付きやすいです。

そして小さな変化に気が付いた時には何が原因なのか気になってしまったり、悩んでしまったりするかと思います。

湿疹などの場合には、汗やアレルギーなどの原因が考えやすいものです。

しかし湿疹以外の身体の変化に気が付いてしまった場合には、原因が分からないので悩みやすいものです。

そして、赤ちゃんの身体の変化で悩みやすいものが胸のへこみです。

胸は、赤ちゃんのお着替えやおむつ交換の時などに目に入りやすい部分なので気になりやすいのです。

そんな胸のへこみには、いくつかの原因があります。

そして胸のへこみには病気が潜んでいる場合もあります。

原因や対処法について考えてみましょう。

 

胸のへこみは病気の可能性もあります。

赤ちゃんのお着替えなどで気になってしまう胸のへこみには病気が潜んでいる可能性もあります。

その病気とは「漏斗胸」というものです。

この漏斗胸は胸のへこみから発覚する場合がほとんどです。

胸のへこみ以外に起きる症状としては、風邪を引きやすい風邪が長引きやすいなどがあります。

しかし胸のへこみが大きい場合には、胸に水が溜まってしまう事もあります。

このような大変な症状が出てしまう前に、病気に気が付いて治療を考えてあげたいものです。

漏斗胸は家庭で胸のへこみが気になって病気が発覚する場合もあるのですが、健診などで指摘されて発覚する場合もあります。

つまり、しっかりと健診を受けて不安に感じた事などがあった場合には相談をする事が大事なのです。

もし胸のへこみなどが気になっている場合には、健診の時などに相談してみるようにしましょう。

 

胸のへこみには病気以外にも原因があります。

胸のへこみは病気が潜んでいる可能性もあるのですが、病気じゃない場合もあります。

特に赤ちゃんの場合には、お腹が前に出やすいという特徴があります。

その為、お腹いっぱいになっている時には特にお腹が前に出ています。

お腹が出ている時には胸との差が大きくなるので、胸がへこんでいるように見えます。

つまり食事の後やお腹がいっぱいになっている時には、お腹と胸との差が大きくなるので余計に胸がへこんでいるように感じるのです。

お腹が出ているからこそ胸がへこんで見えるという事は、よくある事なので気にしなくても大丈夫です。

しかし、病気なのかお腹が出ているだけなのか区別がつかない場合もあります。

区別がつかないからこそ不安に思ってしまったり、心配になってしまうと思います。

もしも様子を見ても気になるようだった場合には、正しい対処法を行ってみましょう。

 

【スポンサーリンク】

気になった場合の対処法

赤ちゃんの胸のへこみが気になった場合には、原因がしっかりと分からないと心配になってしまうと思います。

特に自宅で気が付いた場合には、どうしたら良いか分からないので不安に感じてしまう事が多いです。

健診を受ける時期などに気が付いた場合には、まずは健診で相談してみましょう。

そして健診で相談をしてみて、どうしたら良いのか確認してみましょう。

もし健診を受ける時期ではない場合には、まずかかりつけの病院を受診してみましょう。

そして、いつ頃に胸のへこみに気が付いたのかなど詳細を話してみましょう。

もし胸のへこみ以外で気になっている事がある場合には、その事についても話すようにしましょう。

そして検査をしてもらう事で胸のへこみの原因が発覚すると思います。

もしも検査の結果で漏斗胸と判明した場合には、正しい対処法を行っていく事で胸のへこみが分からないぐらいまで改善する事が可能です。

そして漏斗胸が発覚した年齢が3歳以下だったら、成長と共に胸のへこみが目立たなくなります。

その為、3歳以下で発覚した場合には様子を見る事も多いです。

もし成長と共に改善されなくても、漏斗胸を改善する体操や筋トレを行う事で改善する事が可能です。

改善が見られない場合には、主治医に相談して漏斗胸を改善する方法を聞いてみましょう。

 

赤ちゃんの胸のへこみのまとめ

赤ちゃんがいる家庭では、赤ちゃんの変化にすぐに気が付けるように観察をする事を習慣化していると思います。

そして毎日観察をしていると、小さな変化も気になるようになります。

その気になる変化の中には、胸のへこみがあります。

赤ちゃんのお腹は前に出やすくなっています。

その為、胸とお腹の差が大きくなります。

その差が大きい事で胸がへこんでいるように見える場合もあります。

お腹と胸の差が大きい事で、胸がへこんでいるように見える場合には心配になる必要はないです。

しかし赤ちゃんの胸のへこみは、病気の可能性もあります。

胸のへこみから発覚する病気には「漏斗胸」というものがあります。

この漏斗胸は、胸のへこみ以外に風邪を引きやすい、風邪を引くと長引くなどの症状があります。

胸のへこみやそれ以外の症状が気になる場合には、健診やかかりつけの病院で相談する事をおすすめします。

そして、もし漏斗胸と発覚した場合には成長と共に改善されていく可能性もあります。

改善していく事を願いながら様子を見てみましょう。

もしも成長と共に改善しなくても、漏斗胸を改善する体操や筋トレを行う事で改善する事ができます。

心配な場合には、病院で改善する方法を聞いてみましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。