桔梗湯の効果的な飲み方やうがいの方法とは?花粉症や喉が痛む時におすすめです

いつもニコニコ健康知識





 

風邪を引いてしまった時や花粉症を起こしている時には、喉の痛みが症状として現れる事があります。

喉の痛みが悪化してしまうと、お水を飲むだけでも痛みを感じるようになるので苦痛を伴います。

そんな喉の痛みは桔梗湯という漢方薬やうがいで改善する事が可能です。

そこで効果的な桔梗湯の飲み方やうがいの方法についてまとめました。

喉の痛みを感じた場合には効果的な方法で改善するように心掛けましょう。

 

【スポンサーリンク】

何故、風邪や花粉症の時は喉が痛むの?

風邪を引いてしまった時や花粉症を起こしてしまっている時には喉が痛む場合があります。

そんな喉の痛みは、悪化するとさらに痛みを感じるようになります。

痛みが強くなってしまった場合には、お水を飲めなくなってしまう事もあります。

では、なぜ風邪や花粉症の時には喉に痛みを感じるのでしょうか。

まず風邪を引いてしまっている場合には、ウイルスや細菌が原因となっています。

ウイルスや細菌に感染している事で、身体は抵抗反応を起こします。

その結果、炎症を起こしてしまうので、喉が腫れてしまったり痛みを感じる症状が起きるのです。

しかし花粉症はアレルギー反応なので、炎症を起こしているわけではありません。

花粉症の場合には、アレルギー反応を起こす事でヒスタミンという成分が分泌されます。

この分泌された成分によって鼻水が出たり、喉の粘膜が腫れて痛みを感じるようになるのです、

つまり風邪と花粉症では、喉の痛みが起きる原因が異なるのです。

しかし原因は異なるのですが、同じ方法で喉の痛みを改善する事が可能なのです。

 

まずはうがいをしましょう!

喉の痛みを感じる場合には、まずはうがいをしましょう。

うがいには2つの効果があります。

まず1つ目の効果は喉を潤す事です。

喉が乾燥してしまう事で痛みを悪化させている可能性があるので、うがいをして喉を潤すようにしましょう。

特に風邪の場合には乾燥で痛みが悪化している事が多いので、うがいをして喉を潤すように心掛けましょう。

そして2つ目の効果は喉の痛みの原因を洗い流す事です。

喉の痛みは、風邪の場合にはウイルスや細菌が原因で、花粉症の場合には花粉が原因となっています。

喉の痛みの原因は、うがいをする事で洗い流せます。

特に花粉症の場合にはアレルゲンである花粉を洗い流す事で、だいぶ痛みを改善する事ができます。

まずは、うがいで喉の痛みを改善するようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

喉の痛みには桔梗湯がおすすめです!

喉の痛みはうがいで多少は改善する事ができます。

しかし、うがいだけでは改善できない場合には、どうにか痛みを和らげたいと思うかと思います。

そんな時におすすめなのが桔梗湯です。

桔梗湯は漢方薬です。

ドラッグストアで販売されているので、誰でも購入する事が可能です。

そんな桔梗湯は普通に水などで飲む事も可能なのですが、喉の痛みが強い場合には他の飲み方がおすすめです。

そのおすすめの飲み方は、桔梗湯をお湯で溶いて喉に染み渡るようにしながら飲む方法です。

喉に染み渡るように飲む際には、うがいをするようにしてから飲む事でさらに効果を感じる事ができます。

これは桔梗湯に含まれている成分が、炎症や痛みを起こしている喉に直接触れる事で痛みや炎症を緩和する事ができます。

痛みがひどい場合には、試してみてください。

桔梗湯,効果的,飲み方,うがい,花粉症,喉

 

マスクも使用しましょう!

喉の痛みや炎症は、うがいや桔梗湯で改善する事ができます。

しかし、マスクを使用する事で痛みをさらに緩和する事が可能です。

実践してみてください。

まず、風邪を引いている場合には、マスクをつける事で乾燥を防ぐ事ができます。

乾燥を防ぐだけで喉の痛みを緩和する事ができるので、マスクをつけてみてください。

そして花粉症を起こしている場合には、マスクをつける事で花粉が身体に侵入してしまう事を防ぐ事ができます。

花粉症の症状は、花粉の侵入を防ぐ事で緩和する事が可能です。

つまり、花粉症の症状を落ち着かせたい場合にはマスクをつけて花粉が身体に侵入しないようにする必要があるのです。

マスクと顔の間に隙間が開かないように注意しましょう。

風邪と花粉症のどちらの喉の痛みにもマスクは効果的なので、マスクをつけるように心掛けましょう。

 

桔梗湯の効果的な飲み方のまとめ

風邪を引いてしまった時や花粉症を起こしている時には、喉の痛みを感じる事があります。

風邪の場合にはウイルスや細菌に感染してしまう事で炎症を起こしたり、喉に腫れを起こします。

その結果、痛みを感じるのです。

そして花粉症の場合にはアレルギー反応を起こする事でヒスタミンという成分が分泌されます。

このヒスタミンによって、鼻水や喉の腫れといった症状が起きてしまうのです。

風邪と花粉症では、喉の痛みを感じる原因は異なります。

しかし、どちらの痛みに対しても行える対処法は一緒です。

まず喉の痛みを感じた時に行って欲しいのは、うがいです。

乾燥で喉の痛みが悪化している場合には、うがいをする事で喉を潤す事ができるので喉の痛みが緩和されます。

そして花粉症で喉に痛みを感じている場合には、うがいをする事で痛みの原因となっている花粉を洗い流す事ができます。

つまり、どちらが原因でもうがいをする事で喉の痛みを緩和する事が出来るのです。

さらに、喉の痛みを緩和する為におすすめなのが桔梗湯です。

桔梗湯は漢方薬の一種で、喉の痛みに効果があるものです。

ドラッグストアで販売されているので、誰でも簡単に購入する事が可能となっています。

そんな桔梗湯はそのまま水で服用するのも大丈夫なのですが、喉の痛みが強い場合にはお湯で溶いてから服用する事をおすすめします。

そしてお湯で溶いて服用する際は、喉に染み渡るようにゆっくりと飲むようにします。

こうする事で桔梗湯の成分が喉に直接触れるので、より効果を感じる事ができます。

痛みが強い場合には、試してみてください。

喉の痛みはうがいや桔梗湯で緩和する事が可能なのですが、マスクをつける事で痛みをさらに緩和する事ができます。

風邪の場合には乾燥予防を行います。

そして花粉症の場合には、アレルゲンとなる花粉の侵入を防ぐ事ができます。

その結果、喉の痛みを緩和する事ができるのです。

喉の痛みがある場合には、うがいや桔梗湯、マスクを上手に使用して痛みの緩和を行ってみましょう。

 

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。