カリフラワーの栄養や効能とは?茹で方やピクルスの作り方もご紹介





カリフラワー,栄養,効能,茹で方,レンジ,ピクルス

 

カリフラワーは冬から春に旬を迎える野菜の一種です。

白くて淡い色をしているため、かわいいと子供から人気があります。

そんなカリフラワーは茹で方で失敗してしまうと、美味しさが損なわれてしまいます。

そこでレンジで簡単に行える失敗しない茹で方についてまとめました。

レンジで茹でた場合には美味しく茹で上がるだけでなく、時短で行う事が出来ます。

実践してみてください。

そしてカリフラワーにはどんな栄養や効能があるのか気になる人もいます。

そこで、『カリフラワーを食べる事で得られる栄養や効能について』もまとめました。

美味しく茹でて栄養を摂るようにしましょう。

カリフラワーはサラダに入れて食べる人が多いのですが、毎回同じ調理法だと飽きやすいです。

そんなときにオススメなのが、ピクルスです。

『カリフラワーをピクルスにする方法について』もまとめたので、サラダに飽きてしまった人は参考にしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

カリフラワーってどんな野菜?

カリフラワーはブロッコリーのような見た目をした野菜です。

冬から春に旬を迎える野菜なので、旬の時期にはスーパーにたくさん並んでいます。

ブロッコリーのような見た目ですが、白くて淡い色をしています。

そのため、かわいいと子供からも人気があります。

カリフラワーはブロッコリーと同じように、蕾の部分を食べる野菜です。

茹でてからサラダに入れて食べる人が多いです。

優しい味のする野菜なので、野菜嫌いの子でも食べられる事が多いです。

 

カリフラワーにはどんな栄養や効能があるの?

カリフラワーには、豊富に栄養が含まれています。

まず豊富に含まれているのが、ビタミンCです。

カリフラワーに含まれているビタミンCの量は、他の野菜や果物と比べても多いです。

そのため、美容の為にビタミンCを摂りたいと考えている女性から人気のある野菜となっています。

ビタミンCはビタミンEと一緒に摂る事で抗酸化作用の効果が期待できます。

つまりアンチエイジングの効果があるのです。

カリフラワーを食べる際には、ビタミンEを豊富に含んだものと一緒に食べるようにしましょう。

そしてカリフラワーにはビタミンC以外にも、ビタミンB6葉酸が豊富に含まれています。

葉酸は、妊活中の人や妊娠中の人に必要な栄養素となっています。

妊活中の人や妊娠中の人はカリフラワーを食べて葉酸を補っていきましょう。

 

【スポンサーリンク】

レンジで簡単に加熱調理してみましょう

カリフラワーにはビタミンCが豊富に含まれているのですが、ビタミンCは熱に弱い成分となっています。

そのため、お湯で茹でてしまう事でビタミンCが壊されてしまいます。

ビタミンCは美容に効果がある為、できる限り壊さずに摂りたいものです。

そんなときにオススメなのが、レンジで加熱する方法です。

レンジで加熱した場合には、お湯で茹でるよりもビタミンCを壊さずに調理する事ができます。

そしてカリフラワーは、お湯で茹でる事でボロボロと崩れやすくなります。

しかしレンジで加熱調理を行った場合には蒸して調理する方法に似ている為、崩れにくくなります。

カリフラワーをレンジで加熱調理する場合には、耐熱容器と塩を準備します。

  1. まずカリフラワーを水洗いします。水洗いをした後は、水気を切らないように注意してください。
  2. 食べやすい大きさに分けていきます。
  3. そのあとは耐熱容器にカリフラワーを並べて、ひとつまみの塩をふりかけます。
  4. あとはラップをふんわりとかけて、1〜2分ほど加熱するだけです。

電子レンジの種類によって加熱時間が異なるので、様子を見ながら調節するようにしましょう。

電子レンジを使用して加熱する場合には、時短で行うことができるので忙しい時でも簡単に行えます。

試してみてください。

 

カリフラワーはピクルスにしても美味しいです

カリフラワーは加熱した後にサラダに入れて食べたり、炒めたりして食べる人が多いです。

しかし調理方法が毎回同じだと飽きてしまう人もいます。

そのような場合には、ピクルスにするのがオススメです。

カリフラワーを使用してピクルスを作る場合には、まずカリフラワーを固めに茹でます。

そして、密閉袋にお酢、お水、お砂糖、塩を混ぜてピクルス液を作ります。

その中に固めに茹でたカリフラワーを入れて、漬け込みます。

漬け込む時間はお好みの味になるまで調節してみてください。

お好みで鷹の爪や赤唐辛子、薄切りにしたニンニクなどを入れる事でさらに美味しく仕上がります。

お好みの味のピクルス液を作って、カリフラワーのピクルスを作ってみてください。

 

カリフラワーの栄養や効能についてのまとめ

カリフラワーは白くて淡い色をしているため、かわいいと子供から人気があります。

そしてカリフラワーは、ブロッコリーのように蕾の部分を食べる野菜となっています。

茹でてサラダに入れたり、炒め物に入れて食べる人が多いです。

そんなカリフラワーにはビタミンCが豊富に含まれています。

そのため美容に気を使っている人が積極的に食べていることが多いです。

美容のためにカリフラワーを食べる場合には、ビタミンEが豊富に含まれたものと一緒に食べることでアンチエイジング効果を得ることが出来ます。

そしてビタミンCの他にも、ビタミンB6や葉酸が豊富に含まれています。

葉酸は、妊活中の人や妊娠中の人に必要な栄養素となっています。

妊活中の人や妊娠中の人は、積極的にカリフラワーを食べましょう。

カリフラワーを食べる際には、加熱調理を行う必要があります。

しかしカリフラワーに含まれているビタミンCは、熱に弱い成分となっています。

そのため、お湯で茹でてしまう事でカリフラワーに含まれるビタミンCが壊れてしまう可能性があります。

少しでもビタミンCを壊さずに加熱調理を行いたい場合には、レンジでの加熱がオススメとなっています。

レンジでの加熱調理は時短で行えるので、忙しい人にもオススメとなっています。

そして、いつもと違ったカリフラワーを楽しみたい場合にはピクルスがオススメとなっています。

カリフラワーのピクルスは、茹でたカリフラワーをピクルス液に漬けるだけで簡単に作る事ができます。

チャレンジしてみてください。

ビタミンCやビタミンB6、葉酸が豊富なカリフラワーを美味しく調理して食べてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。