とうもろこしの茹で方はレンジと塩で簡単に!

おいしく食べたい料理・食品知識





とうもろこし,茹で方,レンジ,皮付き,塩,簡単

 

夏に美味しいとうもろこしですが、一粒ずつ食べますか?かぶりつきますか?

わたしは前者です!

一粒一粒甘くて美味しいんですよねー、かぶりつくのも豪快で美味しくいただけますが、一気に食べるのは勿体なくて(笑)。

さて、今回はとうもろこしの食べ方の話ではなくて茹で方の方法をご紹介いたします。

スーパーなどで生のとうもろこしが販売されていますが、暑い中茹でるのは面倒…とか(すみませんソレ、私です)茹で加減が難しい…とか何となく美味しく茹で上がらない!何故?などなど悩みを抱えているかたもいらっしゃるはず。

そんな方に電子レンジと、塩を使った簡単な茹で方をご紹介いたします。

簡単なので、3時のおやつにとうもろこしを出していたら飽きた……と言われたほど簡単です涙。

それでは、とうもろこしを電子レンジと塩を使った茹で方をご紹介いたします。

 

【スポンサーリンク】

美味しいとうもろこしの見分け方のポイント

実際に茹でる前に美味しいとうもろこしの購入ポイントを押さえておきましょう!

  • 重たければ重たいほど良い
  • 色が濃くハッキリとした色合いのものを
  • ヒゲがふさふさで濃い茶色
  • 粒がバラバラではなく出来るだけ均等に揃っているものを

この4つのポイントが揃っていれば美味しいとうもろこしです。

 

また鮮度の高いとうもろこしは

  • 全体が湿っている
  • 実が白っぽい
  • 茎の切り口が白っぽい

この3つがポイントです。

 

美味しさと鮮度を求めるなら計7つのポイントに注目して選びましょう。

また、購入してすぐ皮をはいでしまうと、鮮度の落ち方が加速するので、注意してくださいね。

 

とうもろこしを電子レンジで簡単に茹でる方法!

ところで、とうもろこしの皮むきや、お湯を沸騰させるのって手間というほど手間ではありませんが、それよりも簡単な方法があればそちらの茹で方で楽したいですよねー。

そんなあなたに、とうもろこしを電子レンジで簡単に茹でる方法をご紹介いたします(お湯を使わないので茹でる、というよりは「加熱する」が近いかもしれません)。

皮付きのとうもろこしをレンジで加熱する方法

  1. 皮のままのとうもろこしを耐熱皿に載せてラップをかけないで電子レンジで5分(500wの場合)加熱します
  2. 加熱後、葉と茎の先端から3センチ上の部分を切り落とします。
  3.  切り口から皮をスルスルはがして完成です!

 

皮がスルスルはがれるこの方法が一番簡単ですが、購入したとうもろこしが皮なしの場合は塩を使ってレンジで加熱する方法を試してみてください。

皮なしのとうもろこしをレンジで加熱する方法

  1. とうもろこしを水で洗い、濡れたとうもろこしを塩一つまみの分量で揉みます。
  2. ラップをかけて5分間(500wの場合)加熱します
  3. 粗熱がとれたら出来上がりです!

 

こちらも簡単ですよね!

【スポンサーリンク】

 

とうもろこしを電子レンジで加熱するメリットは?

とうもろこしを電子レンジで加熱するメリットは調理の手間を省く以外に、とうもろこしの味と栄養に関するメリットがあります。

お湯で茹でてしまうと、どうしてもお湯(水)に栄養分が溶けてしまいますが、お湯を使わない加熱方法を行うことによって栄養が逃げません(※熱に弱い栄養は失ってしまいます)。

また、電子レンジを使うとお湯で茹でたとうもろこしよりも甘さが全く違います!

皮のまま加熱したものと皮がむけたとうもろこしを比べると、甘さは皮のまま加熱したものの方が美味しいですが、塩をもみこむ事により甘みが際立つようになります。

塩を使うことにより熱中症の予防にもなるほか、塩には甘みを引き出す効果があります(すいか+塩もこういった理由です(^^))!

 

電子レンジで簡単にとうもろこしを茹でよう!

お湯で茹でると何だか味が劣るなぁ…と感じる方は電子レンジを使って茹でてみてください!

お湯にくらべてシャキシャキしていて、その上、早くて美味いです!!

簡単なので是非、試してみてくださいねー(^^)

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。