α波の音楽効果で睡眠を心地よく。α波のクラシックをご紹介





睡眠,音楽,α波,クラシック

 

春眠暁を覚えず。。。

この季節になると、なかなか起きられない、寝ても寝ても寝足りないなど、布団の中から出られないという方も多いのではないでしょうか。

さて、みなさんは寝るときにどのように寝ていますか。

アロマを焚いてリラックスしながら眠りにつく人、お気に入りのドリンクを飲んでから眠る人、それぞれにいろいろな睡眠導入のルーティンがあると思います。

その中で、音楽をかけて眠る人もいると思います。

今日は音楽を聴きながらの睡眠について掘り下げてきたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

睡眠と音楽の関係性とは

音楽というのは基本的には睡眠をジャマします。

これは普通に考えれば納得がいきますよね。静かな環境の中で眠るのと、音の中で眠るのでは違いがあって当然だからです。

私たちが音楽を聴く時、音は耳から神経を通って脳に入ります。

私たちが音を「音だ」と認識できるということは、神経や脳が活動したからです。

つまり、音が脳に入った時点で脳は活動してしまっているということになります!

音楽に意識を向け、集中して聴けば聴くほど、脳や神経は活性化してしまいます。

睡眠に入るためには脳のはたらきを落とす必要があります。

 

しかし、耳から入ってきた音は脳に刺激として伝わりますので、脳は活性化します。

音楽を聴くと、脳のはたらきを落とすどころか活性化させてしまうわけですから、当然眠りは妨げられます。

これで眠れるわけがありませんよね。

良い音楽やお気に入りの音楽であればあるほど、集中してその音を聴いてしまいます。

脳はより活性化し、眠る状態とは逆の状態になっていくのです。

眠るためには脳のはたらきを落とす必要があるため、刺激の少ない環境が一番です。

つまり、なるべく音が少ない、静かで暗いところが一番よく眠れるということです。

しかし、実際には眠りにつく時に、ラジオや音楽、テレビを付けたままで寝るほうがよく寝れるという人もいます。

では、どのような音(音楽、ラジオ、テレビ)の使い方が睡眠にとってよいのかをお話しますね。

朝までぐっすり眠る為には、布団に入ってから30分〜1時間後を目安に、タイマーで自動的に切れるようにしておくと良いでしょう。

低い音や静かな音、気にならないような単調な音は、リラックス効果があり、寝つきを良くするという事が分かっています。

この時、なるべく単調で、流していても気にならないような音楽や音源を使うのが理想的です。

音楽は、あなたの脳波をα波に変えていき、リラックス状態にしていくことで眠気を促し寝つきを良くしてくれます。

 

【スポンサーリンク】

いろいろな周波数について

α波は耳慣れたキーワードですが、人の脳波は周波数によって分類されています。

詳しくは下記の通りです。

γ波(ガンマ波) 起こっている時や興奮している時に発生
β波(ベータ波) 日常生活を送っている普通の時に発生
α波(アルファ波) リラックスしている時に発生
θ波(シータ波) うとうととまどろんでいる時に発生
δ波(デルタ波)  深い睡眠をとっている時に発生

 

 

起きている時の脳波は、主にβ波になっています。

これは脳が興奮状態にあり、活発に動いていることを示しています。

眠りにつくためには、心身をリラックスさせ、脳波をα波に変えていく必要があります。

そしてリラグゼーション音楽や睡眠用BGMは、リラックスさせα波に変える効果があるため、睡眠に効果的なのです。

 

リラックスできる音楽の条件とは

音楽の選曲に関しては、α波を引き出すリラックスできる音楽であることが大切です。

リラックスするための音楽を選曲する際には、次の項目を参考にしましょう。

  • 落ち着いた曲であること
  • 一定のテンポであること
  • 聞いていてあなたがリラックスできること
  • 歌詞が入っていないこと
  • 自然音も効果的
  • クラシックであればモーツァルトが効果的

パソコンでyoutubeなどの睡眠用BGMをかけることも一つの選択肢ですが、就寝前にPCの強い光の刺激を受けることで、脳が覚醒され、質の低い睡眠の原因にもなります。

理想としては、ポータブルCDプレイヤーなどを利用してヘッドフォン等をかけて聴くと良いでしょう。

 

α波を出すおすすクラシック

♪『カノン』パッヘルベル

♪『オンブラ・マイ・フ』ヘンデル

♪『G戦場のアリア』バッハ

♪『レクイレム』より『天国に』フォーレ

♪『亡き女王のためのパヴァ―ス』ラヴェル

♪『エストレリータ』ポンセ

♪『弦楽四重奏曲第2番』より『夜想曲』ボロディン

♪組曲『動物の謝肉祭』より『白鳥』サン=サーンス

♪『ペール・ギュント』組曲より『朝』グリーグ

 

なにかとストレスを感じやすい現代。

そんな中で毎日を頑張っているみなさんの心身をこれらの音楽で癒し、明日へのパワーを養う大事な睡眠時間に聞いてリラックスしてみてはいかがでしょうか♪

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。