硬水と軟水の違いとは?料理ごとに使い分けると味に違いはでるの?

おいしく食べたい料理・食品知識





硬水,軟水,味,違い,料理,使い分ける

 

普段からミネラルウォーターを購入している人は、裏に書かれている表示を見た事があるかと思います。

販売されている水には硬水や軟水といった表示が書かれています。

しかし、この硬水と軟水の違いが分からない人も多いかと思います。

そんな硬水と軟水は、飲み比べをすると味の違いを感じる事ができます。

水に拘っている人の場合には、料理に使用する水にも拘りたいと思ったりするかと思います。

そして料理によって水を使い分けた場合には、どのような違いが出るのか気になるかと思います。

そこで硬水と軟水を料理によって使い分けた場合に、どのような違いが出るのかについてまとめました。

水に拘りたいと思っている人は参考にしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

硬水と軟水の違い

ミネラルウォーターを購入している人の場合には、裏の表示を見た事があるかと思います。

ミネラルウォーターには「硬水と「軟水という種類があります。

この硬水と軟水は飲み比べをすると味の違いが分かるかと思います。

しかし、どんな違いで硬水と軟水の区別をしているのか知らない人もいるかと思います。

この硬水と軟水は、水に含まれているカルシウムやマグネシウムの量によって区別しています。

水道水や国産のミネラルウォーターは、カルシウムやマグネシウムの量が少ない軟水となっています。

そしてカルシウムやマグネシウムの含有量が多い硬水は、重みのある味となっています。

少し苦みを感じられるような風味となっているのですが、この重みや苦みが好きという人も多いです。

硬水にはマグネシウムが豊富に含まれているのですが、このマグネシウムは便秘解消の効果を期待できます。

その為、便秘解消の効果を得る為に好んで飲んでいる人も多いです。

 

硬水と軟水を料理に使い分けた場合の味の違い

硬水と軟水は味の違いもある為、好みが分かれるかと思います。

そんな硬水と軟水は味や風味が異なるので、料理によって使い分ける事ができます。

異なった風味だからこそ、それぞれに合った料理があります。

もし硬水と軟水を使い分けて料理を作りたい場合には、どんな料理に適しているのか知っておく必要があります。

どんな料理に適した水なのかを理解して調理するようにしましょう。

そして、もし適していない料理に使用してしまった場合には水の風味が料理の味を邪魔してしまう可能性があります。

注意するようにしましょう。

 

硬水が向いている料理やメリット

硬水には、お肉の臭みを取り除いてくれる効果やアクを出しやすくしてくれる効果があります。

そして煮込んだお肉は柔らかく仕上がるというメリットもあります。

その為、お肉を使用した煮込み料理に向いていると言えます。

しかし、アクが出る時にアミノ酸やタンパク質も出てしまいます。

このアミノ酸やタンパク質は、和食では旨味として必要とされている成分となっています。

つまり和風の煮込み料理には向いていないので注意が必要となります。

硬水を使用して料理を行いたい場合には、お肉を使用した洋風の煮込み料理を作ってみましょう。

そして硬水を使用した際には、便秘を解消してくれる効果が期待できます。

しかし、その他にも硬水を使用する事で得られるメリットがあります。

例えば、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防してくれる効果があります。

これは硬水に含まれているカルシウムやマグネシウムが血液をサラサラにしてくれる効果があるからです。

血液がサラサラになる事で、血管に対する負担を減らす事ができます。

そして血液の塊が作られにくくなる為、これらの病気を起こしにくくしてくれるのです。

硬水を使用した美味しい料理を作って、病気の予防も行ってみましょう。
 

【スポンサーリンク】

軟水が向いている料理やメリット

軟水は癖が少ない水となっています。

そして日本の水道水や国産のミネラルウォーターは軟水なので、日本人にとっては馴染みのある風味だと思います。

そんな軟水が適した料理は日本料理です。

日本料理は素材そのものの味や風味を活かした料理が多いです。

その為、素材そのものの味や風味を活かす事ができる軟水は向いているのです。

この味や風味を活かす事ができる特徴は、軟水のメリットとも言えます。

その為、紅茶やコーヒー、日本茶などを淹れる際にも向いている水となっています。

味や風味を活かしたい場合には軟水を使用するようにしましょう。

そして軟水は味に癖がないので、どんな人でも受け入れやすいものとなっています。

含まれているマグネシウムの量も少ないため、腸に対する負担が少ないです。

その為、赤ちゃんにも負担を掛ける事がないので、小さなお子さんがいる家庭には軟水がおすすめとなっています。

硬水,軟水,味,違い,料理,使い分ける

 

 

硬水と軟水の使い分けについてのまとめ

販売されているミネラルウォーターの表示を見てみると硬水や軟水といった表示があるかと思います。

この硬水や軟水の違いは、水に含まれているカルシウムやマグネシウムの量です。

水に含まれているカルシウムやマグネシウムの量が多いものを硬水、少ないものを軟水と区別されています。

硬水は味に重みや苦みがあるのが特徴となっています。

しかし、硬水はお肉を使用した洋風の煮込み料理を作る際には向いている水となっています。

これは硬水がお肉の臭みを消してくれたり、アクを出やすくしてくれる効果があるので美味しく仕上がるのです。

さらにお肉を柔らかくしてくれる効果もあるので、柔らかくて臭みのない煮込み料理を作る事ができます。

そして硬水を使用した場合には、便秘解消や動脈硬化や心筋梗塞といった病気の予防を行えるといったメリットもあります。

お肉を使用した煮込み料理を作る際には、硬水を使用して便秘解消や動脈硬化などの予防を行ってみましょう。

軟水は、味がマイルドなので癖が少ない水となっています。

そんな軟水は、素材の味や風味を活かす事ができるので日本料理に向いています。

この素材の味や風味を活かせる点は、軟水のメリットと言えます。

そして風味を活かす事ができるので紅茶やコーヒー、お茶を淹れる際にもおすすめとなっています。

さらに軟水は含まれているマグネシウムの量が少ないので、腸に対する負担が少ないです。

その為、赤ちゃんにも負担を掛けにくい水となっています。

お子さんがいる家庭は軟水がおすすめとなっています。

料理によって、硬水や軟水を使い分ける事でより一層美味しく作る事ができます。

それぞれに良い点やメリットがあるので、上手に使い分けて料理をしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。