付き合う前の2回目のデート、失敗しないための女の子の服装は?

ドキドキ結婚・恋愛知識





付き合う前,2回目のデート,失敗,服装,女

 

付き合う前に、気になっている人とデートに行く事があります。

2回目のデートとなると1回目以上に着ていく服装に気を配る必要がありますよね。

女の子なら可愛いと思われたくて、気合を入れたコーディネートをすることは当然です。

しかし、気合を入れたコーディネートが原因で失敗をしてしまうことがあるかもしれません。

付き合う前のデートで失敗をしてしまうと、せっかく好意を抱いていても振り向いてもらえないかも。

そこで、『2回目のデートで失敗しないための女の子のコーディネート』について考えてみました。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

動きにくい服装はデート内容が限られてしまいます。

付き合う前のデートだからこそ、可愛いと思われたいので女の子っぽい服装をすると思います。

しかし、デート内容によっては女の子っぽいコーディネートをしてしまった事で何もできない場合があります。

デートの際のコーディネートは、デート内容と相談して決めるようにしましょう。

例えばカフェなどでお茶やお食事をする予定だったら、スカートでも大丈夫です。

しかし、少し活発な事をする予定だった場合には、動けるようにパンツスタイルのコーディネートをする必要があります。

デート前に何をする予定か決まっている時は、それに合ったコーディネートをするようにしましょう。

しかし、コーディネートはデート内容の他に天候とも相談する必要があります。

例えば強風が吹いている日にスカートは避ける必要があります。

スカートを履いて行く事で、強風でスカートがめくれてしまった時に恥ずかしい思いをしてしまいます。

他にも雨の日など、足元が滑りやすい日は滑りにくい靴を履きましょう。

滑ってしまった時に足をくじいてしまったり、怪我をしてしまう可能性がありますので注意しましょう。

 

【スポンサーリンク】

スカートを履いた時には女性らしさを忘れずに!

スカートを履いてデートをする際には、いくつかの注意点があります。

例えばスカートを履いた時には、脚は閉じる必要があります。

脚を閉じない事でスカートの中が見えてしまう場合があります。

スカートの中が見えなくても、足を閉じていない事で男性はガッカリしてしまいます。

男性は、女性には女性らしさを求めるものです。女性らしく過ごすように心掛けましょう。

さらに座る時は足を閉じるだけでなく、綺麗に見えるように揃える事をおすすめします。

座り方1つで女性らしさを出す事ができるので、気を付けるようにしましょう。

その他にもデートにスカートを履いていく際は、スカート丈を気にするようにしましょう。

スカート丈は短いと他の男性にも見られてしまう場合があるので、デートをする相手が嫌な思いをしてしまう可能性があります。

短すぎる丈のスカートは避けましょう。

 

パンツスタイルでも女性らしさを取り入れよう!

活発なデートをする場合には、パンツスタイルで行く女性が多いです。

しかしパンツスタイルでデートに行くと、ボーイッシュに見られてしまう場合があります。

付き合う前のデートだからこそ、女性らしく見られたいものです。

その為パンツスタイルでデートに行く場合は、女性らしさを取り入れる必要があります。

例えば、胸元に華奢なデザインのネックレスをつける事で女性っぽくなります。

アクセサリーなどを上手に使って女性らしさを取り入れてみましょう。

そしてパンツスタイルでもヒールのあるパンプスを履く事で、綺麗な女性らしいコーディネートになります。

パンツスタイルでデートをする場合は、女性らしさを取り入れたコーディネートをしましょう。

付き合う前のデートでは、コーディネートによってこれからの印象が変わってきます。

せっかくのデートなので、女性らしいコーディネートをしてみましょう。

そしてスカートを履く際は、短すぎない丈で女性らしく行動をするように心掛けましょう。

パンツスタイルの場合には、アクセサリーなどで女性らしさを取り入れてみましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。