カラスをゴミ置き場から遠ざける撃退方法とは?カラスの行動や特徴を知っておこう





カラス,撃退,方法,ゴミ,行動,特徴

 

カラスによるゴミ置き場荒らしには本当に気が滅入りますよね。

先日コンビニの外にあるゴミboxの投入口にくちばしを入れて燃えるゴミを引っ張り出しているのも見かけました…。

カラスは頭が良いので「ここにエサがある!」と覚えると曜日や時間までも習慣付いてしまうことがあるため、荒らされているゴミ置き場はいつも大体同じ場所なんですね。

そんなカラスを撃退するには予防方法と、対処方法を実践することが大切です。

撃退するにもカラスの行動や特徴性から直接払い除けるのは危険です。

今回はカラスの行動・特徴に基づいて撃退する方法をご紹介いたします。

【スポンサーリンク】

ゴミ置き場におけるカラスの行動・特徴は?

ゴミ置き場を荒らすカラスを撃退するにはカラスの行動や特徴を知っておく必要があります。

 

  • 視力と色覚が発達している

カラスの視力は人間の5倍で物凄く眼が良いことがうかがえます。

また色覚も人間より鋭く、人間には視えていない領域までカラスには視えています。

 

  • カラスは肉が好き

カラスは肉が好きで、赤色・黄色・オレンジ色はカラスには肉として認識しているようです。

ゴミ袋の中に赤・黄色・オレンジのものが見えると袋を破りにいきます。

 

  • 認識能力が高い

カラスは人の顔まで覚えるほどなので、カラスにとって狙いやすいゴミ置き場の位置などもすぐに覚えてしまいます。

 

  • 伝達能力が高い

カラスからカラスへどんどん情報が伝わります。そのため生ごみに群れることもあります。

 

因みに黄色は嫌いだと巷ではいわれておりますがそんなことはないようです(私の市の指定ゴミ袋は黄色ですがカラス除けの効果は全く無いようです)

 

ゴミ置き場を荒らされないために

ゴミ置き場を荒らされないためには、まずカラスにエサがあると目を付けられないよう予め防止することが大切です。

カラスは嗅覚は鈍いですが視力と色覚が人間よりも発達しています。

また、肉が好きで・黄色・オレンジ色のものを先ずはあさろうとします。

なので、それらのものを廃棄する際には少々かさばりますが新聞紙なので包むと良いでしょう。

まずは色に注意して防止してみましょう。

 

【スポンサーリンク】

ゴミ置き場が荒らされやすい場合は

ゴミ置き場が荒らされやすいという場合、カラスが「エサがある」と認識し習慣付いてしまった可能性があります。

しかし、カラスには警戒心もそなえています。

一番効果的なのはキラキラした風に揺れ動くテープです。

カラス除け専門テープもホームセンターなどで販売されていますが、100均のパーティーグッズコーナーにあるようなものでも結構です。

これで‘一時的には’防止することができます。

しかし、カラスの学習能力は高いため最初は警戒してあさらなくなっても常時同じものがそこにあると、警戒心が薄れていきまた荒らし始める可能性があります。

なので、カラス除けのネットは勿論、ゴミ袋の上に重石を置いたり生ごみを新聞紙などで包むなど併用する工夫が必要です。

キラキラしたテープも時折、位置を変えたり色を変えたりするようにしましょう。

 

カラスに「エサがある」と認識されないようにしましょう

カラスにゴミ置き場を荒らされないようにするためには「エサがある」と認識されないことが大切です。

新聞紙を包む方法は効果が高いので試してみてくださいね。

また、ゴミ置き場を荒らされやすい場合はカラス除けのテープを使い、物理的にあさられないようにする工夫が必要です。

荒らしている現場のカラスを直接払い除けるのは危険なのでやめてくださいね!

お役に立てれば幸いです!

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。