ごぼうの下処理で保存期間が変わる?冷蔵庫より冷凍庫が良いみたい

おいしく食べたい料理・食品知識





ごぼう,下処理,やり方,保存,期間

 

スーパーなどではごぼうが1本の状態で販売されている事が多いです。

そんなごぼうは1週間ほどで傷んでしまう場合が多いです。

その為、家族が少ない場合や1人暮らしの場合には余ってしまいやすいので、困ってしまう場合もあるかと思います。

そんなごぼうは、下処理のやり方で保存期間を長くする事ができます。

保存期間を長くする事で、ごぼうを無駄なく食べきる事ができます。

そこでごぼうの保存期間を長くする下処理のやり方や保存方法についてまとめました。

上手に下処理や保存を行って保存期間を長くしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

ごぼうの下処理で保存期間が変わります

ごぼうはスーパーで1本の状態で販売されている事が多いです。

その為、家族が少ない場合や1人暮らしの場合には食べきれず余ってしまう場合が多いかと思います。

既に泥が落とされて販売されているごぼうや新ごぼうは、痛むのが早いです。

その為、買ってきてから1週間弱で傷んでしまいダメになってしまう事が多いです。

泥付きで販売されているごぼうは洗ってあるものよりも長持ちはするのですが、泥を落とすのが大変なので調理をするのが面倒となっています。

傷んでしまうのが早い事や大量に消費するのが難しい事などが原因で、ごぼうを無駄にしてしまう人も多いです。

そんなごぼうは、下処理や保存方法によって長持ちさせる事が可能です。

家族が少ない場合や1人暮らしの場合には、下処理や保存方法を変えてごぼうを長持ちさせてみましょう。

 

おすすめの保存方法

1週間ほどしか保存できないごぼうも、上手に下処理や保存方法を行う事で長持ちさせる事ができます。

  • ごぼうの下処理について
  1. ごぼうはよく洗って泥を落としてから、皮を取ります。
    ピーラーで皮を剥いてしまう人もいるのですが、ごぼうらしい風味を残す為にもたわしなどで擦って皮を薄く取るような感じにするのがおすすめです。
  2. 使いやすいようにささがきにしたり、細切りにする。
  3. 変色の予防やあく抜きの為に、水に5分ほどさらします。

 

これで下処理は終わりです。

 

  • 保存方法について

ごぼうの保存方法でおすすめなのは、冷凍保存です。

  1. 下処理を行ったごぼうの水気をキッチンペーパーで取る。
  2. 保存袋やタッパーなどに入れて冷凍庫に入れる。
    1回分など使いやすい量で小分けにして保存する事で調理する際に楽かと思います。

保存方法はこれで終わりです。

冷凍していたごぼうは1〜2カ月程、保存する事が可能となっています。

美味しく食べる為にも、2カ月以内を目途に使い切るように心掛けましょう。

 

【スポンサーリンク】

冷凍保存するメリット

ごぼうを冷凍保存する事で、いくつかのメリットがあります。

まず大きなメリットは保存期間を長くする事ができるという点です。

そのままで保存した場合には、1週間ほどで傷んでしまいます。

そして、ささがきなどにして冷蔵保存をしていた場合には2〜3日程しか持ちません。

それに対して、下処理をした後に冷凍保存をした場合には1カ月程保存する事が可能です。

保存期間を長くする事で、何度かに分けて食べる事ができます。

つまり無駄にする事なく食べきれるので、冷凍保存はおすすめの保存方法となっています。

そして、それ以外のメリットは調理が簡単に行えるようになるという点です。

冷凍保存を行う場合には、ごぼうの下処理を済ませておく必要があります。

つまり、調理をする際には切る事やあく抜きが既に終わっているので簡単に調理する事ができます。

 

冷凍保存した場合の調理方法

ごぼうを冷凍保存しておいた場合には、調理する際に気をつけなくてはいけない点があります。

それは解凍せずにそのまま使用するという点です。

冷凍しておいたものなので解凍をしてから使用すると思う人もいるのですが、解凍してしまう事でごぼうの食感が変わってしまいます。

その為、解凍してしまった場合にはごぼうらしい食感を楽しめなくなってしまいます。

冷凍保存していたごぼうを使用する際には、そのまま調理をするようにしましょう。

そして冷凍保存をした場合に気になるのは食感や味に関してだと思います。

まず食感に関しては、シャキシャキとした食感が残っています。

その為、冷凍保存をしていたごぼうと気が付かない人もいるかと思います。

味に関しても変わりないので、美味しく食べる事ができます。

しかし、冷凍保存する事でごぼうの香りが多少失われてしまう場合がありますので注意しましょう。

そして冷凍保存していたごぼうを調理をした場合には、時間の経過と共に黒っぽくなってしまう場合もあります。

作り置きには向かないので調理した際には早めに食べきるように心掛けましょう。

ご ぼう,下処理,やり方,保存,期間

 

ごぼうの下処理と保存についてのまとめ

ごぼうはスーパーなどで1本の状態で販売されている事が多いです。

洗われて販売されているものや新ごぼうは、1週間ほどで傷んでしまいます。

泥付きのものだと洗ってあるものよりは長持ちするのですが、調理をする際に泥を落とすのが大変だと感じる人が多いです。

長期間の保存が難しいごぼうは、家族が少ない場合や1人暮らしの場合には食べきれずに困ってしまう場合もあるかと思います。

そんなごぼうは、上手に下処理をして保存方法を変えるだけで保存期間を長くする事が可能です。

まず下処理の方法は、洗ってから皮を取ります。

そして使いやすいようにささがきなどにしてから、5分ほど水にさらします。

水にさらす事で変色の予防やあく抜きを行えるのでしっかりと水にさらしましょう。

そのあとはキッチンぺーパーで水気を取って、保存袋やタッパーに入れて冷凍保存します。

使いやすいように小分け保存するようにしましょう。

こうする事で、1カ月程保存する事ができます。

そして冷凍保存した場合には、下処理が済んでいるので調理をする際は簡単に行えるというメリットもあります。

美味しく食べきる為にも下処理を行ってから冷凍保存をしてみましょう。

冷凍保存をしたごぼうを調理する際は、解凍すると思う人が多いです。

しかし解凍してから調理を行う事で、ごぼうの食感を楽しめなくなってしまう可能性もあります。

冷凍保存していた場合には、食感を残す為にも解凍せずそのまま調理するようにしましょう。

しかし、冷凍保存をしておいたごぼうを調理した場合には変色しやすいので作り置きには向きません。

調理をした後には早めに食べきるように心掛けましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。