睡眠中に足がつる人の対処法は食べ物でできるって本当?





足がつる,対処法,食べ物,夜中,原因

 

どんな人も睡眠中に足がつるという経験をした事があると思います。

足がつる原因が分からないと何度も繰り返す場合があります。

睡眠中に足がつると目が覚めてしまうので、寝不足になってしまう人もいます。

実は、足がつる原因としてあるものが不足していることがわかっています。

では、そのあるものを摂取するために効果的な食べ物があることもわかりました。

そこで今回は足がつる人の対処法としてどうしたらいいのか、何を食べたらいいのかをまとめました。

寝不足にならない為にも原因を知って、正しい対処法を行いましょう。

【スポンサーリンク】

足がつる原因って?

足がつるという現象は、足にある筋肉がけいれんを起こしてしまう事で起きます。

足のけいれんが起きると痛みを感じるので、痛みから睡眠中に目を覚ましてしまいます。

足がつった時に痛みは苦痛を感じるので、出来ることなら改善したいものです。

足のつりを改善する為にも、原因を知ってから対処法や予防法を実践してみましょう。

筋肉のけいれんが起きてしまう原因はいくつか存在します。

筋肉に疲労が溜まってしまっている場合や栄養素の不足、足の冷えなどがあります。

激しい運動をした日の夜に足がつった場合には、筋肉の疲労や栄養素の不足が考えられます。

寒い時期や冷え性の人の場合には、足の冷えが原因と考えられます。

足がつってしまった時には、何が原因か考えてみましょう。

そして、その原因に合った対処法や予防を行ってみましょう。

夜中に足がつった時の対処法

睡眠中に足がつると突然の出来事なので驚いてしまいます。

足がつると痛みが強いので、早く対処をして痛みを和らげたいと思うと思います。

足がつった時に痛みを和らげる方法はストレッチです。

ストレッチを行う場合には、無理に行わないようにしましょう。

そして痛みを急いで緩和したいかもしれませんが、ゆっくりと行うように心掛けましょう。

足のつりが最も起こりやすい部位はふあくらはぎです。

いわゆる「こむら返り」と呼ばれているものです。

ふくらはぎがつった時には、足先を自分の身体の方に向けて少しずつ伸ばすようにします。

可能であれば座って、足の親指を掴みながら伸ばしていきましょう。

足の親指を掴めない場合にはフェイスタオルを用意しましょう。

そしてフェイスタオルの両端を掴んで、真ん中辺りを足の裏にセットします。

フェイスタオルをゆっくりと引っ張る事で、伸ばしていく事が可能です。

行いやすい方法で対処してみましょう。

 

【スポンサーリンク】

足がつらない為の予防法

足がつった時の対処法を知っておくと一安心なのですが、1番良いのは足がつらないようになる事です。

足がつらないようにする為の予防法もあるので、普段から予防するように心掛けましょう。

運動をした事による筋肉の疲労や栄養不足によるものが原因だった時には、栄養素を補う必要があります。

運動を行うと汗をかきます。

汗をかく事でマグネシウムなどのミネラル分が不足します。

このミネラル分不足こそが足のつりを引き起こします。

運動を行う場合には、ミネラル分を含んだスポーツドリンクなどで水分補給を行いましょう。

そして運動を行う前後にはストレッチを行って筋肉に疲労が溜まらないようにしましょう。

運動をした日の夜に、足のマッサージを行うのも効果的です。

さらに足の冷えで足がつってしまう人は、お風呂でゆっくり温まるなどして足を冷やさないように心掛けましょう。

お風呂で足を温めた場合には、寝るまで冷えないように靴下を履くなどしておくと良いです。

靴下を履く場合は、きついと血流が悪くなってしまうので緩いものを履くようにしましょう。

 

足をつりにくくする食べ物とは?

足をつりにくくする食べ物の栄養素としてキーワードになるのはカルシウムとマグネシウムとビタミンB1です。

不足した栄養分を効率的に取ることができると、睡眠中に足がつることも減ってくると思います。

では、どのような食品が効果的かをご紹介します。

 

カルシウムを多く食品として代表的な食べ物

  • 乳製品・・・牛乳、ヨーグルト、チーズ
  • 大豆食品・・・豆腐、納豆
  • 小魚・・・いりこ、桜エビ、しらす
  • 野菜・・・小松菜、切り干し大根

 

マグネシウムを多く食品として代表的な食べ物

  • 魚介類・・・なまこ、スルメ、あわび
  • 海藻類・・・あおさ、ひじき
  • 穀類・・・小麦粉
  • 種子類・・・ピーナッツ、ひまわりの種

 

ビタミンB1を多く食品として代表的な食べ物

  • 豚肉・・・ビタミンB1がもっとも取りやすい食品です
  • 穀類・・・白米ではなく雑穀米や麦ご飯などで摂取すると効率的です
  • 豆類・・・きなこやそら豆などでも摂取できます

 

夜中に足がつる場合の主な原因は足の筋肉の疲労や栄養不足、冷えなどです。

足がつらないようにする為にもストレッチなどを行って足に疲労を溜めないように心掛けましょう。

そして足を温めるように心掛けましょう。

また、バランスの良い食事を心がけ、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB1を意識して摂取するようにしましょう。

正しい予防で足のつりを改善し、心地よい睡眠をとるようにしましょうね。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。