痛風対策にブラックコーヒーは効果があるの?尿酸値を下げるってホント?





痛風,原因,ブラック,コーヒー,影響,尿酸値,下げる

 

社会人になると付き合いで食事に行く事が増えます。

そして外食が増えると痛風になってしまう人もいます。

痛風は放置してしまうと悪化してしまう怖い病気です。

そして強い痛みを伴うものなので、改善したいと考えている人が多いです。

そんな痛風の原因は、尿酸値です。

痛風を改善するには尿酸値を下げる必要があります。

そして痛風の原因の尿酸値は、実はブラックコーヒーの影響によって下げる事ができると言われています。

そこで『ブラックコーヒーは、痛風の原因にどのような影響を与えるのかについて』まとめました。

痛風を改善したいと考えている人は参考にしてみてください。

そして痛風を改善する為にブラックコーヒーを飲んでみましょう。

 

【スポンサーリンク】

痛風とは?

社会人になると付き合いで食事に行く事が増えます。

外食が増えてくると突然、身体の関節が赤く腫れてしまう場合があります。

この赤みと腫れは強い痛みを伴います。

そのため、身体に異変が起きているとすぐに気が付く事が出来ます。

この関節の赤みと腫れ、強い痛みこそが痛風です。

痛風の痛みは、風が当たっただけでも強い痛みを感じるようになってしまうと言われています。

そのため「痛風」と名前が付けられています。

強い痛みがあるのですが、時間が経つと痛みが落ち着いてくる場合もあります。

痛みが落ち着いてくる場合には、病院に行かない人が多いです。

しかし病院に行かずに放置してしまう事で悪化してしまう可能性もあります。

痛風のような症状に気が付いた時には、かかりつけの病院を受診するように心掛けましょう。

 

痛風の原因は何?

痛風になってしまった場合には、しっかりと原因があります。

痛風を改善する為にも、まずは原因を知ってみましょう。

まず痛風の原因は尿酸というものです。

尿酸は「プリン体」という成分が代謝されたときに作られる老廃物のことです。

通常は、尿と一緒に排出されます。

しかし尿酸が多くなりすぎてしまった場合には、排出できずに身体に残ってしまいます。

そして身体に残った尿酸は関節に蓄積されやすい成分なので、関節の腫れや赤み、強い痛みが出現します。

これこそが痛風の痛みの原因です。

痛風にならないように気を付けたい場合には、まず「プリン体」を多く摂りすぎないようにする必要があります。

プリン体を多く含む食品にはレバーやしらこ、エビなどがあります。

これらの食品は、外食をした場合には食べる事が多いです。

そして外食をした場合には、アルコール飲料を飲む事が多いです。

実は痛風の原因の1つにアルコールがあります。

アルコールは尿酸の排出を邪魔してしまいます。

そのためプリン体を豊富に含んだ食品を食べてアルコールを飲んだ場合には、身体の中に尿酸が溜まりやすくなるのです。

痛風にならないためにも、プリン体やアルコールの摂りすぎには注意しましょう。

 

【スポンサーリンク】

ブラックコーヒーは痛風の原因に影響がある!?

痛風は強い痛みを伴うものなので、改善したいと考えている人は多いです。

そんな痛風は、ブラックコーヒーの影響で改善する事が出来ます。

まずブラックコーヒーには利尿作用があります。

そのためブラックコーヒーを飲む事でトイレに行く感覚が短くなる経験をした事がある人も多いかと思います。

この利尿作用こそが痛風の原因に影響を与えるとされています。

痛風の原因は尿酸が排出されない事で起きます。

ブラックコーヒーを飲む事で、利尿作用によって尿が出やすくなります。

尿酸を身体の外へ排出できる為、痛風の改善や予防を行う事が出来るのです。

付き合いなどで外食が多い場合には、プリン体を多く摂ってしまっている可能性が高いです。

積極的にブラックコーヒーを飲んで、尿酸を排出するように心掛けましょう。

 

1日にどれぐらい飲めば良いの?

ブラックコーヒーは利尿作用があるため、尿酸を排出する効果が期待できます。

そのため痛風の改善や予防の効果を得たい場合には、ブラックコーヒーを飲む必要があります。

しかしブラックコーヒーを1日に何杯も飲むのは辛いという人もいます。

そのため、1日に何杯飲むと決めるのはオススメできません。

1日に飲む量は決めずに、飲みたい時に飲みながら痛風の改善や予防を行っていきましょう。

そしてブラックコーヒーにはカフェインが多く含まれているため、苦手と感じている人もいます。

そのような人にはカフェインの量を減らしたデカフェがオススメです。

もちろんデカフェでも痛風の改善や予防を行う事が出来ます。

自分に合ったコーヒーを飲んで、痛風の改善や予防を行っていきましょう。

 

コーヒーと痛風の関係についてのまとめ

社会人になると付き合いで外食が増えます。

そして外食が増えると、痛風になってしまう人もいます。

痛風は関節の腫れや赤み、強い痛みを伴うものです。

しかし痛みは時間が経つと落ち着いてくる場合もある為、放置してしまっている人もいます。

痛風は放置してしまう事で悪化してしまうので、症状を感じた場合には早めに病院を受診しましょう。

強い痛みを伴う痛風は、尿酸値が高くなってしまう事で起きます。

尿酸は尿と一緒に排出されるのですが、尿酸の増加の原因となるプリン体やアルコールを摂りすぎてしまう事で痛風になってしまいます。

つまり痛風を予防するには、プリン体やアルコールを摂りすぎないように注意する必要があるのです。

さらに痛風には、ブラックコーヒーが良いとされています。

ブラックコーヒーが良いと言われている理由は、利尿作用があるからです。

そんなブラックコーヒーの利尿作用は、身体に溜まってしまいがちな尿酸を排出する効果が期待出来ます。

つまりブラックコーヒーを飲む事で痛風の改善や予防を行う事が出来るのです。

しかしブラックコーヒーにはカフェインが豊富に含まれている為、1日に何杯も飲むのは辛いです。

飲みたい時に飲むだけにするようにしましょう。

そして、カフェインが少ないデカフェでも痛風の改善、予防の効果を得る事はできます。

カフェインが苦手な場合には、デカフェを飲むようにしましょう。

痛風は強い痛みを伴うものなので、ブラックコーヒーで改善や予防を行っていきましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。