子どもに自転車の乗り方を教える時の練習方法とは?

スクスク子育て知識





子ども,自転車,初めて,教える,コツ

 

初めて自転車に乗れた日のことを人は決して忘れないと言います。

実際、私も自転車に初めて乗れた時のことを今でも鮮明に覚えています。

あの日の天気や風の匂いまでも忘れられません(^^)

初めて自転車に乗れた日はかけがえのない思い出です☆

私の実家では、子どもたちに自転車を教えるのは父親の役目だったので、乗り方のポイントなどや日々の練習は父親に教えてもらいました。

そして今、私が自分の子どもたちに自転車の乗り方を教える番になりました。

父親から教えてもらったように我が子にも・・・と思うのですが、なかなか上手くいかないんです(>_<;)

我が家の場合は、初めに自転車に慣れるために、コマ付き(補助輪)の自転車から始めました。

しかし、それに慣れすぎてしまい、いざコマなし自転車になるとなかなか乗れず・・・。

苦戦をしていますが、1日でも早く乗れるようになるために親子で頑張って練習しているところです。

そこで、今日は初めての自転車について、子どもへの教え方や乗り方のポイントなどについてお話していきます。

 

【スポンサーリンク】

初めての自転車を教える時の練習方法とは

大事なのは自転車に乗る感覚!まずは感覚を養うのがポイント!

まずは子供に、同じ自転車であっても二輪は、今まで乗っていた補助輪付きとは全く違う乗り物になるという事、その”ちがう感覚“を早く感じ取らせる事が重要です。

そのために下記のような順で子どもに教えてあげてみてください(^^)

 

① ハンドルを一緒に持って前に進みましょう!

※あくまでも親の手は軽く添える程度に。力は入れず、子ども本人に任せましょう☆

ここで重要なのは、コマがないとコケる=バランスをとらないとコケる、を感じさせる事がポイントです。

 

②手首を持って一緒に走りましょう!

※この時はしっかり子どもの手を持ってあげましょう!

ここでは「乗れる人の感覚」を教えてあげます。

自分が乗ってる感覚で、子供の手をハンドルと思い操作してあげてくださいね(^^)

右に寄ると左、左によると右、という具合に小刻みなハンドル操作を体験さると効果的ですよ☆

 

③ペダルを漕がせる。(②をやりながら)

「補助付きは止まっていてもコケない。」 という思いを、「補助無しは漕がないとコケる!」ということを徹底的に教え込みます!!

慣れてくると子供も、補助付きより自転車が”軽く”なった感じを楽しむようになります。※近くに小さな坂道などがあったら、そこも是非体験させましょう。

 

④ ②とおなじ要領で、肘⇒上腕⇒肩の順に持って練習しましょう!

だんだんと、自分の手でハンドルを操作する状態に近づけていきます。

※無理をせず、子供が慣れてから徐々持つ位置を肩の方へと上がっていってあげてくださいね(^^)

 

⑤ ③④を組み合わせながら練習を繰り返します!

たまに「ひとりで上手に乗れてるよ~~」などと、子どものやる気スイッチをオンにしてやるような言葉もかけてあげてくださいね(^^)

その言葉がモチベーションを上げて、独り立ちしてのれるようになる鍵なのです☆

 

このような流れで少しづつ自転車に乗る感覚を身に付けたら・・・

最後はコレです!!

 

【スポンサーリンク】

サドル or 荷台を持って支えてあげましょう!

サドル or 荷台を持ち、支えてあげる段階まできたら、もう自転車に乗れたも同然です(^^)v

今までの練習でバランスを身に付け、自分で漕ぐことへの恐怖心がなくなり、自転車の楽しみを感じ始めた子ども。

後ろでパパやママが支えてくれているという安心から、子どもは自信を持って前に前にと漕いで行きます。

子どもが上手に乗れたているな と感じたパパとママはゆっくりサドル or 荷台から手を離してください!

すると・・・どうでしょう♪(^^)

子どもは親の手が離れたことにも気づかず、自分の力で自転車を漕いでいるではないですか♪♪

何度かこのやり方をしていくうちに、子どもは完全に自転車の乗り方をマスターしますよ。

 

※ここで大事なのは、手を離したことを絶対に子どもに気づかれないことがポイントです!

手を離されたことに気づいてしまうと、子どもは一気に不安と恐怖に飲み込まれてしまい、これまでの練習が水の泡です・・・。

ですので、手を離す時は慎重にお願いします。。。m(_ _)m

 

いかがでしたか。

子どもに初めての自転車を教えるポイントをお話してきましたが、全ての工程で共通していることは、「自転車に乗る練習は子どもの成長を親子で一緒に感じるための親子の共同作業」という点だと思います☆

初めて自転車に乗れた日を人が忘れない理由もそこにあるのだと思います♪(^^)

初めての自転車の練習を通して、親子の大切な時間と思い出にしてくださいね☆

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。