セロリの葉っぱは生でも食べられます。美味しく食べるレシピを紹介





セロリ,葉っぱ生,,食べられる,レシピ

 

野菜を調理するとき、食べられる部分も捨ててしまっていることがよくあります。

中には食べると毒になるものもあるので都度よく検索してほしいのですが、食べられる部分を捨てるのは勿体無いです!

セロリの葉っぱもその一つで、捨てる方もいれば迷う方も多いようです。

結論からいうとセロリは葉っぱも食べられますし生でも食べられます!

しかも生で食べられる野菜は栄養価も高いです。

また、セロリの葉っぱにいたっては熱にも強いので加熱しても栄養価が下がることはありません。

ただ、セロリは茎も葉っぱも一クセあって苦手な方も多いですが、栄養価が高いのでぜひレシピを工夫して食べていただきたいです。

葉っぱが成長しすぎていると苦味や青臭さもキツくなるので苦手な方は、なるべく若いセロリを購入するようにしましょう。

それでは『セロリの葉っぱの栄養効果とそのレシピ』をご紹介いたします。

 

【スポンサーリンク】

セロリは葉っぱも食べた方が良い!

みなさんはセロリの葉っぱ、どうしていますか?

セロリの茎だけ調理して葉っぱは廃棄する方もいらっしゃるかと思います。

実は私もそうでした_ _;

しかし!

実は葉っぱには茎よりも栄養がたくさんあります!

 

セロリの葉っぱの栄養効果について

セロリの葉っぱにはB−カロテンがたいへん豊富でしかも茎と葉っぱを比較すると、葉っぱの方に茎の2倍のB−カロテンが含まれています。

B−カロテンにはがん予防のある抗酸化作用や免疫力をアップさせたりと体に大切な働きがあります。

その他にはカリウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維が含まれているので美容効果や便秘の改善にも効果があります。

セロリを摂る事による栄養を得たい方は葉っぱの部分も食べた方が確実に効果が得られますよ。

 

セロリの葉っぱは過剰摂取注意

ただし、セロリの栄養素の中には摂り過ぎると激痛を引き起こす結石の原因となるカリウムと、食物繊維の種類は不溶性の食物繊維なので摂り過ぎると腹痛を伴う便意を引き起こす可能性があります。

1日の摂取量は2〜4本程度に留めておきましょう。

 

セロリの葉っぱは生でも食べられるの?

セロリの葉っぱは生でも食べられます!

もちろん加熱調理をしても大丈夫です。

生のまま食べるとセロリの味が活きますし、逆にあの独特の味が苦手…という方は加熱調理をすることで香りや苦味を緩和することができますよ。

セロリの葉っぱも茎も熱に強い栄養素なのでお好みで調理しましょう。

 

【スポンサーリンク】

セロリの葉っぱを使ったレシピ

それではセロリの葉っぱを使ったレシピをご紹介いたします。

生でも食べられるバージョンと加熱バージョンの2つをご紹介いたします。

 

セロリの葉っぱサラダ(生)

凄く簡単なのに美味しかったです。

  • 材料

セロリの葉っぱ、オリーブオイル、塩少々、粗挽きコショウ少々

 

  • 作り方
  1. セロリの葉っぱをしっかり洗います
  2. 食べやすい大きさに切ります
  3. オリーブオイルをかけて混ぜ合わせます
  4. 塩少々と粗挽きコショウで味付けをしてさらに混ぜ合わせて完成です!

 

シンプルなのに塩コショウがとてもマッチしていてサラダにオススメです!

青臭さや苦味が苦手な方は、セロリを購入する際に葉っぱがあまり育っていないものを選ぶと良いですよ。

 

セロリの葉っぱのナムル(加熱)

ごま油とセロリの相性は意外と合いますよ。

  • 材料

セロリの葉っぱ、ごま油少々、塩1つまみ、チューブにんにく5mm程度、白ごま適量

 

  • 作り方
  1. ごま油、塩、にんにくを混ぜ合わせる
  2. セロリの葉っぱをさっと茹で、水でしめる
  3. 葉っぱをギュッと絞って、水気を切る
  4. 1の材料を混ぜ合わせて白ごまを加えて完成です!

 

セロリは葉っぱは生でもOK!必ず調理しましょう!

セロリの茎がテーブルに出やすいですが、葉っぱには茎の2倍の栄養があります!

また、生でも食べられるので簡単にサラダにしたり面倒な手間が省けるレシピがありますよ。

苦手な方は、葉っぱがあまり育っていないものを選んで是非、食べてみてくださいね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。