料理の初心者は何からはじめる?超基本レシピ集





料理,初心者,何,はじめ,基本,レシピ

 

春になり、新しい生活を送る方が多いのではないでしょうか。

そして、この春から一人暮らしを始める方は自炊を頑張ろう!と意気込んでおられるのではないでしょうか。

しかし、「料理をしたことがない…。」「料理が苦手…。」という方も多いのでは。

冷蔵庫の中身を見て作るものを決めることなんてできないと思っているあなた。

ちょっと待って!みんな最初は料理の初心者なんです。

継続は力なりですよ!

そこで、今日は料理の初心者さんに向けて料理の基本や、簡単レシピなど、料理についていろいろなお話をしていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

 

料理の基本について

料理初心者さんがまずはじめに勉強したいこと、それは、料理の基本です!

基本がおろそかでは応用が難しいのは明白。

そこで、まずは料理の基本をしっかりとおさえましょう。

基本は、『切る』、『煮る』、『蒸す』、『炒める』があります。

そして、基本である調味料の使い方を覚えることです。

 

調味料の『さしすせそ』とは

  • さ = 砂糖
  • し = 塩
  • す = 酢
  • せ = 醤油
  • そ = 味噌

 

料理の初心者さんは、いきなり料理をはじめようとしますが、それは大きな順番違いなのです。

味をみて何が足りないのか、何が多いのか、どんな調味料を足したらいいのか、どうすればさらに美味しくなるのか…料理を完成するまでには長い道のりがあるんですね。

まずは、調味料の「さしすせそ」を使って料理に取り掛かって見てください。

 

目標を設定しよう

そこで、最初の目標は「美味しい料理を作ること!」です。

本屋さんにはたくさんの料理本が並んでいます。今や、料理研究家ではなく、芸能人、芸人さんも数多くの料理本を出しています。

お好きな料理本を1冊ご用意ください。

そして、まずはレシピ通りに料理を作ってみましょう。ここで大事なことは決してオリジナルをしないこと。

そうです、初心者さんにはアレンジをすることはまだ早いのです。まずはしっかりレシピ通りに美味しい料理を作ってください。

いくつかレシピ通りに作っていくと、自然と料理の基本が身についていくはずですよ。

食材の切り方や、味付けはもちろん、料理の手際もどんどん自分のものにしていくことができます。

そして、少しずつ料理に慣れてきたところで、オリジナルな味付けや食材を変えてみるなどのアレンジをしてみましょう。

「レシピにはこう書いてあったけど、私はこうしてみた!」と、冒険をしてみるのです。

その冒険の中には成功するものもあれば、迷路に迷い込んでしまい、ゴールがみつからない結果に終わるものもあるでしょう。

でも、これらはアナタの料理のスキルを確実にアップさせてくれるので、どんどん挑戦してくださいね!

 

【スポンサーリンク】

料理の楽しみ方

しかし、料理というのは奥深いもので、料理の味はその時の体調や環境、誰と食べるかなどによっても大きく変わります。

自分が食べるものを作るときと、お客さんを呼んでお料理をふるまうときとでは、やはり違いますよね。

たくさんの経験を経て、アナタの料理の腕前が上達していくことは間違いありません。

そして、料理の楽しさを感じながらキッチンに立ってくださいね。

料理は愛情!と有名な言葉があります。

アナタの愛情という魔法のスパイスで料理を美味しく仕上げてくださいませ☆彡

 

♪料理初心者さん向けの簡単レシピ♪

ここでは、初心者さんや料理が苦手という方におススメな簡単レシピをご紹介します。

 

●お肉料理編●

鶏の手羽先グリル

材料:手羽先、塩、コショウ

シンプルだけど、これが本当に美味しい!
素材の味で勝負!

作り方

① 手羽先の両面に塩コショウをふります。ここでの味付けは少し強めが美味しいですよ。

② 軽く温めておいた魚焼きグリルで約10分焼いて出来上がり♪

※コツは皮目をしっかりパリッとやくこと。
※アレンジとしては塩コショウをハーブ入りのマジックソルトに変えることでまた違った風味に仕上がりますよ。

 

●お魚編●

いわしの生姜煮

材料:いわし、ショウガ、水、しょうゆ、お酒、みりん

作り方

① いわしは魚屋さんで購入する際に「煮魚用におろしてください。」と注文すると、前処理をきちんとしてくださるので、すぐに料理に取り掛かれます。

② フライパンに水と千切りにしたショウガを入れて沸騰させます。

③ 沸騰したらいわしと調味料を入れます。

④ アルミホイルで落し蓋をしたら、煮汁が全体に回るように沸騰させます。

⑤ 火を弱め、すこし煮ます。煮汁が減り、魚にいい色がついたら完成です♪

※ポイントは鍋ではなくフライパンで煮魚を作れるところです。
※アレンジとしては、お酒を使っていますが、お酒の代わりに梅酒を使うと旨さアップ!
※このレシピはいわし以外のお魚でもできますよ。

 

●お野菜編●

簡単なすの揚げびたし

材料:なす、めんつゆ、水、大葉やみょうがなどの薬味、サラダ油、かつお節

作り方

① なすはヘタを取り、適度な大きさに切って水にさらしてアクを抜きます。その間に、めんつゆとかつお節を合わせてタレを作っておきます。

② フライパンに浅めの油を入れ、温めます。そこに、水気をしっかり切ったなすを入れて揚げます。水気をしっかりと切らないと油がハネるのでご注意を!

③ なすがうっすらとキツネ色になったら、油から上げます。キッチンペーパーなどの上でしっかりと油をきってください。

④ なすをお皿に盛り付けたら、作ったタレをかけます。その上にお好みで大葉などの薬味をトッピングしたら出来上がり♪

※コツはタレを少し冷蔵庫で冷やしておくとさらに美味しくなりますよ。
※アレンジとしては、ピーマンでも美味しく作ることができます。

みなさんのお料理ライフが充実したものになりますように☆彡

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。