3歳までに約束やルールを意識させるしつけとは

スクスク子育て知識





3歳,約束,ルール,しつけ

 

3歳前後の子供はまだ我慢をするという事が難しい年頃です。

その為、子供は何かの約束をしたり、何かのルールを教えても守れない事が多々あります。

しかし、約束やルールを守れない事で周囲に迷惑をかけてしまう事もあります。

子供が周囲に迷惑をかけてしまうと、しつけをしていないと思われてしまうのでお母さんとしては悩んでしまいます。

そこで子供に約束やルールを意識させるしつけについてご紹介します。

3歳の子供のしつけで悩んでいる方は、参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

3歳のしつけはどうしたら良いの?

3歳前後になると、第一次反抗期と呼ばれている時期に入ります。

その為、お母さんの言っている事に対して反抗をし始めます。

3歳になってくると色々な事も理解してきていますし、言葉もしっかりとしてきます。

行動で反抗を示す子も居れば、言葉でしっかりと伝えてくる子も居ます。

どんな子も反抗をするという事に変わりはないので、お母さんとしては悩んでしまうと思います。

悩んでいるお母さんの中には、今までしてきたしつけが悪かったのかもと自分を責めてしまうお母さんもいます。

しかし、このぐらいの時期の子供はみんな難しいのです。

だからこそ、お母さんのしつけにも工夫が必要です。

様々な事を理解して、色々な言葉を話していてもまだ小さな子供です。

1つ1つに怒っていたら、お母さん自身も疲れてしまいます。

まだ小さな子供だから仕方がないと考えるようにしていきましょう。

そして約束やルールを意識させる為に、日々の生活の中で練習をさせてあげるようにしましょう。

3歳,約束,ルール,しつけ

 

約束を守らせる練習をしましょう

3歳の子供は我慢をする事がまだ苦手な時期です。

その為、約束を守るという事も苦手です。

実は約束を守るというしつけは、日々の生活の中で練習させる事が可能です。

まずは小さな約束をして、守らせる練習をしましょう。

この時のコツは、守れるような些細な約束をする事です。

そして約束を守れた後には、しっかりと褒めてあげましょう。

約束を守れば大好きなお母さんに褒めてもらえると覚える事で、約束を守るようになってきます。

さらに褒めてもらう喜びを感じるだけでなく、達成感を感じる事も出来ます。

この達成感も子供のやる気に繋がっていくものです。

ある程度、些細な約束を守れるようになってきたら、大きな約束をする練習もしていきましょう。

しかし子供なので、ある日突然約束を守れるようになるわけではありません。

練習の積み重ねが大事なので、少しずつ約束を守れるように練習していきましょう。

 

【スポンサーリンク】

ルールは経験させて覚えさせよう

小さい子供はルールを守らなければいけないという事を知りません。

その為、公園で遊ばせても遊具の順番を守れなかったり、遊びのルールを守れなかったりします。

子供がルールを守れない事で周りにも迷惑をかけてしまうので、お母さんは困ってしまいます。

子供がルールを守れないのは、しつけの仕方が悪いわけではありません。

ルールを覚えるには経験が大事です。

その経験がまだ不足しているからこそ、守れない事があります。

子供にルールを学ばせたい場合には、公園や児童館に積極的に連れていきましょう。

そして、周りの子供と遊ばせながらルールを守らなければいけないという経験をさせていきましょう。

ルールというものを覚えるまでは思い通りにいかない事で泣いたり、癇癪を起こしたりする場合もあります。

最初はルールを守れず泣いたり癇癪を起こす子供を見て、お母さんも悲しくなるかもしれません。

しかし何度も経験するうちに、ルールを守らなければお友達と仲良く遊べないという事を少しずつ学んでいくようになります。

経験を通じて学んでいくので、気が付いた時にはお友達と仲良く遊ぶようになってきます。

ルールを覚えるまではお母さんも大変だと思います。

しかし幼稚園や小学校に入ると守らなくてはいけないルールがたくさんあります。

小さな頃から経験させておく事で、覚えていくので子供と一緒に頑張ってみてください。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。