ビールの注ぎ方はマナーが重要!正しい注ぎ方でおいしさアップ!

知っておきたい大人のマナー





ビール,注ぎ方,マナー,正しい,おいしい

 

ビール好きの皆さん!飲み会好きの皆さん!お酒が好きな皆さん!とりあえずビール!な皆さん!

今回はビールの正しい注ぎ方についてお話しますよー。

家での一人晩酌はともかく、ビジネスシーンでの飲み会・会席、結婚式、親戚の方々が集まる会食ではやはりビールの正しい注ぎ方やマナーについて心得ておいたほうが良いですね。

特に、宴会などでは「とりあえずビール!」な方も多いですしテーブルには瓶ビールがあらかじめ用意されているのでお酌するのが一般的です。

この時に、マナーを心得て正しい注ぎ方をすると株も上がりますね(笑)。

それでは、今回はビールを注ぐ時のマナーについて紹介します。

 

【スポンサーリンク】

ビールを注ぐときの正しい持ち方

ビールを注ぐときの正しい持ち方宴席や会席等では大体、瓶ビールが用意されていますので瓶ビールの注ぎ方をご説明いたします。

 

  • 瓶ビールの注ぎ方について

① 瓶の中間あたりを右手で持ち左手を添えて、ラベルが上になるように持ちます。

この時に、左手は手の甲が上(外側)になるように注意します。

手のひらを上にしてしまうとマナー違反になるので気を付けてください。

 

② いざビールを注ぎます!

この時に、ビール瓶の口がグラスに触れたりカチンと音を立てないよう気をつけましょう。

 

  • 上手に注ぐポイント

ジュースのように注いでしまうと泡が溢れてこぼれてしまいます。

そうならないようにグラスに向かって高い位置からキモチ勢い良く注ぎ、泡がグラスの底に3割くらい溜まったのを確認したら、ゆっくりと注ぎます。

こうすると泡が溢れずこぼれずに注げますよ。

【スポンサーリンク】

 

ビールの注ぎ方マナー

ビール瓶に残っているビールの量が、グラス一杯にならないような場合は新しい瓶を開けましょう。

何故なら残り少ないビールを注ぐと味が衰えている場合があるのと、中途半端な量をグラスに注ぐと見栄えがあまり良くないためです。

また、ビールを追加で注ぐ場合は必ず一声かけましょう。

お酒に弱い人もいるため、勝手に継ぎ足すのはNGです。

 

注いでいただく時のマナー

続いては注いでいただく時のマナーです。

実は、注いでいただく時のマナーというマナーは無いのですが、注いでいただく時にちょっとした動作で気遣い・心遣いになることがあります。

注いでいただく時は、両手をグラスに添えて少し傾けると良いですよ。

少し傾けるだけで、泡が溢れずこぼれにくく上手に注ぐことができます。

マナーというマナーではありませんが、注いでくださる方へのちょっとした気遣いになりますね。

 

ビールの正しい注ぎ方のポイントは5つ

  • ビールのラベルを上にして、左手は手の甲が上になるように!
  • ビールの口がグラスに触れないようにする
  • カチンと音を立てないよう注意
  • 瓶ビールの中身が少ない場合は新しい瓶を開ける
  • 注いでいただく時は、グラスを少し傾ける

 

これらの動作に気を付けて、注ぎましょう。

動作だけなら、炭酸のペットボトルや缶ジュースでも練習できるので大切な席を控えている方は実践してみてはいかがでしょうか。

 

また、日本酒についてのマナーについても書いてあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

日本酒の飲み方のマナーとは?〜初心者が大人の席で恥をかかないために〜

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています。