無添加洗顔フォームでニキビ予防。普通の石鹸や洗顔フォームとどう違うの?

いつもニコニコ健康知識





無添加洗顔フォーム,ニキビ,予防,石鹸,違い

 

無添加洗顔フォームとは界面活性剤や防腐剤、着色料や香料などが含まれていない洗顔フォームのことを言います。

このように、余分なものを含んでいない洗顔フォームは肌に優しく、ニキビ予防に効果的です。

肌トラブルも様々で、ニキビや乾燥肌、オイリー肌に敏感肌。

自分に合った洗顔料を選ぶ必要がありますよね。

ショップでも多くのメーカーの多様な商品が陳列されており、価格も様々。

正直どれを選べばよいか迷ってしまう方も少なくないでしょう。

洗顔料には色々な種類があります。

無添加洗顔フォームに通常の洗顔フォーム、洗顔石鹸。

一体どう違うのでしょうか?

そこで、今回は『無添加洗顔フォームと普通の石鹸ではニキビ予防にどう違うのか』について調べてみました。

 

【スポンサーリンク】

無添加洗顔フォームとは?

無添加洗顔フォームとは、界面活性剤や防腐剤などの添加物を含んでいない洗顔フォームのことです。

界面活性剤は台所洗剤や洗濯洗剤などに使用されています。

汚れを剥がす力がとても強く、洗浄効果が高いのが特徴です。

食器や衣類にはありがたい成分ですが、肌に対してはどうでしょうか?

その他にも着色料や香料など、商品としても美しさのための添加物は肌にとってどのように作用するのでしょう?

どれも肌にとっては余分なものだと感じますよね。

このような成分を含んでいないのが無添加洗顔フォームなのです。

 

通常の洗顔フォームや石鹸との違い

無添加ではない洗顔フォームには先に述べたような様々な余計なものが含まれています。

肌トラブルとは無縁な方にとっては香りや色などは価値があるのかもしれません。

ですがニキビや乾燥などに悩まされる敏感肌の方にはおすすめできません。

では、石鹸はどうでしょう?

石鹸には油分が少ないという特徴があります。

そのため石鹸での洗顔後には肌が乾燥したりツッパリ感を覚える方もいます。

また、油分が少ないことによって泡立ちが悪く、毛穴の中まで十分に洗えない可能性も否定できません。

洗顔の基本は十分な泡で優しく洗うことですから、泡立ちの良さは重要なポイントと言えますね。

【スポンサーリンク】

ニキビのできる仕組み

無添加洗顔フォームとニキビ予防の関係の前に、ニキビのできる仕組みについてお話しします。

ニキビは皮脂が過剰に分泌されることで起こります。

皮脂をエサに雑菌が繁殖し、毛穴が炎症を起こしている状態がニキビなのです。

人間の体には恒常性という仕組みが備わっていて、体を常に一定にしようと様々な働きをしています。

体温が一定なことやしょっぱいものを食べると喉が渇くのも恒常性の働きによるものです。

さて、皮脂についてです。

皮脂とは肌を乾燥から守るために分泌されます。

油膜でバリアを張って肌の水分を守っている状態をイメージしてください。

界面活性剤を含む洗顔フォームは、皮脂を落とす効果が高く、本来必要な皮脂まで落としてしまいます。

すると当然肌の水分は失われ乾燥しますよね。

それを感じ取った体は恒常性を維持しようと皮脂を分泌させようとします。

つまり、ニキビの原因となる皮脂を落とそうとすればするほど皮脂の分泌は増えるのです。

これってニキビ予防には逆効果だと思いませんか?

 

無添加洗顔フォームがニキビ予防に効果的な理由

無添加洗顔フォームには界面活性剤が含まれていないため、皮脂を落としすぎることがありません。

また、石鹸と違い泡立ちもよいため毛穴の汚れを落とす効果も十分です。

無添加洗顔フォームは必要な皮脂を残しつつ、十分な泡で汚れをしっかり落としてくれます。

ニキビ予防に効果的な理由はそこにあったのです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。