ジャガイモの芽の毒の名前や症状を知ってますか?

おいしく食べたい料理・食品知識





じゃがいも,芽,毒,症状,名前

 

ジャガイモの芽には毒があるという事を聞いた事がある人もいると思います。

しかし、その毒はどんな名前なのか、毒を口にしてしまった事でどのような症状が表れるのか詳しく知らない人も多いかと思います。

ジャガイモの芽に含まれている毒は、摂取し過ぎてしまう事で様々な症状が表れます。

特に子供の場合には大人よりも身体が小さいので、このジャガイモに含まれる毒によって中毒を起こしてしまう危険性があります。

つまり身体を守る為にも、ジャガイモの芽に含まれている毒の名前や毒の症状を知っておく必要があるのです。

そこで、ジャガイモの芽に含まれる毒についてまとめました。

毒から身体を守る為にも、知っておくようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

ジャガイモの芽に含まれる毒とは?

ジャガイモの芽には毒が含まれているという事を聞いた事がある人は多いかと思います。

しかし、どんな毒なのか詳しく知らないと、中毒を起こしてしまった時に気が付かない可能性があります。

身体を守る為にも、ジャガイモの芽に含まれている毒について知っておきましょう。

ジャガイモの芽には「ソラニン」や「チャコニン」という名前の毒が含まれています。

この毒は、神経に影響を及ぼす毒となっています。

そして、ジャガイモの芽に含まれている毒はサリン」に似た作用を持った危険な毒となっています。

これらの毒はジャガイモの芽に多く含まれているものなのですが、実はジャガイモの芽以外にも含まれている場合もあります。

ジャガイモは様々な料理に使える野菜なので、人気があります。

しかし毒が含まれているジャガイモを食べてしまった場合には、様々な症状が表れてしまうので注意が必要となっています。

 

どんな症状が表れるの?

ジャガイモの芽に含まれている「ソラニン」や「チャコニン」は神経に影響を及ぼす毒となっています。

これを聞くだけでも、怖い毒なのだと理解する事ができます。

そんな怖い毒を多く含むジャガイモを食べてしまった時には、吐き気や嘔吐、腹痛、下痢、頭痛などの症状が表れます。

ジャガイモを使用した料理を食べた後にこれらの症状が表れた場合には、ジャガイモに毒が含まれていて中毒を起こしてしまっている可能性があります。

そして、ジャガイモの芽に含まれている毒を大量に食べてしまった場合には死に至る危険性もある為、とても危険なものとなっているのです。

子供の場合には大人よりも身体が小さいので、少量で中毒を起こしやすいので更に注意が必要となっています。

 

注意が必要なじゃがいも

ソラニン」などの毒は、ジャガイモの芽に多く含まれています。

その為、ジャガイモを使用する場合には皮を剥くだけでなく芽をしっかりと取る事が大切です。

包丁を使用して芽を取ってから調理するようにしましょう。

そして、実は芽以外にも毒が含まれてしまっている場合もあります。

その場合には、ジャガイモが全体的に緑色に変色してしまっています。

その為、まずは見た目で気が付く事ができます。

ジャガイモが緑色に変色してしまう原因は日光です。

ジャガイモは日光に当たる事で、「ソラニン」など毒の成分が増えてしまうのです。

その為、ジャガイモを使用する場合には緑色に変色をしていないかしっかりと見るように心掛けましょう。

 

毒から身体を守る為に出来る事

ジャガイモの芽や緑色に変色してしまったものには、神経に影響を及ぼす毒が含まれているので危険なものとなっています。

その為ジャガイモを調理して食べる際には、毒を食べてしまわないように注意する必要があります。

まず行える事は、ジャガイモを調理する際には芽をしっかりと取るという事です。

ジャガイモの皮を剥いた後に、芽はないか確認をするように心掛けましょう。

そして少しでも気になる芽があった場合には取り除くようにしましょう。

次に行える事は、ジャガイモを日光に当てないように保管するという事です。

日光に当たってしまう事で「ソラニン」が増えてしまい、緑色に変色します。

つまり、緑色に変色してしまったジャガイモには「ソラニン」が多く含まれているので注意が必要となっています。

自宅で保管していたジャガイモが緑色に変色してしまった場合には、注意しましょう。

そして次に行える事はジャガイモが緑色に変色してしまった場合です。

緑色に変色してしまったじゃがいもは、絶対に食べられないというわけではありません。

この緑色に変色してしまった部分に「ソラニン」が多く含まれているという事なので、この緑色の部分を取り除く事で食べる事は可能です。

緑色の部分が残らないように分厚く皮を剥くようにしましょう。

そして、ジャガイモの毒による中毒を起こす場合の多くは家庭菜園で作ったものや学校で栽培したものとなっています。

その為、家庭菜園や学校で作ったジャガイモを調理して食べる際には注意が必要となっています。

じゃがいも,芽,毒,症状,名前

 

ジャガイモの芽の毒についてのまとめ

ジャガイモの芽には「ソラニン」や「チャコニン」という名前の毒が含まれています。

この毒は神経に影響を及ぼすものとなっています。

そして、この毒は「サリン」に似たものとなっているので危険なものとなっています。

もし食べてしまった場合には、吐き気や嘔吐、腹痛などの中毒症状が表れます。

そして大量に食べてしまった場合には、死に至る可能性もあります。

特に子供の場合には、大人よりも身体が小さいので少量でも中毒を起こしやすくなっています。

子供が食べてしまわないように親が注意するように心掛けましょう。

そんなジャガイモの芽に含まれている毒は、芽だけでなく日光に当たって緑色に変色してしまったジャガイモにも含まれています。

その為、ジャガイモを自宅で保管する場合には日光に当たらないようにするなど配慮が必要となります。

ジャガイモの芽や変色してしまったジャガイモの毒から身体を守る為には、行える事がいくつかあります。

まず行える事は、ジャガイモを調理する際には芽をしっかりと取り除く事です。

そして、もし変色してしまったジャガイモを調理する際には、緑色になってしまった部分を分厚く剥いて取り除く事が必要となります。

じゃがいもの毒で中毒を起こしてしまわないように注意するように心掛けましょう。

そして、この中毒は家庭菜園で作ったものや学校で栽培したものを調理した場合に起きやすいです。

家庭菜園や学校で育てたジャガイモを調理する際には、注意するようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。