名刺交換のマナーとは?渡す順番や渡し方、受け方など気をつけることいっぱいです

知っておきたい大人のマナー





名刺,交換,マナー,順番,渡し方,受け片

 

名刺交換の場面は、社会人になると突然迎えることも多々あります。

名刺交換のマナーを知らないと、大変恥ずかしい思いをすることになります。

名刺交換のマナーには、名刺を差し出す順番、名刺を交換する順番、片手での名刺の渡し方、片手での受け方など、覚えることがたくさんあります。

渡し方では、差し出す順番を知らないと、致命的なことになります。

受け方では、受け取ったあとの名刺の扱いにも気を付ける必要があります。

そこで、今回は『名刺交換での名刺の渡し方や受け方、また片手での名刺のやり取りについて』紹介します。

 

【スポンサーリンク】

名刺交換の場面

社会人になると、名刺交換の場面に出会います。

どのようなときに名刺交換をするのかというと、ビジネスで初めてお会いする方へご挨拶をするとき、パーティーなどでお近づきになりたい方へのご挨拶などです。

これから良い関係を築いていきたい相手への最初の挨拶という意味合いを持ちます。

名刺交換は、相手に与える第一印象に関わる重要な挨拶なのです。

つまり、第一印象である名刺交換を上手くできるかどうかで、今後のお付き合いへ大きく影響する要因となるのです。

 

名刺交換のマナー

まずは、名刺交換の基本的なマナーを見ていきましょう。

自分が渡す名刺は、折れ曲がりや汚れがないものを選びます。

どこに入れて持ち運ぶのがよいでしょうか。

名刺は、名刺入れに入れて、名刺入れは上着の内ポケットに入れるのが基本です。

上着を着ていない状況では、カバンに入れます。

絶対に名刺入れを入れてはいけない場所があります。

それは、ズボンのポケットです。

名刺入れには、これから相手へお渡しする自分の名刺が入っています。

座ったときに下敷きになったり折れ曲がったりした名刺を相手へ渡すことは失礼です。

ズボンに入れることは絶対にやめましょう。

名刺交換の際は、立って相手と対面になった状態で行うことが基本です。

座ったままや、机を挟んだ状態での名刺交換は控えましょう。

どうしても、立って対面になれない場合には、ひとこと断りを入れてから、丁寧に名刺を交換しましょう。

名刺を交換するときには、名刺入れをお皿のように使います。

自分の名刺を名刺入れの上に置き、その状態で胸のあたりに持ち、そこから相手へ差し出します。

このとき、自分の会社名、部署、名前を相手に紹介します。

名刺を受け取るのは両手で行います。

受け取るときは、相手の名刺の文字部分を押さえないように気を付けましょう。

受け取った名刺は、名刺入れの上に置きます。

名刺交換が終わり、席に着いたら、机の上に頂いた名刺を名刺入れの上に置きます。

複数人で名刺交換を行った場合には、名刺を席順に並べ、もっとも立場が高い方の名刺を名刺入れの上に置きます。

【スポンサーリンク】

名刺交換での順番と片手での渡し方、受け方

名刺交換の順番は、立場の高い方から行います。

名刺を差し出す順番は、立場の低い方から差し出します。

名刺の渡し方と受け取り方ですが、基本的には両手で行います。

ただし、片手で行うこともマナー違反とはなりません。

できるだけ丁寧な印象を与えるために、両手で行うことが良いと思われます。

片手で名刺のやり取りをする場面は、複数人で名刺交換を行うときが多いです。

片手で渡すのは、できるだけ短時間で名刺交換を済ませるためです。

この場合は、まず両手で自分の名刺を胸のあたりまで持っていき、片手で名刺を差し出し、もう一方の手で相手の名刺を受け取ります。

相手から受け取った名刺は、すぐに両手で持ちます。

 

名刺交換についてのまとめ

以上の名刺交換のマナーを練習して身に付けていれば、名刺交換で恥をかくことはありません。

自信を持った名刺交換で、第一印象を良くしましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。